お金持ちの家2

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

お金持ちの家の特徴は?外観や玄関・間取りやインテリアを知りたい!」

相談女性1

お金持ちの家や部屋の特徴は?広い土地や不動産住宅の場所、日当たりや風通しなど、生活場所の基準や考え方を知りたい♪

相談男性2

セレブ富裕層は占いや風水心理に沿ったインテリア(観葉植物/神棚)やファッションを用意する?価値の高い家具・機能性の高い家電商品を買うのがおすすめ?

相談女性2

アコムやアイフルなどのカードローン入会&新規申し込み契約利用や金融機関で金利最短無利息、不要な保険や銀行個人借り入れ返済の年率でどんどん貧乏で貧しくなる?

相談男性3

貯金が貯まらない財布や貯めるコツ、資産を増やすための節約術や投資マネー知識を詳しく知りたい!

相談女性3

お金持ちは排水口やトイレ・風呂などの掃除習慣or家事代行、綺麗な収納や整理整頓を大切にしている?感謝の気持ちや考え方、健康維持習慣など老後の運命を良くする希望の保険が欲しい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

 

僕自身は24歳までお金持ちとは無縁の生活で「高校の自殺未遂」からはじまり「転職10回」「妹の自殺」など、不幸人生を生きてきました。

 

しかし、一流の経営者に7年弟子入りした結果、年収2000万〜億越えの方々の家を見させていただいた経験があるので、その体験をシェアできます♪

 

そのため、あなたと同じような疑問を解消した僕が「お金持ちの家で4億円豪邸などの外観や間取りの特徴」を具体的に紹介していきます♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

お金持ちの家の特徴@共通点

目次

 

諒

ではまずはじめに、お金持ちの家の特徴@共通点についてご紹介していきます。

 

※ちなみにタワーマンションですが「家賃100万円級」の全国TOPクラスの賃貸物件を紹介している動画を以下に置いておくので、願望情報収集の参考に使ってください♪

 

■「リストーリーが厳選した高級マンション動画総集編」(2時間15分)

運気が高い一頭地エリア

目次 1

 

お金持ちの家は「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、運気が高い一頭地エリアに多いです。

 

東京で言えば「代々木上原(松濤)・世田谷・品川区御殿山」などは豪邸がボンボン建ってますし、名古屋も「白壁」関西の「芦屋」なども似たようなエリアです。

 

そしてこのような場所は「武家屋敷」があったなど、昔から「日本の重要人物が住まう場所」として、運気が高められている傾向があります。

 

 

他にも東京から少し離れた「成城エリア」は、東宝の撮影スタジオがあった縁もあり、戦後の映画業界発展の中で「巨匠・黒澤明監督」「世界のミフネこと三船敏郎さん」「男はつらいよの山田洋次監督」などが豪邸を構えました。

 

その結果「日本のビバリーヒルズ」と呼ばれるほどになり、この方々が住われ始めた時期から地価が高騰したと言われています。

 

以上のように「昔から名士が住んでいるエリア」「近年名士や日本の重要人物が住んだ結果、地価が高騰したエリア」にお金持ちの家が多いのです。

 

地元名士は会社〜多少遠い場所

目次 2

 

日本でもTOPクラスの影響力を持つ人ではなくても、中小企業の社長など地元名士は会社〜多少遠い場所に豪邸を建てていたりします。

 

インターネットを介したビジネスが勃興する前までは「社長含め全社員出勤が当たり前の世界」だったので、必然的に社長も通勤圏内に家を構えているケースが多いです。

 

 

ただし「会社のオフィスビルに住んでいる」という人もいますが、基本的にはある程度年商を稼いでいる社長は「社員と顔を合わせない程度に遠い場所に家を建てている」印象です。

 

実際、僕の実家の近所には何件か地元の社長の家がありますが、いずれも「車で会社まで30分程度の距離感」で豪邸が建っていますから♪

 

※これはあくまで僕が経験上感じた感覚なので、具体的な統計データがあるわけではありませんが「社長はオン・オフある程度切り分けたい」という心理があると思っています

 

キレイで整理整頓されている

目次 3

 

貧乏人と一番違うのが、キレイで整理整頓されているという特徴です。

 

