金持ち ポイントカード 持たない

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

お金持ちはポイントカードを持たない?月収200万社長から学んだ財布の正しい金運UP術を知りたい!」

相談女性1

お金持ちの特徴は身だしなみに清潔感があって性格傾向は律儀?リッチな見た目や服装ブランドイメージは何?財布や家具・家電はどんな使い方?理由や実践方法を解説して下さい。

相談男性2

富裕層と貧乏人の思考マインドや生活の違いは?自分に投資効果が高いと判断する基準となる人生目標や生き方、行動習慣や成功方法を紹介して欲しい♪

相談女性2

儲けて稼ぐ力やビジネス収入、浪費費用を減らす・お金が貯まる節約貯金、金融取引資産や銀行貯蓄金額を増やす、会社の仕事立ち上げ経営やキャリアアップアイデアなどを教えて。

相談男性3

失敗経験で沈んだ気持ちから立ち直るための自己決断マインドや、健康努力や時間の使い方などは何に気をつければ良い?

相談女性3

住宅ローンとの向き合い方や幸せな趣味や旅行、恋愛や夫婦関係心理及び家族や身近な人間関係、早期年金ライフの実現方法など、お金持ちに学べる必要な人気情報を紹介して下さい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は24歳までお金持ちとは無縁の生活で「高校の自殺未遂」からはじまり「転職10回」「妹の自殺」など、不幸人生を生きてきました。

しかし、一流の経営者に7年弟子入りした結果、年収2000万〜億越えの方々の考え方や行動基準を見させていただいた経験があるので、その体験をシェアできます♪

 

 

そのため、あなたと同じような疑問を解消した僕が「金持ちはポイントカードを持たない理由や、月収200万社長から学んだ財布の正しい金運UP術」を具体的に紹介していきます♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

金持ちがポイントカードを持たない理由

目次

 

諒

ではまずはじめに、金持ちがポイントカードを持たない理由についてご紹介していきます。

 

ポイント管理の手間がコスト

目次 1

 

お金持ちがポイントカードを持たない一番の理由が、ポイント管理の手間がコストという視点です。

 

具体的には「時間とは、誰しも平等に与えられているギフト(恩恵)であり、金持ちは時間に対する尊重度が高い」と言えます。

 

そのため「ポイントカードの利用先を逐一考えたり、数円〜数百円の得を考える」こと自体を放棄しているのです。

 

 

そしてこのことに関して、極端な例ですが「ハーバード大学・マイケル・サンデル教授」は以下のような考察を述べています。

 

マイケル・サンデル教授の指摘

ビル・ゲイツがマイクロソフト社を設立してから今までの報酬を換算すると、150ドルになる。これは時給じゃない。1分あたりの金額でもない。1秒あたり150ドルだ。つまり100ドル札が落ちていても、彼が拾うと損することになる

 

報酬換算は上下していますが、この当時の言い方で言えば「ビルゲイツは秒給1万5千円なので、1万円札を拾うと損する」というわけです(1ドル100円で仮計算)

 

※時給でも分給でもなく、ビルゲイツは「1秒で15,000円の収入を得ている計算になる」というわけです

 

これはかなり極端な例ですが、お金持ちは「時間という貴重な資産の有効活用」を常に考えているので、同様の行動を取るのです。

 

そしてこれは「時間=自己価値」とも言える考え方であり、不労所得を理解する点でも、非常に大切な思考法と言えるでしょう♪

 

ポイント基準で買い物をしない

目次 2

 

金持ちはそもそも、ポイント基準で買い物をしないという行動基準があります。

 

つまり「お金の制限はなく、欲しいか?欲しくないか?の感情基準で生きている」と言えます。

 

先ほどお伝えしたように「時間という資産の有効活用」という視点で行動していますが、他にも「自分が納得するか?快適か?という感情基準」も大切にしています。

 

そのため「お店に行くたびにポイントカードの還元率を気にする」という手間を、そもそも人生から除外しているのです。

 

それよりも「会社の売り上げUP」「自分の仕事がさらに社会の役に立つ為のアイデア」を考えていると言えます

 

コスパより感情優先の例

目次 3

 

ちなみに、コスパより感情優先の例も補足しておきます。

 

例として、家具で言えば「コスパならニトリ・IKEA」などがあり、一般的には「安くて良い物」という「値段基準の買い物」が普通です。

 

しかし、お金持ちの家の家具は「これが欲しい!」「これが好き!」という感情を優先して購入しているケースが多いです。

 

例えば「ミッドセンチュリー(20世紀中頃の家具という意味)」の代表例である「ハーマンミラーのイームズシェルチェア」は、プラスチック椅子で10万円ほどします。

 

■イームズシェルチェア

イームズシェルチェア

出典:ハーマンミラーオンラインストア

 

