不労所得 ずるい

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

不労所得はクズでずるい?獲得者が語る獲得メリットや対処法のコツを知りたい!」

相談女性1

不労所得の種類や労力に見合った人気サービスは?元本保証がない失敗リスクがある理由や、仕組みごとの評判やメリット・デメリットなどの注意点を知りたい!

相談男性2

マンションorアパートなどの不動産売却&土地・一戸建て・駐車管理や住宅ローンによる賃貸物件による入居家賃収益などの資産利回り運用はリスクが大変?

相談女性2

投資信託銀行口座開設や証券会社銘柄など株式購入取引&自由な売買実績や配当手数料などを学ぶ方法は?株主収入などで生活資金の安定所得を稼ぐ知識を学ぶ「お金を作る金融商品セミナー」に参加した方が良い?

相談男性3

長期分散投資や仕事の合間に事業スタートして、初期投資や融資などの危険を伴う損失をなるべく少なくしながら、確実にオーナーとして利益を上げる挑戦手法やチャレンジのコツなどの情報を知りたい♪

相談女性3

サラリーマン労働人生からの解放されるためのおすすめ方法として、初心者が少額の初期費用で運営できる、アフィリエイトブログ用広告サイトの開設方法や作り方を教えて下さい。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「高校の自殺未遂」「12年間の不労所得獲得チャレンジ」「2回の起業失敗」「転職10回」「妹の自殺」など、何度もチャレンジしてきた人間なので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

そのため、そんな僕が「不労所得はクズでずるいと言われる原因解説及び、獲得メリットや対処法のコツを具体的に紹介していきます♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

目次

不労所得がクズでずるいと言われる原因

目次

 

諒

ではまずはじめに、不労所得はクズでずるい?成功者実例についてご紹介していきます。

 

楽して儲けてると勘違い

目次 1

 

一番多いのは、楽して儲けてると勘違いしているパターンです。

 

もちろん、不労所得は「所有していることで自動的に収入が入ってくる仕組み」なので、上手く起動に乗れば楽に儲かる側面はあります。

 

しかし「親の遺産相続で膨大な株や、家賃収入を得られている」など、生まれ持った幸運で生きている人以外は、血の滲むような努力をして不労所得を確立しています。

 

そのため、ハッキリ言って「会社に行けばお金が貰える状況」に甘んじている人では想像できないような修羅場を超えてきている為、ある意味ずるい報酬を得るのも当然なのです♪

 

悪事で儲けていると勘違い

目次 2

 

悪事で儲けていると勘違いしている人が、クズでずるいと言っているケースもあります。

 

こういう人は、基本的に「人から与えれもらった愛や投資をあざとい・裏があると勘ぐる人」なので、非常に生きづらい人生を生きているケースが多いです。

なぜなら「大家さんに家賃を支払う」「株主から会社にお金を投資してもらって給料を貰えている」という、自分が悪事と断罪している人に支えられているリアルが見えていないからです。

 

 

その為、不労所得を悪事でずるいという人をよく観察してみれば「人の善意を悪意として受け取るクセがある」ことに気づくでしょう!

 

だからこそ、あなたは「善意を悪意に変換して世の中を見る人の意見」は、キッパリ拒絶した方が良いですよ♪

 

劣等感を隠していたい

目次 3

 

劣等感を隠していたいから、不労所得をクズでずるいというケースもあります。

 

なぜなら、不労所得を獲得している人は「お金」「人間関係」「時間」などに余裕があり、確実にずるいという人より「多くの価値(資産)」を保有できているからです。

 

例えば、社長の息子として会社を将来引き継ぐ御曹司のため、20代前半で1000万円超の高級外車を乗り回している不労所得獲得者がいたりします。

 

そういう人を見ると「俺は頑張って働いているのに、あいつはあんな良い物を簡単に手に入れてやがる…。」という劣等感から来るムカつきが発生するわけです。

 

実を言えば、これは過去の僕の体験談なのですが、このように「自分より何からの格上の要素」を見せつけられるから、クズと吐き捨ててメンタルバランスを取っているわけですね。

 

勤労所得の自分を弁護

目次 4

 

勤労所得の自分を弁護しているケースもあります。

 

例えば「8時間労働で日給1万円の人は、8時間という対価を払っている」わけですが「不労所得で日給1万円の人は、時間などの対価を差し出していない」わけです。

その為、表面上を見れば「不労所得は何も働いていない最低な人間しか扱えない物だ!」と思いがちなのです。

 

 

しかし、逆の立場で考えればわかりますが、不労所得を獲得・維持するのは勤労所得以上に大変なリスクを伴っている稼ぎ方だと分かります。

 

不労所得の大変なリスク

アフィリエイト・ブログを軌道に乗せるまで、帰社後平均2〜4時間&土日全て副業に費やし、12年間・毎日12時間ほぼタダ働きだった(僕の例)

株・不動産の不労所得収入生活者は、年利5%で年収500万なら、1億の資産を責任持って維持管理中

 

これはあくまで一例ですが、このような努力や責任を引き受ける覚悟の上に、不労所得は成り立っているのです。

 

男師匠

不労所得がクズでずるいというなら、今から1億円の責任者になれますか?

諒

今から12年間、会社員業務とは別で、無給で合計12年間・毎日12時間休みなしで仕組み作りに取り組む覚悟はありますか?