「本人がキレイ好き」「結婚相手がキレイ好き」「定期的にハウスキーパーに掃除を依頼している」など、パターンはさまざまですが、部屋がキレイな状態を維持しているのは共通しています。

 

 

例えばこの点で思い出すのが「映画・万引き家族」内で描かれていた「貧乏人と金持ちの家の印象の違い」でした。

 

簡単に言えば「貧乏な万引き家族は部屋が汚く物が多い」「金持ちの家は部屋がキレイで物が少ない」という違いです。

 

そして大事なことは「金持ちになってからキレイで整理整頓する」のではなく「整理整頓して周りを整えられるようになってから金持ちになった」という順番です。(理由は後述)

 

■「万引き家族」(1分39秒)

必要なものだけ配置されてる

目次 4

 

必要なものだけ配置されてるのも、お金持ちの家の特徴です。

 

なぜなら「貧乏な家ほど“いつか使う”という名目の不用品が沢山ある」「お金持ちの家ほど“今使う”名目の現役品のみある」からです。

 

そのため全体的に綺麗で統一感があり、シンプルなスッキリ感を感じられるのです。

 

綺麗で物が少ない理由

目次 5

 

ちなみに、綺麗で物が少ない理由についても補足しておきます。

 

これは「貧乏な人ほど思考がグチャグチャなので物が多い」「金持ちの人ほど整理されているので物が少ない」と言えます。

 

 

ちなみにこのことに関しては、昔何度も受講した「百戦錬磨の研修トレーナー」から、以下の格言を教わった結果、僕も部屋などのキレイさには注意するようになりました。

 

部屋のキレイさの重要性

部屋・机・鞄の中の状態と、あなたの頭の中の状態は同じです

 

この格言の通り「貧乏な人ほど身なりが小汚い、言葉が醜い、仕事が遅い、決断が遅い、誰にも言葉が響かず、何を言ってるか分からない」という現実を生きています。

 

要するに「邪魔な思考が頭の中に散らばりすぎているので、何事も動きが重いし邪魔が入る時が多い」のです。

 

そのため後ほどご紹介しますが「一定の基準に沿って身の回りをキレイにする」ことで、心の不安が減ったり、ワクワクするものを引き寄せやすくなりますよ♪

 

トイレ・水回りがとくにキレイ

目次 6

 

お金周りに関する風水で有名な話でもありますが、トイレ・水回りがとくにキレイという特徴もあります。

 

お金回りは水回りに繋がるという事で、トイレや風呂が汚かったり詰まっているとお金回りも悪くなると言われているのです。

 

 

実際お金は水と同じく、入ってきて出ていくというプロセスが全く同じであり、生活に必要不可欠なライフラインである事に変わりありません。

 

しかも、お金が出ていく時にネガティブな感覚を持っている人ほど、トイレや風呂の汚い家に住んでたりします。

 

そのため水回りの清潔さはお金回りの清潔さに直結すると思って、意識するのがオススメです。

 

 

実際「CoCo壱番屋の創業者・宗次徳二さん」「アースホールディングス創業者・國分利治さん」などは、店舗巡りで必ずトイレチェックすると言います。

 

そして売り上げが良い店舗ほど水回りを綺麗に出来ているという持論を持っていることからも、この事は真理だと確信しています。

 

お金持ちの家の特徴@一軒家の外観

目次

 

諒

では次に、お金持ちの家@一軒家の外観についてご紹介していきます。

 

※タワーマンションの外観は個人で選択できないので、ここは一軒家のみの基準でお伝えします

 

玄関が見えないor遠い

目次 1

 

お金持ちの家で多いのは、玄関が見えないor遠い構造です。

 

例えば僕の地元の友人に資産家一族がいますが、玄関に入ってから20歩〜30歩ほど奥まで歩かないと母屋に入れない状況でした。

 

庭が広くて平家の大きな一軒家だったので、子供の頃にはあまり意識しませんでしたが、相当土地の広い家だなと、今では驚いているくらいです。

 

 

他にも見せて戴いたことのある豪邸では、やはり「厳重なセキュリティーと門」を設置していて、そこをくぐって始めて玄関にたどり着けるようになっていました。

 

このように「玄関というプライベート空間までの障壁がある」のがお金持ちの家の特徴と言えます。

 

万全・充実のセキュリティ

目次 2

 

都心や一等地に建っているお金持ちの家ほど、万全・充実のセキュリティで自衛力を得ています。

 