これは「美しいデザイン」「徹底的に人間構造を考え抜いて作られた気持ち良い椅子」だからこそ、高価格でも半世紀以上売れ続けているわけです。

 

他にも「GACKT」さんが好んで愛用されている「ポルトローナ・フラウ」というブランドも、1脚100万円を超えるような高級椅子を扱っています。

 

以下の動画をご覧になれば分かりますが「20代終わりで、既に大塚家具の常連となったGACKTさんですら、買うのを躊躇した金額」という高級椅子について、その価値を語られています。

 

■「【爆買い】GACKTのやばい買い物に密着!!」(13分32秒)

 

このように「ブランド評価」「デザインの美しさ」など、お金持ちは長く大切に扱える「これが良い!」という商品を好んで買っている傾向があるのです。

 

ポイントより商品価値を大切にする

目次 4

 

ポイントより商品価値を大切にするという基準もあります。

 

例えば、一般の人は「セール中でポイント3倍デーだから何か買わなきゃ!」というポイント基準で買い物をします。

 

しかし、金持ちは「お金の抑圧から解放されている人」なので、ポイント基準では、あまり買い物をしません。

 

そのため「価値がないと思えば1円も出さない」一方で「価値があると思えば何十万〜何億円」も出したりします。

 

「億単位の買い物」を師匠陣から聞いた時はビビりましたが、金持ちは「今買うべき!と感じたら、預貯金の限界値まで買う」という行動基準を持っているのです♪!

 

財布が膨らむのを嫌う

目次 5

 

財布が膨らむのを嫌うという基準もあります。

 

なぜなら、後ほど詳しくご紹介しますが「金持ちは財布はなるべく綺麗かつ、スタイリッシュに管理する」のを好むからです。

 

そのため「ポイントカードやレシートが沢山入っていて、見た目から醜い財布」を嫌うのです。

 

まとめ
  • ポイント管理の手間がコスト
  • ポイント基準で買い物をしない
    • コスパより感情優先の例
  • ポイントより商品価値を大切にする
  • 財布が膨らむのを嫌う

金持ちの財布購入基準

目次

 

諒

では次に、金持ちの財布購入基準についてご紹介していきます。

 

お金を大切にする感情を増やす

目次 1

 

大前提として理解して欲しいのは、お金を大切にする感情を増やすという観点です。

 

ここから紹介していくのは「僕が師匠から教わり実践していて、お金を大切にする感情増加に効果があったもの」です。

 

とはいえ「それをやってないから雑に扱っている」わけではない為、あなたに必要な「お金を大切にしている感覚を育める財布購入基準・使い方」でOKです。

 

例えば「成功者は長財布を使う」という本もある一方で、二つ折り財布やマネークリップで対応しているお金持ちの方もいます。

 

↓マネークリップ↓

マネークリップ

 

そのため、大切なことは「財布を開くたびにネガティブな感情を増やす状況を改善して、財布を開くたびにポジティブな感情を増やす」という視点です。

 

その前提を持って、ここから先の基準や使い方を吸収していってください♪

 

形状は長財布がベスト

目次 2

 

形状は長財布がベストです。

 

なぜなら、お金にとってお財布は「ホテル・旅館」なので、綺麗な状態ほど喜んでもらえるからです。

 

二つ折りの財布は「構造上お札を折って歪める」ので、窮屈感が増えます

 

 

例えば旅先のホテルが汚かったら、気分が下がるし、二度と行きたくないと思いませんか?

 

男師匠

このホテルは清潔感に溢れてるし、とても気持ち良いな♪

諒

そうですね♪

 

それと同様に、お金にとっても「あなたの財布は旅をしいる途中のホテル」なので、綺麗にしておいた方が良いのです。

 

財布の値段×200倍の法則

目次 3

 

ちなみに、お金持ちの感覚を育てるという意味で、財布の値段×200倍の法則も補足しておきます。

 

財布の値段×200倍の法則

財布の値段×200倍がその人の「稼げる年収or稼げるようになる未来の年収の上限」

僕の例「ルイヴィトンボルトフォイユブラザタイガ約6万円後半」×200倍=1200〜1400万円程度

 

このような法則があり、僕は月収100万円メンタルを達成した時に「あぁ、もう財布買い換えないとなぁ…。」という気持ちになったのです。

 

例えば「新しい恋に動き出す時には、元恋人を思い出す写真やプレゼントを手放す」という心理行動があります。

 

それと同じで、お金や年収UPの時には「過去の自分に紐付いた持ち物を手放し始める」という心理行動が始まるわけですね♪

 

※実際僕も「ルイヴィトンの財布を買うまで、知り合いにもらった値段不明の財布(多分数千円〜1万円)」を使ってる時は、年収240万円でしたから…。

 

そのため、あなたが「安い財布」「汚い財布」を使っているのであれば「お金引き寄せ強化に、多少背伸びした値段の財布を新調する」のがおすすめですよ♪

 

頭の中で「自分にそんな高い財布はもったいない」と囁くのであれば、それこそが貧乏状態の原因です!