 

このように「影の努力」をしっかり見据えて理解することができれば、クズでずるいとは言えないはずですよ♪

 

まとめ
  • 楽して儲けてると勘違い
  • 悪事で儲けていると勘違い
  • 劣等感を隠していたい
  • 勤労所得の自分を弁護

不労所得はクズでずるい?成功者実例

目次

 

諒

では次に、不労所得はクズでずるい?成功者実例についてご紹介していきます。

 

※僕は、不労所得の一例である「ネットワークビジネス」を7年間継続しましたが、その中で出会った素晴らしい成功者の体験談をご紹介します

年収億越えで人情味に溢れた大人物

目次 1

 

ネットワークビジネス成功者で大変お世話になった、年収億越えで人情味に溢れた大人物の記憶が僕にはあります。

 

具体的には、25歳の時に受けたチーム研修にて、講師として関わってもらい「100%僕のために叱ってくれた」のです。

 

100%僕のために叱ってくれた体験

お金と時間をかけて学びにきてるのに、最大限吸収しようとしないとは何事だ!頑張って参加してる自分が可哀想だと思わないのか…?自分で自分に謝りなさい!

 

このように「他人(俺or私)に謝れ!」と怒りをブツけられるだけの経験は沢山してきましたが「自分に謝れ!」という「相手の為の叱り方」を、生まれて初めて経験したのです。

 

その方は、飲食店経営も成功させるなど、既に年収億超えの人でしたが、このような「相手のために本気で叱れる立派な人がいるんだ」と感動すら覚えました(笑)

 

タワマン在住の成功者夫婦

目次 2

 

参加したコーヒーセミナーで仲良くなった、タワマン在住の成功者夫婦の記憶もあります。

 

その方々とは「とても人当たりの良い雰囲気」で意気投合し、名刺を戴いていたので、その後お礼の粗品などをお送りしたのです。

 

その結果、僕の関わりに感動して戴いた為「自宅のタワマンで食事会をする」と誘われたので、お呼ばれしました。

 

そして、お話を聞いた結果「ネットワークビジネスで成功した後、地元で飲食店経営に携わった後、再び東京に戻ってきた所だった」とお話し戴きました。

 

結果的に、僕も当時ネットワークビジネス参加者だったので、勧誘はありませんでしたが、非常に人間的魅力に溢れたご夫婦だったという印象が強いです。

 

1年半で会社員から独立した僕の師匠

目次 3

 

1年半で会社員から独立した僕の師匠が、最もお世話になりました。

 

正直言って、僕の成果は「7年間成果0で売り上げも微々たるもの」だったので、師匠に貢献できていたかと言えば微妙です。

 

しかし、親身になって「お前が辞めない限り、俺はお前と共にいるから」と温かく、時に厳しく教育・指導して下さったので、感謝しかありません。

 

そんな僕の師匠は「結婚して子供ができた結果、妻の育休で年収半減を危惧してネットワークビジネスを始めた結果、1年半で独立したエリート」です。

 

元々「大手企業のエンジニア」として活躍しており、会社を辞める気は無かったそうですが、副業禁止なのにバレてしまい、独立に至ったそうです。

 

会社に迫られた選択

我が社は副業禁止だから、マルチを辞めて会社に残るか?会社を辞めてマルチをやるか?どちらか選べ!

 

このように上司から迫られたので、会社に残っても後味が悪いと思い、会社を辞める選択をしたそうです。

 

結果的には、会社退職前月に月収50万円近くに跳ね上がり、そのまま事業家への独立軌道に乗ったそうです。

 

※この方も「頼れる兄貴分」で、とても素晴らしい方でしたし、僕の自尊心(セルフイメージ)は、その方から学ばせて戴きました(笑)

 

まとめ
  • 年収億越えで人情味に溢れた大人物
  • タワマン在住の成功者夫婦
  • 1年半で会社員から独立した僕の師匠

不労所得はクズでずるい?参入メリット

目次

 

諒

では次に、不労所得はクズでずるい?参入メリットについてご紹介していきます。

 

お金の為の強迫観念が減る

目次 1

 

お金の為の強迫観念が減るのが、不労所得を得る一番のメリットです。

 

なぜなら「生きる為」「生活の為」に働かなければならない強迫観念が、不労所得が増えるほど減るからです。

 

不労所得別感覚

■不労所得を1円でも獲得自分の存在でお金が稼げるという肯定感を得る

■月1万円以内の不労所得残業などの「我慢して稼ぐ」というストレスを減らせる

※会社員などの収入がある+年収20万円以内は確定申告の必要がない

■月5万円以内の不労所得副業として「安定収入がある」ので、残業拒否などの選択肢を得る

■月5万円以上の不労所得安定収入の手応えを感じるので、働き方自体を見直す選択肢を得る

 

これは「ブログ・アフィリエイトで有名なマナブさん」も言われていましたし、僕の師匠もずっと同じ事を仰っていました。

 

実際、僕も同じ感覚を経たので「不労所得を得る→お金の強迫観念が減る→自尊心が高まる→人生の選択肢や自由度が上がる」と確信しています♪

 

挑戦が不労所得を増やす

目次 2

 

ちなみに、挑戦が不労所得を増やすという考え方を補足しておきます。

 

そもそも、物事は「内面が先で現実が後」という真理があります。

 

つまり「内面が変わると外面が変わる」ので「収入が上がる→強迫観念が減る」ではなく「強迫観念が減る挑戦→達成=収入が増える」という順番です。

 

