会社員 向いてない1

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

会社員・社会人に向いてないがどうすれば?社会不適合者の末路例や起業・フリーランスなど会社員以外の生き方を知りたい!」

相談女性1

会社員に向いてない人の特徴は?新卒社員からある程度働いて、社会不適合な性格だと自覚した場合、苦手で嫌いな上司との会議や飲み会、社内での人間関係の悩みや職場ストレスとはどう向き合えば良い?

相談男性2

企業就職してビジネス組織集団の中でサラリーマンとして生きずに、完全在宅リモート勤務やフリーランスエンジニア、副業事業からの独立起業orベンチャー経営成功など、自分で個人主体の環境で仕事する選択肢はありだろうか…。

相談女性2

退職して働きやすい業界に転職して辞める上で、営業などの業務スキルを活かすべきか?適性の高い職業への職種転換して理想のキャリアを追い求めるべきか?日本から脱出して自由な海外移住生活実現などの生き方も考えるべき?

相談男性3

安定から脱出するための毎日の行動ルールや、挑戦する意識を高める対処法は?また、「転職サイト登録」「転職エージェントサポート」などの求人サービスを利用するメリット・デメリットや、相談先を紹介してください。

相談女性3

残業問題解決するために作業効率アップして、無駄な労働時間を削減したり、自分の人生を好きに生きる時代だからこそ、未来をうまくいかせるための目的作りして、興味や趣味からのブログコンテンツ成長などでお金(給与/給料/収入)を投資して稼ぐ方法を知りたい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕も「高校の自殺未遂」「貧乏12年&借金6年」「失業10回」「妹の自殺」など、不幸人生の中で何度も「会社員以外の生き方」を求めて成功した人間なので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

だからこそ、そんな僕が「会社員・社会人に向いてないがどうすれば?の解説及び、社会不適合者の末路例や起業・フリーランスなど会社員以外の生き方まとめ」を具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員以外の生き方を選ぶべき人】

目次

 

諒

ではまずはじめに、会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員以外の生き方を選ぶべき人】についてご紹介していきます。

 

マイペースで協調が嫌いな人

目次 1

 

マイペースで協調が嫌いな人は、正社員に向いてないタイプです。

 

正社員は「組織の歯車として、円滑に業務を遂行する一員」でなければならないので、自分勝手にやりたい人にとっては苦痛です。

 

そのため「自分親方」「一匹狼」「虎や猫のような性格」の人は、正社員以外か?正社員でも自由度の高い仕事を選んだ方が長続きします。

 

人間関係が面倒くさい人

目次 2

 

人間関係が面倒くさい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

なぜなら、正社員は大抵「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いてないからです。

 

もちろん、エンジニアなど「必要最低限しか話さないタイプの職種」もありますが、基本的には「イヤな人がいてもある程度目を瞑れる人」でなければストレス大です。

 

指図されず自由に取り組みたい人

目次 3

 

指図されず自由に取り組みたい人も、正社員に向いてないタイプです。

 

そもそも、世の中には「誰かに言ってもらった事を遂行するのが好きな人」と「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」が一定数います。

 

そして「自分で決めた事を遂行するのが好きな人」は、上司や先輩の指示を受けて行動するのが嫌いなので、正社員は向いてないと言えるのです。

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員以外の生き方がNGな人】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員以外の生き方がNGな人】についてご紹介していきます。

 

周りに合わせて生きるのが好きな人

目次 1

 

周りに合わせて生きるのが好きな人は、正社員に向いています。

 

そもそも、正社員は「全社員一丸となって業績維持・向上に取り組む」ので、周りと協調するのが好きな人にとっては天国と言えます。

 

逆に、僕のように「派手好きで自分らしく生きたい」という人にとっては、地獄とも言えますが…。

 

ルールに守られるのが安心な人

目次 2

 

ルールに守られるのが安心な人にとっても、正社員は向いています。

 

なぜなら、正社員にはすでに決められたレールがあるので、そこに沿っていくことができ「将来設計がしやすい」からです。

 

しかし、僕のように「自分の人生で切り開いていきたい」ようなタイプには、それが合わないんですよね…。

 

人間関係にある程度妥協できる人

目次 3

 

人間関係にある程度妥協できる人も、正社員に向いています。

 

先ほどお伝えした通り、正社員は「40数年同じ仲間と、同じ会社という船で生活し続ける」わけなので、円滑な人間関係が築けない人は向いていません。

 

そのため、多少イラつく人間や肌に合わない人も、我慢・妥協して生きていける人にとっては、正社員は賢明な選択肢と言えます。

 

PDFレポートを今すぐ受け取る♪

引き寄せレポートEARTH-LEGEND.800

下記の内1つでも当てはまるなら、

このノウハウが必ずあなたのお役に立ちます!