監視カメラで不審者が入ってこないように防衛している家もありますし「セコム・ALSOK」などのシールが門の入り口に貼ってあったりします。

 

当然家の中は「高級品や貴重品」も置かれているので、それに比例して自衛力強化をしているというわけですね♪

 

独特な形状で迫力がある

目次 3

 

建売の戸建て住宅などの画一的な外観とは違い、家主の意思が反映されているなど、独特な形状で迫力があるケースも多いです。

 

「壁面がコンクリートで頑丈な印象」「凸凹が色々富んでいて幾何学的」「流線型のラインが美しい」など、他の家とは違う雰囲気を醸し出しているのです。

 

単純に家自体が大きいという事実もありますが、社会的地位の高い人は「他の人と違うことを好む傾向」も強いケースが多いので、独特な雰囲気の外観になっていることも多いのです。

 

駐車場にこだわりがある

目次 4

 

車好きのお金持ちの家に多い印象ですが、駐車場にこだわりがあるケースも多いです。

 

例えば僕が見せて戴いた4億円の豪邸は「部屋の通路がガラス張りになっており、車が中から見えるガレージ」になっていました。

 

他にも「駐車場は4台置けるスペースを確保(複数の車を楽しむため)」「自動開閉式のシャッターを装備したガレージ」など、車を楽しむための仕掛けやスペースを確保していました。

 

 

正直言って「車は社用車として経費対象にしやすい」ので、比較的売り上げがあって余裕のある社長は、経費で車を購入・維持する傾向が強い印象ですね♪

 

※釣りバカ日誌のスーさんのように、豪邸に黒塗りの高級車でお抱え運転手が居るなんて姿は、昭和の大社長ならではの光景でしたし(笑)

 

お金持ちの家の特徴@一軒家の間取り

目次

 

諒

では次に、お金持ちの家の特徴@一軒家の間取りについてご紹介してきます。

 

※同じくタワーマンションの間取りは個人で選択できないので、ここは一軒家のみの基準でお伝えします

 

社員や仲間と話せる広いリビング

目次 1

 

大きな組織をお持ちの社長に多い印象ですが、社員や仲間と話せる広いリビングを用意しています。

 

幹部を招いて会議をしたり、親睦を深めるためにある程度スペースに余裕を確保している豪邸を何件か見たことがあります。

 

中小零細の社長だと、完全なプライベートの自宅にしているケースが多くても、組織全体の状況把握をしたいような大組織の社長だと、このような家作りも行っているのです。

 

 

あとは人間関係を好んでいて、積極的にパーティーや人を招く前提になっているケースもありますね♪

 

広いダイニングや庭で料理を楽しむ

目次 2

 

リビングと同じ考え方ですが、広いダイニングや庭で料理を楽しむという間取りになっているケースもあります。

 

とくにリビングよりも「食事やお酒を交えて幹部仲間や社員と関わる」というスタンスの社長が、アイランドキッチンなどで料理提供しながら、親睦を図っているケースを見ました。

 

さらに別荘持ちなどで実際にあるケースでは、広い庭でバーベキューを行って懇親を図るというケースも見受けられます。

 

 

このように「社員や仲間ともっと絆を深めるには?」という、家庭以上の責任領域を担っているからこそ、広い家を実現していると言えるのです♪

 

サウナや防音室などこだわりアリ

目次 3

 

自分の快適度を上げるために、一般家庭では中々実現できないような、サウナや防音室などこだわりアリのケースも多いです。

 

特に芸能人のような「なかなか一般人が訪れる場所に行けない人」は、自宅にサウナなどを設置して、願望を満たしているケースも多いです。

 

他にも音楽関係の人は、スタジオに行くことなく作詞・作曲を実践するために、防音室やスタジオを作ってしまっているケースもありますね♪

 

 

このように、仕事の一環として自宅に特殊設備を設置していたり、自宅で楽しめるリフレッシュスペースを用意しているのも、お金持ちの家の間取りの特徴と言えますよ♪

 

お金持ちの家の特徴@玄関

目次

 

諒

では次に、お金持ちの家の特徴@玄関についてご紹介していきます。

 

表札を掲げている

目次 1

 

風水的な本を読んだ時に学びましたが、お金持ちの家は一軒家・マンションに関わらず表札を掲げているのが特徴です。

 