 

男師匠

ブランド物を持つことで、自分を大切にする習慣が手に入るからおすすめだぜ♪

諒

はい♪取り入れます♪

小銭入れを用意

目次 4

 

小銭入れを用意するのもおすすめです。

 

なぜなら、小銭は増えると財布がパンパンになり、窮屈になってしまうからです。

 

さらに、風水的には「お札=木のエネルギー」「小銭=金のエネルギー」なので、別にしたほうが良い状態で循環できると言われています。

 

そのため、お札と小銭は分けて管理するのがおすすめですよ♪

 

色選びに気を使う

目次 5

 

色選びに気を使うのもお金持ちの財布の特徴です。

 

色は「カラーセラピー」「パーソナルカラー」もあるように、使い方次第で印象や感情をコントロールできます。

 

例えば僕は、このサイトで「黒」を基準に使用しています。

 

なぜなら「高級ブランドが使う色」「自己の尊厳主張」「守護」など、不労所得獲得者に必要な力を伝える意味を持たせているからです。

 

さらに、他のサイトは「オレンジ」を基準に使用していますが、それは僕のオーラーカラーであり「冒険」「挑戦」といった、行動を起こす意味を持たせています。

 

そして、風水的に言われる「金運アップに効果的な色」を参考にご紹介します。

 

金運UP用財布の色

黒=既に獲得した地位・名誉・収入を守る色

緑=銀行の金庫色としても利用されてきた歴史があり「蓄財」「貯蓄」を堅実に進める色

オレンジ=「活動」「冒険」を司り、副業・起業・ビジネス拡張など収支拡大を高める色

茶色=大地の色であり「無駄遣い抑制」を促し支出コントロール力を高める色

ピンク=人間関係向上や、玉の輿婚を引き寄せる色

白=「浄化」「清浄」を促し、悪しき人間関係や悪しきお金出費と縁を切る浄化力を高める色

 

もっと色々な色の意味がありますが、主にこのような効果があるとされているので、財布選びの基準に使うのがおすすめです♪

 

購入or使用開始日の験を担ぐ

目次 6

 

お金持ちの財布の特徴として、購入or使用開始日の験を担ぐというものもあります。

 

これは「宝くじの購入吉日で言われる験担ぎ(げんかつぎ)」でもありますが、お金や富に関して同様の効果があるとされています。

 

財布の験担ぎ

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)1粒(1円)が1万粒(1万円)に増えるような富を増やす吉日

天赦日(てんしゃにち)=1年に5〜6回しかなく「天が万物の罪を許し、何でも願いを叶えてくれる」吉日

寅の日(とらのひ)寅は黄金色の縞模様から金運の象徴とされており、12日に1度訪れる吉日

 

詳しくは「一粒万倍日 今年」などで調べられますが、中には「一粒万倍日+天赦日+虎の日」などの最強開運日もあったりします。

 

とはいえ、あくまで「自分が財布を買い換えるタイミングで、一番吉日が近くて良い日」をイメージしていればOKですよ♪

 

まとめ
  • お金を大切にする感情を増やす
  • 形状は長財布がベスト
    • 財布の値段×200倍の法則
  • 小銭入れを用意
  • 色選びに気を使う
  • 購入or使用開始日の験を担ぐ

金持ちの財布使用基準

目次

 

諒

では次に、金持ちの財布使用基準についてご紹介していきます。

 

お札の向きを揃えて入れる

目次 1

 

お金持ちの財布の使用特徴として、お札の向きを揃えて入れるという習慣を持っています。

 

なぜなら、上下バラバラだと乱雑で汚い為、整えて管理することで、お金を大切に扱っている感覚が増えるからです。

 

さらにお札の向きを逆にして、顔から突っ込むことで「簡単に出て行かないようにする」という願掛けを行なっている人もいます。

 

領収書・レシートは定期排出

目次 2

 

領収書・レシートは定期排出しているのも、金持ちの財布の使用特徴です。

 

繰り返しますが「色々な物が詰まっていてパンパンの財布」はお金にとって居心地が悪いです。

 

もちろん「会社の経費精算用」「副業の経費精算用」など、レシートや領収書は取っておかなければならない人もいるでしょう。

 

とはいえ「財布の中で管理する」ことは別なので「定期的に排出して財布をスッキリさせておくべき」なのです!

 

ちなみに、管理方法でおすすめなのが「玄関にティッシュケースを置いておき、帰ったらそこに入れていく」という仕組み化です。

 

ティッシュケース

 

こうすれば「ある程度日付別に累積していける」為、レシート管理が簡単になるため、とてもおすすめですよ♪

 

ムダなポイントカードは捨てる

目次 3

 

もし財布に沢山のポイントカードが入っているのであれば、ムダなポイントカードは捨てるべきです!