  • 今の延長線や将来に不安があるけど、どう行動すれば安心できるか分からない
  • 副業で月3〜5万円でも稼げるようになりたい!叶うなら自由な独立人生も目指していきたい
  • 老後2,000万円問題なんて対応できる自信がない…。今の延長線上で解決できるとは思えない
  • 上司に意見出来ず息苦しいし、人付き合いが面倒…。ガマンばかりの人間関係から解放されたい
  • ブラック企業だし、残業や休日出勤ばかり!プライベートが抑圧されてるのを何とかしたい
  • 「あの頃は良かった…」と過去の楽しかった時がピークで、未来が右肩下がりにしか見えない
  • お金にいつも余裕がなくて、買いたい物や欲しいものを我慢ばかりしている…。


カウントダウンタイマー

\無料メルマガ特典&プロフィールはこちら/

 


会社員・社会人に向いてないどうすれば【社会不適合者の末路例】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【社会不適合者の末路例】についてご紹介していきます。

 

社会人で独り立ち出来ない

目次 1

 

社会人で独り立ち出来ない末路が、一番あり得る末路です。

 

そもそも、社会人といっても「正社員になって結婚して、35年ローンを組んで家を建てて、65歳で定年退職する」といった、旧時代の生き方でなくても構いません。

 

大切なことは「自分で何だかんだ生きていける術を持つ」ことであり、それができればフリーターでもニートでも肩書きはなんでも良いです。

 

 

しかし「親の死や依存先のトラブル=自分の死」に直結している限り「自分らしい幸福」は実現できないので、そこからは一刻も早く脱出してほしいと思います。

 

周りとの隔絶が強くなる

目次 2

 

ニートで引きこもりになると、必然的に周りとの隔絶が強くなるという末路があります。

 

なぜなら「社会人としての自信が育めない」「社会適性がどんどん周りとズレてくる」ので、社会や人間関係が怖くなってきてしまうからです…。

 

そのため、親元から出かけられない対人恐怖症になってしまったり、引きこもり傾向が強くなってしまう恐れがあるのです。

 

生活や健康が不規則になる

目次 3

 

生活や健康が不規則になるという末路もあります。

 

引きこもりニート状態になると「昼夜逆転」「不規則な食生活」などで体調を壊してしまいがちになります。

 

その結果、心だけでなく身体面でも不調をきたしてしまい、将来的には早死にや、医療・介護にお世話になるのが早まったりするリスクがあるのです!

 

将来の選択肢がどんどん減る

目次 4

 

ニート・フリーター共に、将来の選択肢がどんどん減るという末路もあります。

 

なぜなら、日本社会は「高学歴」「若手」「経験豊富」な人材を求める傾向があるので「低学歴&経験未熟」なニート・フリーターが「高齢」になるほど、取り返しがつかないからです!

 

そのため、少なくとも「若いうちに経験を積んで選択肢を広げる」という、学歴以外の選択肢を増やす努力をした方が良いですよ!

 

生活保護などでギリギリ生きる

目次 5

 

将来稼ぐ手段がなくなった場合については、生活保護などでギリギリ生きるという末路もありますが、生きてる分にはチャンスがあると言えます。

 

生きてさえいれば「現状を良くしたい!」と奮い立つチャンスはありますし、日本社会のセーフティネットは優秀なので、頼る先は必ずあります♪

 

 

もちろん「生活保護はあくまで最低限の保証」「世間体が悪い」などの面もありますが、死ぬよりはマシですよ♪!

 

せっかく生まれてきたのだし、あなたは「生かされている価値ある存在」でもあるわけですから、その尊い命を大切にしましょうね♪

 

自殺や犯罪に手を染める

目次 6

 

自殺や犯罪に手を染めるという末路が、一番最悪です。

 

実際僕の妹は、大学時代にうつ病をわずらい、そこから就職活動に取り組むことができず、ニート期間2年を経て自殺しました。

 

理由は「うつ病により社会人化への抵抗が強い」ことに悩み続けた末、煉炭自殺で命を断ちました。

 

 

もちろん「人はいつか必ず死ぬ」のですが、世の中には楽しいことや「生きてて良かったと思う充実感」を感じられるチャンスがたくさんあるのも、また事実です。

 