物事のインサイドアウト例

一般的な考え方(アウトサイドイン)現実(外側=アウト)が変わったら、自分の考え方や感情(内側=イン)も変わる

世の中の真実(インサイドアウト)自分の考え方や感情(内側=イン)が変わったら、現実(外側=アウト)も変わる

 

このような真理があるので「不労所得が増えたら●●をする」という考え方をしている場合、真実は逆で「●●をしたら不労所得が増える」が正解なのです。

 

 

そのため、僕も不労所得を成長させる時には、以下のようなプロセスを経て達成してきました。

 

物事のインサイドアウト例

■不労所得を1円でも獲得親や上司の言われた通りに生きるのが危険と強く感じた時(時間ができたら、余裕ができたらという言い訳を浄化)

■月1万円以内の不労所得残業代のためにダラダラ働くのが心の底からイヤになった時(自分を責めればお金をもらえるという言い訳を浄化)

■月5万円以内の不労所得自分の経験に誇りを持ち「俺の責任者は俺だ!誰からも文句は言わせない!」と心の底から思った時(自分は直接お金を稼げないという劣等感を浄化)

■月5万円以上の不労所得「自分の人生は自分で責任を持つ!」と心の底から決めた時(自分の存在自体で、安心して生きていけるという不十分感を浄化)

 

このように「現状の延長線からさらに成長する!」と覚悟を決めて行動した結果、不労所得金額が上がっていったイメージです♪

 

そのため、過去の僕のように「●●したら不労所得に挑戦する」と思っている「●●」に取り組むのが先なんですよ♪!

 

自分の本音を発言しやすくなる

目次 3

 

自分の本音を発言しやすくなるメリットもあります。

 

なぜなら「不労所得は自分の経済状況を自分で管理できる」ので、必然的に「イヤな事や苦手な事を拒否しやすくなる」からです。

 

厳密には「イヤなことや苦手な事を拒否できるようになるから、不労所得が増える」という順番ですが、いずれにしても「人生の安心・安全増」は間違いありません。

 

そのため、かつての僕のように「どこに行っても、どこで勤めていても不安しかない…」という状況であれば、不労所得を前向きに勉強したほうが良いですよ♪

 

※また「不労所得獲得の障害となるメンタルブロックの外し方」に関しては、当サイトで無料提供しているPDFレポートにて、詳しいノウハウをお教えしています。

お金・時間的余裕が増える

目次 4

 

自動的に収入が入ってくる経済的基盤を確立できている為、必然的にお金・時間的余裕が増えるメリットが大きいです。

 

つまり「時間単位で働かなければ生きていけない・お金が入ってこない」という状況にいない為、さらに不労所得を増やすのもOK、勤労所得で収入UPを増やすのもOKなのです。

金額的には月3万〜5万円入ってくる状態でも、かなり生活的余裕は変わってきますし、残業を断るなどの時間的余裕も生みやすくなりますよ♪

 

何事も安心して取り組める

目次 5

 

何事も安心して取り組めるというメリットも非常に大きいです。

 

これは、現在「月7万円程度のベーシックインカム論」でも同じことが言われていますが「生きていくには不十分だが、失敗しても安心の経済収入は挑戦心を向上できる」という側面があります。

月7万円でも安定した不労所得があれば、転職や副業などに取り組んだり、より快適な生活環境に引っ越したりするハードルが下がるというわけですね♪

 

 

その為、不労所得を得るということは、それだけ「人生の安心・快適度が増す」とも言えるのです。

 

 

 

まとめ
  • お金の為の強迫観念が減る
    • 挑戦が不労所得を増やす
  • 自分の本音を発言しやすくなる
  • お金・時間的余裕が増える
  • 何事も安心して取り組める

不労所得はクズでずるい?参入正当化例

目次

 

諒

では次に、不労所得はクズでずるい?参入正当化例についてご紹介していきます。

 

不労所得否定者ほど将来が危険

目次 1

 

大前提として、不労所得否定者ほど将来が危険という側面を理解しておきましょう。

 

なぜなら、不労所得を否定する人は「何かあって働けなくなった時の保険・セーフティネットすら拒絶している人」だからです。

 

つまり、不労所得を否定する人は「自分は常に働き続けて、働けなくなった時に死んでしまうルート」を歩んでいる人なので、そのような危険な人の思想は拒絶すべきなのです!

 

そのため「不労所得なんて危ない!」と言う人ほど「年金はいらない!保険も貰えるか分からない!働けなくなったら死ぬ!」と言っているわけですね…。

 

不労所得拒否者は否定or盲信者

目次 2

 

ちなみに、不労所得拒否者は否定or盲信者のどちらかです。

 

先程「不労所得否定者は、働けなくなったら死ぬ」という自暴自棄を説明しましたが、これは不安定な人生をなんとか生きてるタイプです。

 

そして、もう一つの盲信者は「年金という不労所得を盲信している」タイプです。

 

そもそも、このタイプは「年金とは、40年ほど投資し続けて、一定割合の金額が還元されて受け取れる不労所得(投資配当金)」という考え方を理解していないだけです。

 

そのため、あなたは「不労所得=若いうちに頑張って早めに潤沢に受け取れる年金」というイメージで認識すればOKですよ♪

 

年金は典型的不労所得

目次 3

 

ちなみに、年金は典型的不労所得なので、その点も理解しておきましょう。

 

年金の仕組み(仮の計算例)