マンション・アパート暮らしの人の中には「変な勧誘がイヤ」という理由で、玄関やポストが無記名の人も多いです。

 

しかし「神様や社会に対してあなたがどこに住んでいるか?」表明していない状態になっているので、社会からの富を拒絶しているケースが多いのです。

 

 

実際豪邸はしっかり表札を掲げていますし、タワーマンションはポストがエントランス内にあり、許可を得た人しか入れない設定になっているケースがほとんどです。

 

そのため「社会的発言や社会から恩恵を得ることを拒否している」という自覚がある場合には、表札を出すのが良いでしょう。

 

姿見鏡を用意している

目次 2

 

玄関に姿見鏡を用意しているのもお金持ちの家の特徴です。

 

これは人目を気にするというネガティブなものというよりは「自分の清潔感を大切にする」「印象良く相手に関われるように」といった自尊心維持と言えます。

 

他にも風水的な面でも「玄関に姿見を置く」のは良いとされており、それをベースとして姿見の鏡を置いているケースもありますね♪

 

靴は下駄箱に整理整頓

目次 3

 

靴は下駄箱に整理整頓されているのも、お金持ちの家の玄関の特徴です。

 

風水でも「靴を置いておくのは住民の人数分まで(4人なら4足)」が運気を良くすると言われており、それ以上は運気低迷を招くと言われています。

 

実際、人を招いた時を除けば、高級な家やタワーマンションに住んでいる方の玄関は、とても靴が少なく整理整頓されているのが印象的でした♪

 

 

逆に昔の僕や友人関係がそうでしたが「1人暮らしなのに、サンダルや靴が出しっぱなしで乱雑」という人も多いと思います。

 

そのため「靴は必要な分だけ購入し、使わないものは捨てる」「靴箱に収まらない場合は、2足分置ける道具などを購入し、収納数を増やす」のがおすすめですよ♪

 

※ただし靴が好きなお金持ちの人は、靴をいっぱい買っているケースもありますが、靴箱などにキレイに整理整頓されているので、乱雑な印象を受けないです

 

お金持ちの家の特徴@インテリア

目次

 

諒

では次に、お金持ちの家の特徴@インテリアについてご紹介していきます。

 

家具はコスパより感情優先

目次 1

 

家具はコスパより感情優先しているのが、お金持ちの家のインテリアの特徴です。

 

コスパといえば「ニトリ」「IKEA」などがあり、一般的な家庭では「安くて良い物」という「値段基準の買い物」が普通です。

 

しかしお金持ちの家の家具は「これが欲しい!」「これが好き!」という感情を優先して購入しているケースが多いです。

 

 

例えば「ミッドセンチュリー(20世紀中頃の家具という意味)」の代表例である「ハーマンミラーのイームズシェルチェア」は、プラスチック椅子で10万円ほどします。

 

■イームズシェルチェア

イームズシェルチェア

出典:ハーマンミラーオンラインストア

 

これは「美しいデザイン」「徹底的に人間構造を考え抜いて作られた気持ち良い椅子」だからこそ、高価格でも半世紀以上売れ続けているわけです。

 

 

さらに他にも「GACKT」さんが好んで愛用されている「ポルトローナ・フラウ」というブランドも、1脚100万円を超えるような高級椅子を扱っています。

 

以下の動画をご覧になっていただければ分かりますが「20代終わりで、既に大塚家具の常連となっていたGACKTさんですら買うのを躊躇した金額」という高級椅子について、その価値をふんだんに語られています。

 

このように「ブランドに対する評価」「気持ちよさに対する欲しさ」「デザインの美しさ」など、お金持ちは長く大切に扱える「これが良い!」という商品を好んで買っている傾向があります。

 

■「【爆買い】GACKTのやばい買い物に密着!!」(13分32秒)

色味が統一されて明るい印象

目次 2

 

キレイで清潔という意味に近いですが、色味が統一されて明るい印象もあります。

 

例えば「ベースは白で爽やかな印象、なおかつ観葉植物などの緑+家具のブラウンの3色」など、部屋に入ったときに統一感を感じるのです。

 

逆に貧乏で汚い家だと「黒やら赤やら緑やらオレンジやら茶色やらシルバーやら、色んな物や色がごちゃごちゃしている」という雑然感を感じます。

 