そのため「今を越えたら、楽しいことも経験できるチャンスがある」という視点は、覚えておいてほしいと思います…。

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスの生き方増加理由】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスの生き方増加理由】についてご紹介していきます。

 

正社員神話の崩壊

目次 1

 

正社員神話の崩壊が最も顕著な正社員オワコン理由です。

 

そもそも、高度経済成長期〜バブル崩壊まで会社員が信望していた「正社員神話三種の神器」といえば「年功序列・終身雇用・潤沢な老後年金」と言えます。

 

なぜなら、この時代は人口増を背景に「国家は右肩上がり」「就活生は金の卵」「24時間戦えますか?」「いつかはクラウン」といった信念で行けたからです。

 

 

その為、その時代は正社員神話も盤石でしたが「バブル崩壊」「人口増から減へ反転」「平均年齢増による高齢者の増加」などで、崩壊が始まりました。

 

終身雇用・年功序列の崩壊

目次 2

 

まず「終身雇用・年功序列の崩壊」を知る上で、過去と現在の「企業寿命」を知っておいた方が良いでしょう。

 

1965年〜2030年の企業寿命推移

企業寿命

※出典:リクルートワークス研究所

 

このグラフから分かる通り、1980年頃のバブル崩壊前までに正社員になった僕たちの両親世代にとっては「企業寿命=30年〜40年」です。

 

つまり「20代に新卒入社して55歳以降に定年退職を迎える」のが成立していた世代では終身雇用・年功序列は機能していたわけです。

 

 

しかし一方で、バブル崩壊後の21世紀(2000年)以降に社会に出た人にとっては「企業寿命=10年〜20年」です。

 

つまり「20代から働き始めて、60代でリタイアする場合」でも、平均2回〜4回は会社にいられなくなる危機が迫るということです(もしくは実際に倒産)

 

これが「正社員入社できれば安泰で、後は会社が保証してくれる」という考えが、僕たち世代に通用しない理由です(公務員などは違いますが)

 

会社員平均年収の低下

目次 3

 

会社員平均年収の低下もまた、正社員のオワコン原因となっています。

 

そしてこの事実を知るために「約20年間の日本の平均年収推移」「日本と世界の賃金上昇率の比較」という二つの指標をご覧ください。

 

会社員平均年収の低下

平均年収

出典:年収ラボ

賃金上昇率

出典:全労連

 

このように、世界の主要先進国はこの20年間で「最低15%(アメリカ)〜最高38%(スウェーデン)程度賃金上昇した一方で、日本は11%低下した」のです。

 

つまりこのままいけば、何も打開策を実施しない限り、今後20年間で「日本はさらに10%以上の収入低下が想定される」わけです。

 

 

そして原因は色々ありますが、日本の賃金低下を引き起こしている諸悪の根源は、以下の通りです。

 

会社員平均年収の低下原因

人材を「コスト(消耗品)扱い」し、内部留保(会社の貯金)を増やす一方で人件費を削ったツケ

非正規雇用の増加・派遣会社という「中抜き組織の増加」

みなし残業労働制などの「無給奉仕」を強いるワークライフバランス崩壊制度施行

変化の早い現代では創造性が大切なのに、いまだに「暗記能力=優秀」の教育指針の為、イノベーション(創造的アイデア)が生まれない

お金や資産を蓄える「お金の教育」が皆無な為、収入UP・資産構築が他国よりショボい

戦後世代が全員「国を豊かにする」という行動を取った上で、次世代が「上と同じことをすればOK」で動き、時代が変わっても現世代に「同じやり方をやれ」と誤った指導を実施

 

これが親世代と同じ価値観で仕事をしても、先行きが悪くなる一方な要因となっており「頑張って働いているのに、収入がどんどん先細る危険」を孕んでいるのです!

 

同一労働同一賃金で特権衰退

目次 4

 

同一労働同一賃金で特権衰退が始まっている点も見逃せません。

 

まず、正社員の残業代に関しては「みなし残業などで、残業がつかない正社員」として働いていた場合、時給換算すると悲惨なケースがあるのです。

 

みなし残業で長時間勤務の場合

年収400万円の例(賞与・みなし残業代含む)

年収400万円÷12ヶ月=月給約33万円

33万円÷22日勤務(土曜日を2回出勤)=日給1万5,000円

1万5,000円÷14時間勤務(残業4h/日)=時給1,071円

 

このように、たとえボーナスを貰って年収400万円でも、残業代なしで22時まで働いている人は、アルバイト並みの時給になっているのです。

 

もちろん月給制には「安定して同額が入ってくる安心感」がありますが、時給換算で見ると時給制の方が良かったりする職場も多いのです。

 