20歳〜60歳の40年間を「毎月4万円年金給料天引き」=40年×(4万×12)=1,920万円(約2,000万円)

約2倍になって帰ってくる(早く死ねば金額が減り、長寿なら金額が増える)

60歳〜80歳の20年間を「毎年200万円年金支給」=20年×200万=4,000万円

※厚生年金の保険料率は給与の「18.300%」を事業主&被保険者で折半(会社員は給与の9.15%天引き)

年金 計算

出典:くらしすと

 

仮に40年間、月収20万円だった場合ですが「2015年時点で70歳の方は5.2倍」「2015年時点で20歳の方は約2倍」なので、若い世代はこのようになります。

 

そもそも「50年で還元率が半分なので、同様の未来なら2065年の高齢者は、還元率1倍」といった所でしょうか…(つまり、貯金と変わりませんね…)

 

ちなみに「年金は100年以上前のドイツ(ビスマルク帝国)が、平均寿命45歳の時に開始した仕組み」なので、全国民の数%しか受給しない前提で始まった制度です。

 

そのため、現在は「株式市場に年金を入れて、配当金増を実施中」「徐々に支払う金額を減額」などで必死に維持していますが、どこまで続くか分からない危険な制度です。

 

※ちなみに、僕の師匠は「年金は早期参入者の配当金が多くて、いずれ潰れる危険があるから、政府公認の違法ねずみ講だ」と仰っていました…。

 

男師匠

早く積み立てた世代の方が還元率が良くて、崩壊危機を背負ってる年金は、合法的なねずみ講やろ?

諒

確かに…。

 

とは言え「年金支払いはムダ」ではなく「障害年金」などの受給資格もあるので、年金受給資格は維持すべきです!

 

しかし「今後、年金はどんどん先細るねずみ講的仕組み」なのも事実なので、自ら不労所得構築の努力をしたほうが良いのです。

 

我慢やイヤなことを強制してくる

目次 4

 

不労所得が嫌いという人は、我慢やイヤなことを強制してくる傾向があります。

 

なぜなら「生きるのは苦しいもの」「お金は頑張って苦労して汗水流して、やっと少しの娯楽に使える程度の額しか受け取ってはいけない」などの信念を持っているからです。

 

実際、僕の師匠は「イヤなことはやるな♪」「ガマンや心が踊らないことは離れて良い♪」という、不労所得獲得者らしい発言をしていました。

 

男師匠

心がワクワクすることをやれよ♪イヤなことはやるなよ♪

諒

はい♪

 

このように「生きてるだけでお金を受け取ってOK」という考え方を「本当の不労所得獲得者」は実践しているので「不労所得否定者こそ離れたほうが良い」のです。

 

人生の要素のどれかが不幸

目次 5

 

不労所得が嫌いという人は、人生の要素のどれかが不幸という側面もあります。

 

師匠から学んだ考え方ですが「人生には以下の5つの要素があり、それを増やすor減る人生のどちらかしかない」と言われました。

 

人生の5大要素

お金お金・資産(不労所得)・貯金がどんどん増えるorどんどん金銭的余裕が減る

時間自分で使える時間(暇)がどんどん増えるor忙しいからどんどん自分時間が減る

健康健康維持or筋力成長などで健康が良くなるor健康が酷くどんどん不健康や病気になる

場所行動範囲がどんどん広く自由になるor居場所がどんどん固定されて不自由になる

人間関係快適で心地良い人間関係がどんどん増えるor苦痛で不快な人間関係のガマンが増える

 

このような「人生の構成要素」があるわけですが、不労所得を嫌悪する人は、この内のどれかを犠牲にした生活者の可能性が高いです。

 

例えば、年収が高くても「忙しくてずっと休めない日々」「仕事ばかりで家庭不和」「高ストレスでタバコ三昧のため喘息持ち」などですね…。

 

そのため「年収が高い人が不労所得を否定しているから、自分は間違っているかもしれない…」という考え方は間違いなので、今スグやめましょうね♪

 

高年収者と不労所得者は違う

目次 6

 

高年収者と不労所得者は違うという考え方も、理解しておきましょう。

 

具体的には「高年収者=稼ぐ力が強い人」であり「不労所得者=収支を安定させる力が強い」と言えます。

 

例えば「年収1,000万円〜2,000万円でも借金漬け(見栄支払いが多い)の高年収者」もいれば「不労所得年400万円で慎ましい不労所得者」もいるわけです。

 

これは「金持ち父さん・貧乏父さん」で言われている「富=月収-月の支出=∞(無限大)」が不労所得者の到達すべき領域という考え方に基づいています。

 

つまり「高年収者は月収100万円&支出100万円」でカツカツですが、不労所得者は「働かなくても月収20万円&支出15万円」という、右肩上がりを確立している人です。

 

もちろん、不労所得は右肩上がりなので、結果的に高年収のケースが多いですが、あくまでも「安心・安全な経済基盤の確立」こそ、不労所得だと覚えておきましょう♪

 

まとめ
  • 不労所得否定者ほど将来が危険
    • 不労所得拒否者は否定or盲信者
    • 年金は典型的不労所得
  • 我慢やイヤなことを強制してくる
  • 人生の要素のどれかが不幸
    • 高年収者と不労所得者は違う

不労所得はクズでずるい?批判者対策例

目次

 

諒

では次に、不労所得はクズでずるい?批判者対策例についてご紹介していきます。

 