 

そのため「色の系統が異なる不用品は捨てる」など整理することで、お金持ちの家に近づけることができますよ♪

 

日当たりや風通し・動線を重視

目次 3

 

家具などの配置や物を置いている場所など、日当たりや風通し・動線を重視しているのも特徴です。

 

お金持ちの家は、そもそも整理整頓されているわけですが、もっと言えば「家具の配置に理由がある」「物の置き場を決めている」と言えます。

 

 

これは工場などでいう「物を置く場所を徹底していて、紛失した場合は徹底的に探し出す」という5Sが徹底されているようなものです。(紛失は商品混入などのリスクもあり得るため)

 

※5S=「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ=物は元の場所に戻すという教育徹底」

 

逆に貧乏な家ほど「どこに何が置いてあるか分かっていないので、紛失が多かったり、物を探すのに時間がかかる」ケースが多いです。

 

床面積の広さは収入の高さ

目次 4

 

年商数十億の大師匠が何度も仰っていたことですが、床面積の広さは収入の高さという特徴もあります。

 

大前提として「床に余計な物をなるべく置かずに広く余裕を持たせる」という状況を維持しており、そこからさらに「広い部屋を確保している」と言えます。

 

実際、汚い家や貧乏な家ほど「色々な荷物が散乱していて、歩きにくい」などの現状があったりします。

 

 

逆に僕が大師匠のタワーマンションにお邪魔させていただいた時に「タワーマンション最上階・リビングの半分はほぼソファだけで、全面ガラス張りの窓の外の景色を楽しむ為の広いリビング」に衝撃を受けたことを覚えています。

 

↓これはベッドですが、このように一室の半分がソファだけで、外を見る感じでした↓

ペントハウス

 

このように「床面積を広く取る」「床の広い部屋で余裕を楽しむ」のがお金持ちの家の特徴と言えます。

 

アイデアを生む本棚がある

目次 5

 

アイデアを生む本棚があるのも、お金持ちの家のインテリアの特徴です。

 

「本棚を見ればその人の価値観が分かる」とも言われるように、本棚はその人の人生観が垣間見える場所です(本棚がない人は、人生観がないor薄いとも言えます)

 

そしてお金持ちの本棚には「過去・現在・未来で大切にしたい価値観の教科書」「新しい価値観を学ぶ情報媒体」などが置かれています。

 

 

そのため「自分の人生に信念という柱を建てる」という意味でも、お金持ちの家のように本棚を用意して、価値観を吸収していくのがおすすめです♪

 

※漫画からも学べることはたくさんありますが、やはり人生哲学やお金を稼ぐビジネス本から、現実を変えるノウハウを学べることは多いので、目を向けるのがベターです

 

神棚が配置されている

 

全員ではありませんが、神棚が配置されているのもお金持ちの家のインテリアの特徴です。

 

神棚というのは「神様が家に訪れてくれる気の流れを作る」ので、風水や神仏を信じている方ほど置いている傾向があります。

 

しかも「神様仏様への感謝が深いほど、周りへの感謝の念が強い」傾向があるので、社会貢献的なマインドを磨けると僕は思っています。

 

 

ちなみに僕も「運気を上げる一番手っ取り早い方法は、神棚を購入して飾ること」とビジネス本で読んでから、実際に購入しました。

 

値段としても1万円程度からと、比較的手軽に手に入れることができるので、運気を上げたい場合には購入がおすすめですよ♪

 

観葉植物などの生気がある

目次 6

 

こちらも必ずというわけではないですが、観葉植物などの生気があるのもお金持ちの家のインテリアの特徴です。

 

風水的にも「家具などの無機物の中に、生き物の生命エネルギーを取り入れる」という意味で、観葉植物の設置をすすめています。

 

実際僕も「金運アップの観葉植物として有名なパキラ」を買ってきて、家に置いていたことがあります。

 

 

最終的には管理が上手くいかずに手放した記憶ですが、いずれにしても部屋が暗い雰囲気なのであれば、観葉植物を部屋に置くのはアリですよ♪

 

お金持ちの家の特徴に今スグ近づく方法

目次

 

諒

では次に、お金持ちの家の特徴に今スグ近づく方法についてご紹介していきます。

 

部屋掃除や断捨離を習慣化する

目次 1

 