年金制度の衰退

目次 5

 

そして年金制度の衰退も、正社員のオワコン化に寄与しています。

 

そもそも「年金制度の発端」を知れば、現代の年金制度が如何に異常か?が良く分かります。

 

年金制度の発端

1889年=ドイツ帝国初代首相ビスマルクにより開始

当時の平均寿命は45歳ほどであり、65歳まで生きている人は少なかった

 

このように「年金制度は100年前にスタートした制度であり、当時は年金受給者がごく少数で、国の財政負担は少なかった」から機能していたのです。

 

にもかからわず「100年で平均寿命が倍近く伸びた」ので、財政制度として破綻しかかっているのです。

 

 

そのため「正社員であれば、老後は潤沢な年金で安泰」ということはないので、年金頼りの正社員生活はオワコンと言えるのです。

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員の生き方が危険な理由】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【会社員の生き方が危険な理由】についてご紹介していきます。

 

本音が怖くて忖度癖が増える

目次 1

 

本音が怖くて忖度癖が増えるというデメリットが大きいです。

 

なぜなら、正社員はどうしても「社内の歯車」になってしまうので、人間関係や上下関係が歪むことを恐れて、本音が言いにくくなってしまうからです。

 

このように、馴れ合い文化に慣れてしまうと、自分の本音を伝える能力がドンドン退化してしまう為「言われたままに動く操り人形」のようになる人も多いのです。

 

茹でガエルになる可能性アリ

目次 2

 

茹でガエルになる可能性アリというデメリットもあります。

 

茹でガエルとは「最初は暖かい鍋で快適と思っているカエルが、段々高温になり、茹でガエル化して死ぬ」という例え話です。

 

つまり「正社員という快適鍋風呂に入っていたら、段々苦しくなってやがて死ぬ」という意味です。

 

 

実際「会社や上司の言うことを聞いていれば大丈夫」と思って努力や自己研鑽をせず、数年後〜数十年後に倒産やリストラに合い、路頭に迷う人が続出しています。

 

とくに、歴史ある会社や「終身雇用をなんとか維持している会社」ほど、こういった「会社倒産時に命を失う人が多い」という事実があります。

 

そのため正社員を辞めたり、転職する気がなくても「自己投資・自己研鑽」を始めないと、悲惨な未来が待っています…。

 

職場環境に生き方が左右される

目次 3

 

職場環境に生き方が左右されるというデメリットもあります。

 

これは「職業病」と言えるのものですが、人は「環境の生き物」なので、職場環境に自分の性格やクセが染まっていくのです。

 

職業病の例

人事などの評価職=人や物事を“点数評価”で見てしまいやすくなる

接客・販売職やルート営業=人間関係を重視するあまり本音が言いにくくなる

 

このような職業病もありますし、会社の風土によっては「規律を重んじる性格」「ギスギスした体育会系」などに馴染んでしまうこともあります。

 

もちろん「自分の個性に合っている職業病や企業風土」であれば大丈夫であれば、そうでなければ転職や自分で稼ぐ方法を考えるべきでしょう。

 

将来がおおよそ決まってしまう

目次 4

 

将来がおおよそ決まってしまうというデメリットもあります。

 

例えば、僕の場合「10年先輩が小遣い月3,000円(昼食代込み)」という自虐話を聞いた時に、余裕のない未来に絶望して退職した経験があります。

 

 

他にも僕の周りで、勤務後あまりに「会社にいる自分の将来性が絶望的」と思い、転職した例があります。

 

ブラック企業・環境から脱出した例

家族経営の会社で、社長の一存で社員の給料が決まり、自分は有能なのに月給20万円以下の一方で、愛人兼秘書は月給60万貰ってた

転職で年収1.5倍(お菓子メーカー勤務で特許を何個も持っていたので、それを評価されて給料UP)

某大手IT企業の営業マンになったが、土日出勤が当たり前=月残業平均100時間越えで毎日フラフラ

→大企業なので、一定勤続経験を積んだ後に配置転換・異動願いを提出→承認されて埼玉の支店勤務へ

 

このように、現状に甘んじることなく、転職したり異動願いを受理してもらうことによって、ドン底を脱出したケースもありますよ♪

 

適性×の仕事を数十年続ける可能性

目次 5

 

適性×の仕事を数十年続ける可能性というデメリットもあります。

 

なぜなら「せっかく正社員入社した仕事なんだから、我慢してでも続けていかなきゃ」という可能性があるからです。

 