不労所得は努力の産物

目次 1

 

まず大前提として、不労所得は努力の産物だと理解しておく必要があります。

 

なぜなら「会社に行って出勤すれば給料をもらえる」状況よりも「自ら行動を起こして資産を構築する」方が高難度だからです。

 

もちろん、不労所得獲得者には「元エリートサラリーマン」「学生起業家」「元ニートやフリーター」「非正規雇用」「親から引き継いだ継承者」など、様々な方がいます。

 

しかし、共通点は「既存の生き方を極限まで突き詰めた」「現状に行き詰まり、状況革命に命を賭けた」など、死ぬ気で努力した人ということです。

 

男師匠

金持ちになりたければ、休みの日にこそ仕事に向き合う事。金持ちは余暇の使い方次第だぜ♪

諒

はい♪

 

実際、不労所得は一種の副業・起業なので「自分で維持管理・育成成長・方向調整」というサイクルを回せなければ、経済的基盤として確立できません。

 

そのため「不労所得獲得者」というのは、安心・安定基盤を作れる実力者という点で、人間的魅力に溢れているケースも多いです(親ガチャなどの貰い物では無い限り)

 

ただし「炎上商法で一時的に名を売って沈む人」「偶然一発当てただけで、その後終わる人」もいるので、そのような人はショボかったりします。

 

実際「ネットワークビジネス新規参入者の内、勢いだけで不労所得を熱弁する人」の96%が3年以内に辞めました。

 

しかし「不労所得を構築するリーダー」として育ち、社会に素晴らしい価値還元をしている人がいるのも事実なので、そのような不労所得獲得挑戦はおすすめですよ♪

 

働き続けるVSラットレース脱出

目次 2

 

「時間切り売りで生きていくか?」「不労所得を努力して構築するか?」は働き続けるVSラットレース脱出という言い換えもできます。

 

ちなみに、師匠によく言われたのは「不労所得構築とは、既存の生き方を迂回するのではなく、速度を上げることだ」という至言です。

 

つまり、不労所得獲得者とは「一般的な人が40年かけて経験することを、もっと圧縮して経験値を加速度的に得ていくこと」というわけです。

 

そして、この至言と同じく教わったのが「500時間・5,000時間・50,000時間の法則」です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があり、不労所得獲得者とは「自分の稼ぐ分野能力獲得に50,000時間投資した人」と言えるのです。

 

 

実際僕は「24歳で職歴ほぼ0のニート」から起業挑戦して、35歳半ばで軌道に乗ったのですが、そこまでは以下のような土台を築き上げましたから♪

 

僕の500時間・5,000時間・50,000時間の法則

1日・平均12時間(朝9時〜夜23時まで)×365日=4,380時間×12年=52,560時間

実家帰省や体調不良以外、原則土日祝もスタバにこもって読書勉強やブログ執筆

 

このような努力を経てから不労所得が軌道に乗り出したので、能力的には「50歳手前のベテラン会社員級の影響力」は確保していると自負しています。

 

しかも「失業10回」などの不安定期もチャレンジしてきたので、本音で意見を言う能力も伸ばしてきました♪(父親にも堂々とクソ親父と言えますからね)

 

もちろん、僕の師匠のように「学生時代から生徒会副会長や教員免許取得、上場企業就職」など、既に努力を積んでいた為「27歳で不労所得50万達成」という早い人もいます。

 

しかし、いずれにしても「ヒョロくてショボい人が、一発当てたままずっと維持できる」ほど不労所得は甘いものではありません。

 

とはいえ「影響力を育んだ」結果「一回り〜二周り年上からも、一目置かれるような人間性と能力を磨ける努力機会」とも言えるのです。

 

不労所得嫌いの人とは離れる

目次 3

 

このように、不労所得獲得は簡単ではないですが、頑張る価値のあるものなので、不労所得嫌いの人とは離れるのがベターです。

 

そもそも「今まで不労所得獲得を考えていなかった所から、不労所得構築を頑張り始める」と、周りの人と意見が合わなくなります。

 

具体的には「独身貴族の中で、急に結婚した人」「勉強嫌いグループの中で、1人だけ受験勉強を頑張り始めた人」みたいなものですね…。

 

もちろん「他の価値観で繋がっていれば、良き友人・同僚関係を続けられる」のですが、そうでない場合は、潔く関係を離して行ったほうが無難です。

 

不労所得の話はしない

目次 4

 

会社の同僚などで、簡単に関係を切れないのであれば、不労所得の話はしないのがベターです。

 

世の中には「聞きたくない会話のテーマ」を持っている人が沢山いるので、不労所得の話が嫌いな人に、その話題を振るのをやめれば良いのです。

 

そもそも不労所得以外も「宗教」「戦争」「学生時代」「恋愛」「お金」「親子」など、特定の話題が地雷になるケースは、良くあることです。

 

そのため「不労所得のことを理解させたい!」と躍起になるより「この人は不労所得の話題が嫌いなんだな♪だから他の人と話そう」程度に割り切った方が賢明ですよ♪

 

成果を出してから話す

目次 5

 

不労所得のことを理解して欲しい人がいるのであれば、成果を出してから話すのがベターです。

 

実際、聞いた話では「ネットワークビジネス構築で誘った友人に一度断られた後、独立してBMWを新車で買った結果、友人から参加申し出を受けた」というケースがあったそうです。

 