お金持ちの家の特徴に近づく一番の方法は、部屋掃除や断捨離を習慣化するというものです。

 

ちなみにこの「掃除・断捨離メンタル」を得る上で一番おすすめなのが「近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法」です。

 

これは「身の回りをときめく物で満たす」という「捨てる=ときめかないorときめかなくなった」「集めるor残す=ときめく」という、恋心のような基準で断捨離できる画期的な掃除ノウハウ本です。

 

僕ものこの本を読んでから「身の回りはときめく物しか置かず、ときめかなくなったらメルカリで売ったり捨てる」という基準を得ました。

 

そのため掃除や断捨離下手なのであれば、コツを学んでから取り組むのがベターです♪

 

お財布を綺麗に整える

目次 2

 

部屋以外では、お財布を綺麗に整えるのもお金の引き寄せに大変効果的です。

 

なぜならお金にとってお財布は「ホテル・旅館」なので、綺麗なほど喜んでもらえるからです。

 

 

あなたも旅の宿泊先が汚かったら、気分が下がるし二度と行きたくないと思ったりしませんか?

 

それと同様にお金にとっても、あなたの財布は旅をして来た先の「宿泊先」なので、綺麗にしておくに越したことはないのです。

 

具体的には「ある程度値段の張る良い財布を持つ」「割引券や会員権・レシートなどはため込まない」「小銭とお札入れは分ける」などです。

 

 

良い財布を持てば大切に扱いますし、レシートなどはため込むほど見た目も汚くなります。

 

さらに風水的に「小銭=金」「お札=木」と属性・特徴が違うと言われており、バッティングすると言われているので分けた方が良いです。

 

財布の値段×200倍の法則

目次 3

 

ちなみに財布の値段×200倍の法則も補足しておきます。

 

財布の値段×200倍の法則

財布の値段×200倍がその人の「稼げる年収or稼げるようになる未来の年収の上限」

僕の例「ルイヴィトンボルトフォイユブラザタイガ約6万円後半」×200倍=1200〜1400万円程度

 

このような法則があるのですが、これを実際に達成できたという心理状況が整った時に「あぁ、もう財布買い換えないとなぁ…。」という気持ちになったのです。

 

 

例えば「新しい恋に前向きに動き出す前には、元恋人を思い出す写真やプレゼントを手放す」という心理行動があります。

 

それと同じで、お金や年収UPの時には「今まで(過去)の自分に紐付いた持ち物を手放し始める」という心理行動が始まるわけですね♪

 

 

しかも財布とは「お金の納まる安心安全宿屋orホテル」なので「財布が汚かったり、レシートなどでパンパンな人ほど散財体質」「財布が安い人ほど低所得」の傾向があります。

 

※実際僕も「ルイヴィトンの財布を買うまで、知り合いの方にもらった値段不明の財布(多分数千円〜1万円)」を使ってる時は、年収240万円でしたから…。

 

 

そのため、もしあなたが「安い財布」「汚い財布」を使っているのであれば、お金の引き寄せを強化するためにも、多少背伸びした値段の財布を新調するのがおすすめですよ♪

 

※頭の中で「自分にそんな高い財布を買うのはもったいない」と囁くのであれば、その囁きこそが貧乏状態の原因です!

 

神棚を購入・用意する

 

先ほども少しお伝えしましたが、神棚を購入・用意するのもおすすめです。

 

アマゾンや楽天では、1万円程度から上記のような立派な神棚を購入できるので、買って神様に手を合わせる習慣を作るのがおすすめです♪

 

※立派な物でなければ、お札を置くだけの簡素なものが2000円程度から買えるので、そちらでもOKですよ♪

 

神棚を設置する場合の注意事項

目次 7

 

ちなみに、神棚を設置する場合の注意事項についても補足しておきます。

 

神棚を設置する場合の注意事項

神棚は自分の身長以上(息がかからない程度より上)に設置する

方角は北(南向き)or西(東向き)に設置する

マンションやアパート住まいで、上の階がある場合は、天井に「雲」という用紙等を貼る

御神札は三社式の場合「左=崇敬神社」「真ん中=天照大神」「右=産土神社」

御神札は一社式の場合「手前・天照大神&真ん中・氏神神社&背後崇敬神社」

★崇敬神社(すうけいじんじゃ)=自分が信仰する神様の神社でいただくお神札

※僕は「赤坂日枝神社の商売繁盛・資産の神・不労所得の意味で大山咋神(おおやまくいのかみ)