 

とくに「どのカードに何ポイント入ってるか分からない」という人は「お金をどこにいくら使っているか分からない」という支出癖を持っているに等しいです。

 

そもそも、貯金額を把握できないのは、支出額を把握できないに等しいので、本当に使うポイントカード以外は破棄すべきなのです!

 

例えば僕の場合「スタバ」「電気屋」「TSUTAYA」「スーパー銭湯」「サブウェイ」の5枚しかポイントカードを持っていません。

 

それらは「定期的に行く上、利用頻度が高い」ので所持していますが、それ以外は全て捨てました!

 

男師匠

財布の中も、スタイリッシュかつスマートにしとこうな♪

諒

はい♪思い切って、使ってないカードは捨てます♪

 

このように「いつか使う系で、財布に入ってるだけのポイントカード」を破棄することで、スッキリすることができますよ♪

 

掃除やケアを定期的に行う

目次 4

 

お金持ちの財布の使用特徴として、掃除やケアを定期的に行うという習慣も持っています。

 

例えば、僕独自のやり方ですが「肌ケアシートなどを片面のみ顔や肌のケアに使ったら、もう半分は財布や靴など革製品のケアに使う」というやり方を習慣化しています。

 

もちろん、もっと丁寧な革製品ケアもありますが、自分の生活習慣に無理なく取り入れるためにこのようなやり方を採用したのです。

 

そのため、革製品などであれば、あなたも「財布を定期的にケアする習慣」を取り入れるのがおすすめですよ♪

 

クレカは1~3枚程度に集約

目次 5

 

ポイントカードと同じ理屈ですが、お金持ちの財布の使用特徴としてクレカは1~3枚程度に集約というやり方も基準となっています。

 

そもそも、クレジットカードは「メインカード1枚+使用できない場合に備えたサブカード1枚」程度で事足ります。

 

しかし、収支管理が下手な人ほど「お店のポイントが付くから」という理由で、あちこちでクレカを作って、結局支払い管理できていなかったりします。

 

そのため「多くてもクレカは3枚まで」にして、それ以外は使用停止にしたり、自動引き落としのお金がないことを確認した上で、ハサミで切って手元から無くすのがおすすめです♪

 

お金持ち理解の必須課題図書

目次 8

 

ちなみに補足ですが、お金持ちの必須課題図書と言えるのが「金持ち父さん・貧乏父さん」「キャッシュフロークワドラント」「若くして豊かに引退する方法」です。

 

■金持ち父さん貧乏父さん

■金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント

■金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

これらには「ローンを用いた持家は負債である」「自分ビジネスを持て」「MBA取得より戦場に行ってリーダーシップを鍛えるべき」など、一般的に「タブーとされるような話」が満載です。

 

しかし、この本を読んだかどうか?で今後の人生設計が大きく変わってくることは間違いありませんし、経済的安心を得る上で、大きな指針になると思いますよ♪

 

※なお、無料要約動画になりますが、以下のようにYouTubeでも参考情報が上がっているので、購入を躊躇する場合には参考にしてください♪

 

■「金持ち父さん①お金持ちになる手順」(19分51秒)

自分ビジネスの利点

目次 9

 

例えば金持ち父さんの本を読んで驚いたことですが、自分ビジネスの利点はかなり大きいです。

 

もちろん、ある程度収益は必要ですが「自分ビジネスに必要な出費=経費」として扱えるようになることで、節税能力を獲得できるのです。

 

※「確定申告」が必要なので、ある程度の収入源になったら「副業OK」「確定申告を自分でさせてくれる会社」でなければ、必要に応じて転職が必要ですが…。

 

これは「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

 

会社員と自分社長の場合(年収500万円)

会社員=年収500万円-税金20%(100万円)手取り400万円(欲しいものを買う)

確定申告者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)手取り420万円(欲しいものを買う)

 

このように「経費」という選択肢が会社員以外のフリーランスなどでは使えるようになるので、同じ年収でも手取りが増えるのです。

 

例えば知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

 

とはいえ、経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、追加徴税で後から四苦八苦する危険もあるのです。

 

しかしいずれにしても、確定申告を含めた税金・節税対策を学んでおくことで、税金面も含めて今後有利な人生を構築できる選択肢を広げられますよ♪

 

まとめ
  • お札の向きを揃えて入れる
  • 領収書・レシートは定期排出
  • ムダなポイントカードは捨てる
  • 掃除やケアを定期的に行う
  • クレカは1~3枚程度に集約
    • お金持ち理解の必須課題図書
    • 自分ビジネスの利点

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上が金持ちはポイントカードを持たない!月収200万社長から学んだ財布の正しい金運UP術まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/