このように「自分が実力をつけたり成果を出すことで、不労所得嫌い者を好きに変えられる可能性はある」と理解しておけばOKです。

 

※ネットワークビジネスは「タイトル維持」「人脈維持」など大変な面もあるので、僕は辞めましたが、能力向上や成功者から学べるメリットもあるので、参入自体は否定しません

 

不労所得の必須課題図書

目次 8

 

ちなみに補足ですが、不労所得の必須課題図書と言えるのが「金持ち父さん・貧乏父さん」「キャッシュフロークワドラント」「若くして豊かに引退する方法」です。

 

■金持ち父さん貧乏父さん

■金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント

■金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

これらには「ローンを用いた持家は負債である」「自分ビジネスを持て」「MBA取得より戦場に行ってリーダーシップを鍛えるべき」など、一般的に「タブーとされるような話」が満載です。

 

しかし、この本を読んだかどうか?で今後の人生設計が大きく変わってくることは間違いありませんし、経済的安心を得る上で、大きな指針になると思いますよ♪

 

※なお、無料要約動画になりますが、以下のようにYouTubeでも参考情報が上がっているので、購入を躊躇する場合には参考にしてください♪

 

■「金持ち父さん①お金持ちになる手順」(19分51秒)

自分ビジネスの利点

目次 9

 

例えば金持ち父さんの本を読んで驚いたことですが、自分ビジネスの利点はかなり大きいです。

 

もちろん、ある程度収益は必要ですが「自分ビジネスに必要な出費=経費」として扱えるようになることで、節税能力を獲得できるのです。

 

※「確定申告」が必要なので、ある程度の収入源になったら「副業OK」「確定申告を自分でさせてくれる会社」でなければ、必要に応じて転職が必要ですが…。

 

 

これは「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

 

会社員と自分社長の場合(年収500万円)

会社員=年収500万円-税金20%(100万円)手取り400万円(欲しいものを買う)

確定申告者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)手取り420万円(欲しいものを買う)

 

このように「経費」という選択肢が会社員以外のフリーランスなどでは使えるようになるので、同じ年収でも手取りが増えるのです。

 

例えば知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

 

とはいえ、経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、追加徴税で後から四苦八苦する危険もあるのです。

 

しかしいずれにしても、確定申告を含めた税金・節税対策を学んでおくことで、税金面も含めて今後有利な人生を構築できる選択肢を広げられますよ♪

 

まとめ
  • 不労所得は努力の産物
    • 働き続けるVSラットレース脱出
  • 不労所得嫌いの人とは離れる
    • 不労所得の話はしない
    • 成果を出してから話す
    • 不労所得の必須課題図書
    • 自分ビジネスの利点

不労所得はクズでずるい?仕組み参入例

目次

 

諒

では次に、不労所得はクズでずるい?仕組み参入例についてご紹介していきます。

 

おすすめランキングの順位基準

目次 1

 

まず大前提として、おすすめランキングの順位基準を補足しておきます。

 

不労所得獲得で一番大切なのが「スモールスタートが可能なこと」「リスクが低い状態で失敗できること」です。

 

例えばランキング下位ほど「スタート時から多額のお金が必要」「リターンを増やすには、分母(投資金)を増やす必要がある」ものです。

 

一方で、ランキング上位ほど「少額から始めて経験を積める」「会社にバレず、副業経験を積める」ものです。

 

もちろん、「個人の適性や才能」によって選ぶのが一番ですが「不労所得はスモールスタートで」という考え方は、必須ですよ♪

 

スモールスタートが必須の理由

目次 2

 

そして、スモールスタートが必須の理由も補足しておきます。

 

そもそも、いきなり何百〜何千万も金銭的リスクを負うのは「自転車に乗れない人が、いきなり大型バイクに乗る」ようなものです。

 

実際「2輪のバランス感覚」も掴んでいないのに、いきなり180km近く出る乗り物に乗ったら、擦り傷どころでは済まないですよね?

 

不労所得はこれと同じで「ビジネススタートと大金消失リスクが一緒の状態」で始めてしまうと、失敗した時に取り返しのつかないことなるからです!

 

大金の例で言えば、店舗開業する人は「美容師」「料理人」「職人」など、どこかで一定期間修行して独立するのが一般的ですしね♪

 

そのため「なるべく少額で始めて失敗経験を積みながら、成功体験を得ていく」のが一番ですよ♪

 

1位/YouTube・ブログなど媒体系

目次 3

 

僕が構築している不労所得領域ですが、YouTube・ブログなど媒体系などが一番おすすめです。

 

YouTube・ブログなど媒体系メリット

無料or低額でスタートできる

多額の支出・借金の必要がない

時間や場所を選ばず自由に作業できる

 

ただし「低リスク」なので、モチベーションが続かずに辞めていく人が多いのも事実です。

 

とはいえ「自分の好きor得意なことを情報共有する」「自分の本音を社会に発信する」練習にもなるので、非常におすすめの分野と言えます♪

 

さらに、YouTubeも「自分の思いを人に伝えるプレゼン能力向上」などが見込めるので、顔出しせずに取り組み始めるなど、選択肢としておすすめですよ♪

 

2位/情報商材・NOTE等情報資産系

目次 4

 

同じく僕もやっている不労所得ジャンルですが、情報商材・NOTE等情報資産系もあります。

 

情報商材・NOTE等情報資産系メリット

自分で商材を作成し、値段も自分で決められる

ブログやYouTubeと組み合わせて複合的に売れる

 