赤坂日枝神社

★産土or氏神神社(うぶすなじんじゃ)=自分が生まれた土地の管轄神社or引越し先にある近隣の管轄神社

※情報発信者ごとに「引越し先が産土神社」「生まれた地が産土神社」と意見が割れますが、僕は生まれた名古屋の地の神社のお神札を入れています

 

このようになりますが、置き方のイメージが湧かない場合に備えて、画像も以下に引用しておきます。

 

■神棚の設置方法

三社式の場合「左=崇敬神社」「真ん中=天照大神」「右=産土神社」

一社式の場合「手前・天照大神&真ん中・氏神神社&背後崇敬神社」

神棚

■天井に貼る雲の文字

雲

出典:神棚の里

 

ちなみに「御神札は毎年交換した方が良い」「御神酒などのお供物も用意」など、細かいルールがありますが、大切なのは「毎日感謝を伝える参拝」だと思います。

 

実際、僕は「造花の榊(さかき=葉っぱ)」「御神札はあまり変えていない」ですが、神様への「毎朝二拝二拍手一拝する」という参拝は、毎日習慣として行っています。

 

そのため、あなたも「継続できる習慣レベル」で対応する感覚で良いと思いますよ♪

 

 

※なお、文章や画像でもイメージが湧かない場合には、以下の動画も参考に使ってください♪

 

■「はじめての神棚-神棚のまつり方-神棚の里」(4分16秒)

お金持ち理解の必須課題図書

目次 8

 

ちなみに補足ですがお金持ちの必須課題図書と言えるのが「金持ち父さん・貧乏父さん」「キャッシュフロークワドラント」「若くして豊かに引退する方法」です。

 

■金持ち父さん貧乏父さん

■金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント

■金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

これらには「ローンを用いた持家は負債である」「自分ビジネスを持て」「MBA取得より戦場に行ってリーダーシップを鍛えるべき」など、一般的に「タブーとされるような話」が満載です。

 

しかしこの本を読んだかどうか?で今後の人生設計が大きく変わってくることは間違いありませんし、経済的安心を得る上で、大きな指針になると思いますよ♪

 

※なお、無料要約動画になりますが、以下のようにYouTubeでも参考情報が上がっているので、購入を躊躇する場合には参考にしてください♪

 

■「金持ち父さん①お金持ちになる手順」(19分51秒)

自分ビジネスの利点

目次 9

 

例えば金持ち父さんの本を読んで驚いたことですが、自分ビジネスの利点はかなり大きいです。

 

もちろんある程度稼げている必要がありますが、「自分ビジネスに必要な出費=経費」として扱えるようになることで、節税能力を獲得できるのです。

 

※「源泉徴収ではなく確定申告」が必要なので、ある程度の収入源になったら「副業OK」「確定申告を自分でさせてくれる会社」でなければ、必要に応じて転職が必要ですが…。

 

 

これは「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

 

会社員と自分社長の場合(年収500万円)

会社員=年収500万円-税金20%(100万円)手取り400万円(欲しいものを買う)

確定申告者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)手取り420万円(欲しいものを買う)

 

このように「経費」という選択肢が会社員以外のフリーランスなどでは使えるようになるので、同じ年収でも手取りが増えるのです。

 

※例えば知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

 

とはいえ経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、税務署に引っ掛かると追加徴税で後から四苦八苦する危険もあるのです。

 

 

しかしいずれにしても、確定申告を含めた税金・節税対策を学んでおくことで、税金面も含めて今後有利な人生を構築できる選択肢を広げられますよ♪

 

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上がお金持ちの家の特徴!4億円豪邸や2億円タワマン内覧経験者が語る外観や玄関・間取りやインテリアなどまとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/

 

【無料配布】ストレス減・収入UP引き寄せ教科書プレゼント&副業術解説

引き寄せレポートEARTH-LEGEND.800
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

副業で月3万円でも稼げるようになりたい…。

副業・起業に成功した人の話や体験談を読みたい♪



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「ストレス浄化&適職発見や副業で稼ぐコツ」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



カウントダウンタイマー

\メルマガ特典&プロフィール/