これは「単独で有料販売している人」もいますが、僕のように「ブログ×NOTE」や、僕のメンターのように「YouTube×情報商材」というやり方もあります。

 

このように、ブログやYouTubeは「閲覧数に応じて収入を稼ぐ」方法もありますが「商品購入ごとに収入を稼ぐスタイル」もあるわけです。

 

しかも、ブログなどで利用できるアフィリエイトは「自分の記事と親和性が高い商品」を売ることになりますが、NOTEなどの情報商材は自分で作れるわけです♪

 

そのため「アフィリエイトで売りたい商品がない」ような場合に、自分で作ってしまえるわけですね♪

 

ただし「自分のノウハウより、有名企業の商品の方が売れるパターン」もあるので、どちらが良いか?は臨機応変に選ぶしかありません。

 

3位/FX・暗号資産など短期投資系

目次 5

 

不労所得とは少々異なりますが、FX・暗号資産など短期投資系もあります。

 

FX・暗号資産など短期投資系メリット

勝てるようになれば、年収億単位まで到達できる

仕組み化・自動化も可能

対人関係の煩わしさがない

 

あくまで「聞いたレベル」でしか語れませんが、FX勝者などには「特定のルールで売買を自動化している人」もいるようです。

 

他にも暗号資産は、株式投資のように「価値が徐々に上昇or急上昇の予想ができた通貨」を買っておいて、差額で利益を得るのが一般的です。

 

とはいえ、僕のように「データやグラフが嫌いな人」には向かないですが、勝てるルールを吸収して実践できるようになれば、かなり稼げるジャンルのようですよ♪

 

※もちろん「1日で数十万〜数千万の損益が上下する」など、メンタルが強くないと厳しい世界ともお伝えしておきます。

 

4位/マルチ商法など人脈構築系

目次 6

 

僕も7年間やっていましたが、マルチ商法など人脈構築系もあります。

 

マルチ商法など人脈構築系メリット

実力のあるリーダーの影響を受けられる

コミュニケーション能力を向上できる

 

ただし「一定額の購入がタイトル維持に必要」「所属するチームやリーダーによって優劣がある」など、金銭的・人間関係的なデメリットもあります。

 

さらに「成功後もメンバーとの定期的なコミュニケーションが必要」「ねずみ講という違法ビジネスと似ていて、社会的評価が最悪」などもあります。

 

そのため「能力向上・ビジネス能力発展」という意味で見れば良いですが「成功を維持するには人心掌握など努力が必要」な不労所得とも言えますよ♪

 

※なお「インターネットを介したネットワークビジネス」もあるようですが、僕は利用未経験なので割愛

 

5位/企業継承や特許など権利譲渡系

目次 7

 

企業継承や特許など権利譲渡系も不労所得の一つです。

 

企業継承や特許など権利譲渡系メリット

起業継承や譲渡は、数億〜数千億円まで、多額の金銭的還元を得られる方法

特許アイデアは、うまく売れれば、個人でも多額のお金を得られる

 

まず大前提として、会社とは突き詰めれば「書類上の会社登記」という一枚の書類です。

 

そして「会社を上場or成長させた後に権利譲渡」したり、株式譲渡して経営権を譲ることで、多額の金銭的還元を受けられます。

 

「ZOZOの前澤社長」が、自己所有株式を含めた経営権をYahoo!に譲渡して、2,400億円が通帳に振り込まれたなどの例ですね♪

 

ちなみに、前澤社長は一発大金を得ましたが「創業者が前線を退いて、株式配当だけで生きていく」という早期退職パターンもあります。

 

※また、実はブログにも「サイトM&A」という権利譲渡サービスがあり、キッチリ育てられた物であれば「数万円〜数百万円」で売られていたりします

 

 

そして、これと似た不労所得が特許です。

 

特許とは「自分が生み出したアイデア・技術・商標」を特許庁に申告することで「他の人が同様の物を利用する場合には、売却譲渡orライセンス料を支払う仕組み」です。

 

例えば「ソフトバンク創業者・孫正義氏」は、19歳の時に年間250件の特許出願を行い、その中から「電子辞書」のアイデアをカシオに売った結果、1億7000万円を稼いだ伝説があります。

 

このように「自分のアイデアを生み出し、それを護る状況を作る」ことで、不労所得を得るチャンスはあるのです。

 

6位/出版や音楽など知的財産系

目次 8

 

出版や音楽など知的財産系もあります。

 

出版や音楽など知的財産系メリット

才能や好きなことを収益化できる

有名人になれるチャンスがある

 

例えば「五体不満足」でベストセラー作家となった乙武洋匡さんは「600万部=約6億円の印税収入」が入り、20代で「お金のために働く人生」を卒業しました。

 

もちろん「お金のためだけに出版した」わけではありませんが、自己の経験を世の中に届けることで、このような還元を得たのです♪

 

他にも音楽では、1993年に220万枚売ったTHE虎舞竜の「ロード」は、高橋ジョージさんの元に翌年・印税収入22億円、2018年でもカラオケ印税などで月収100万ほどと公言されています。

 

このように「自分の才能やセンス」に権利をつけて世の中に販売することで、不労所得構築は可能です。

 

※ただし、出版や音楽は「自分の知名度が上がったり、公人寄りになってしまうデメリット」もあるので、芸能人的扱いがイヤなら辞めておきましょう。

 

7位/株や債券など紙系

目次 8

 

株や債券など紙系を所有するという方法もあります。(紙の資産なので、ペーパーアセットと言います)

 

株や債券など紙系メリット

初心者から低額で参入しやすい

豊富なサービス・投資先がある

 

実際、現在では「高校生に対して株式投資教育必修化」されるなど、株や債券の知識を持つ人は今後増加傾向にあります。

 

ただし「不動産と同じく分母を増やすために、多額の軍資金が必要」「配当金還元などの知識やノウハウ吸収が必要」というデメリットも大きいです。

 

もちろん、近年では「アプリで簡単に株式投資を行うサービス」などもありますが、そもそも人任せの仕組みでは「ローリスク・ローリターン」が関の山です。

 

そのため「有名企業の安定株を買う」などもOKですが「今後も応援したいor自分も働きたいと思える創業期企業の株を買う戦略」のほうが、ハイリターンを期待できますよ♪

 

8位/不動産・自販機など土地管理系

目次 9

 

不労所得の一番代表的な例は、不動産・自販機など土地管理系と言えるでしょう。(個体の現物があるので、こちらはハードアセットとも言います)

 

不動産・自販機など土地管理系メリット

不動産投資セミナーなど、勉強会も広く行われている

不動産オーナーは「衣食住」の一角を担う磐石の不労所得なので、得られれば一番手堅い

 

もちろん「更地を貸すだけor最低限整えて駐車場」もありますが、大抵は「建物を建てて家賃収入」「自販機を管理して販売手数料」などになります。

 

しかし、これらは「土地や建物を獲得する多額の軍資金」「自販機は、固定収入を安定的に得るため、設置場所など専門的なマーケティング戦略」が必要です。

 

そのため、個人的には「誰もが知る不労所得の一方で、レベルは一番高いジャンル」と思っています。

 

不動産参入時の注意事項

 

ちなみに僕が師匠から受けた、不動産参入時の注意事項は以下の通りです。

 

不動産参入時の注意事項

不動産収益は資産額×5%程度の収益率1億円物件で月収500万円なので、分母を大きくする必要がある

土地の権利所有者が最終決定権を持つので、分譲マンションや一室買いではなく、小さい一軒家でも良いので、必ず土地の権利を獲得すること

収益はキャピタルゲイン(売却益でプラス)ではなく、キャッシュフロー(購入時点でプラス)中心の戦略で選ぶこと

 

僕は不動産関連にはまだ手を出していないので、人によって意見は異なりますが、僕は上記のパターンを参考に行動する予定です。

 

そのため「年収500万円から始める不動産投資」などの謳い文句は、個人的にはやめておいたほうが良いと思っています。

 

これは師匠の意見ですが「数百〜数千万円の借金を抱えて、地震や天災の崩壊リスクもある以上、自分にそれを背負える経済的収入が無いと厳しい」という見方です。

男師匠

不動産は、数百〜数千万単位の借金を背負うわけだから、万一崩壊しても責任を取れるだけの経済的基盤を確保しておかなきゃならんよ♪

諒

承知です♪

 

もっと言えば「年収3,000万円以上で、十分お金が貯まる状態でない限り、不動産投資を僕は勧めない」という言葉が、今でも僕の心に刺さっていますから♪

 

※ただし「自分は不動産や建物が好き!リスクを負ってでも勉強したい!」という情熱があるなら、才能があると思うので止めませんが…。

 

絵画や古銭などの収集品系

目次 1

 

同じハードアセットでも、持っているほど価値が上がる絵画や古銭などの収集品系もあります。

 

絵画や古銭などの収集品系メリット

集めること自体、趣味と実益を兼ねられる

自宅のインテリアを増やすなどの意味も持てる

 

これは「限定品」「生産終了品」など「コレクターがいるのに供給が無いor少ないために、金額が釣り上がっていく」という現象ですね。

 

ちなみにこれは「一般庶民では手が出せないような高級品」だけの話ではありません。

 

例えば、僕が「2009年に7万km10万円」で売った「TOYOTA MR-Ⅱ」は、現在同条件で「200万〜300万程度」に上昇しています。

 

MR2

 

必然的に、買取金額が3割程度だったとしても「60万〜90万円」なので、ナンバーを外して実家に10年ほど置いてたなら「50万円〜80万円」の利益を生んだわけです。

 

※他にも「●●年産のヴィンテージワイン」など、飲んだら無価値になる一方で、持っている限り価値が維持されたり、上昇する物もあります♪

 

正直に言って、単独で不労所得基盤にするのは難しいですが「金持ちの道楽体験」「集めながら価値が上がること自体を楽しむ」という意味では、おすすめの収集趣味と言えます。

 

※僕も「生産終了&初回限定版などで、プレミア価格が上がっていくトミカ」を集めていますから♪

 

まとめ
  • おすすめランキングの順位基準
    • スモールスタートが必須の理由
  • 1位/YouTube・ブログなど媒体系
  • 2位/情報商材・NOTE等情報資産系
  • 3位/FX・暗号資産など短期投資系
  • 4位/マルチ商法など人脈構築系
  • 5位/企業継承や特許など権利譲渡系
  • 6位/出版や音楽など知的財産系
  • 7位/株や債券など紙系
  • 8位/不動産・自販機など土地管理系
    • 不動産参入時の注意事項
    • 絵画や古銭などの収集品系

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上が不労所得はクズでずるい?獲得者が語る獲得メリットや対処法のコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/