そのため、今の働き方が合っていないのであれば、自分のライフスタイルを見直したり、他の生き方を考え始めた方が良いです。

 

 

実際僕も、雇用形態に限らず「仕事=ムリして辛く苦しいことに取り組んだ対価」と思っていた頃の通信営業マン時代は、本当に毎日が「生きるのに必死」でした。

 

なぜなら「自分に向いてない仕事の極地」で働いていたので、ハンパじゃなく辛く苦しかったからです。

 

 

しかし、適職診断や色々なアドバイスを貰って「自分に本当に向いている仕事」と分かった物書きに転職してから、ムリなく快適に仕事ができるようになったのです。

 

そのため、あなたが「当時の僕」のように「仕事=辛く苦しんだ対価」と思って働いているのなら、仕事と人生の方向性を見直す時が来ているのかもしれません。

 

 

※なお、当サイトで無料配布しているPDFレポートでは、適職診断方法や「お金・人間関係のストレスを減らすコツ」も詳しくサポートしています♪

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなど生き方例】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなど生き方例】についてご紹介していきます。

 

正社員+副業で収益安定

目次 1

 

正社員じゃない生き方を紹介していますが、個人的に一番おすすめなのは、正社員+副業で収益安定という生き方です。

 

もちろん「就業規定には副業禁止」としている会社も多いですが、今後も副業OKの会社は増加の一途を辿るでしょう。

 

 

とはいえ、僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社にいたにも関わらず月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

 

つまり「副業が軌道に乗ってしまえば独立したり、副業OKの会社に転職」「副業を軌道に乗せて起業」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリなのです♪

 

※ただし、年収20万円以上(月2〜3万円)稼げるようになってくると、場合によって会社と税金精査がズレてくる可能性があるので、副業に関しては事前に勉強しておきましょう

 

 

なお、以下のリンク先にて「副業禁止の会社で堂々と稼ぐコツや副業収入申告方法」を紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

副業ブログや情報発信勉強

目次 2

 

僕がフリーランスになるまで会社員と並行していたやり方ですが、副業ブログや情報発信勉強もオススメです。

 

HPを自分で一から作成するのは大変難しいですが、ある程度「整ったパッケージ」も売っていたり「代行依頼」できたりするので、覚えておいて損はないです。

 

もちろん、独学習得して収入源を作るのもアリですし、僕のように会社員として「社会で通用するレベル」まで昇華してから、フリーランス化するのもOKですよ♪

 

起業・フリーランス

目次 3

 

いきなりは難しいですが、会社員として稼ぐ実力を付けてから起業・フリーランスが、選択肢として一番強力です。

 

実際「WEB系のデザイン・ライター」「システムエンジニア」「イラストレーターや物書き」など、フリーランスで生計を立てられる職種は増えています。

 

そのため「自分親方でやっていく方が楽」という自負があるのであれば、フリーランスを目指すために企業で修行して、独立を目指すというのもアリです。

 

 

もちろん、会社員には「退職金」などのメリットも生まれますが、それを十分に払ってくる企業がドンドン減っているという事実もあります。

 

そのため、フリーランスでは退職金こそもらえませんが「経費で節税対策」などの強力なメリットも生まれるので、将来の選択肢にする価値はありますよ♪

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生

目次 4

 

派遣やバイトで仕事以外重視の人生というのもアリです。

 

僕の親族でも「モルディブに行ったら“ここで働かない?”とヘッドハントされて、事務職から転職した」ケースがあります。

 

このように「●●で生きていきたいから、そこで仕事を探して生活基盤を確立する」というケースはあります。

 

 

他にも、僕が工場のライン作業で働いていた時も「劇団がメインで仕事はサブ」「バンド趣味が生き甲斐で、仕事は最低限」という人もいました。

 

このように、プライドさえ邪魔しなければ「仕事より大事な生き方を優先する」という人も一定数いるので、会社員に固定されず風任せに生きるのも一興です。

 

主夫・主婦化で家事専業

目次 5

 

相手を見つけなければなりませんが、主夫・主婦化で家事専業という生き方もアリです。

 

とはいえ「高収入の結婚相手を探して、なおかつ家庭に入る許可を得る」必要があるので、正直ハードルは高いです。

 

しかし、一定数この生き方を実践してる人はいるので「炊事・洗濯・家事・掃除を担う」必要はありますが、現状から脱却する選択肢の一つにはなります。

 

PDFレポートを今すぐ受け取る♪

引き寄せレポートEARTH-LEGEND.800

プレゼント

12年間の自己投資で学んだ「13ジャンル&48種類の引き寄せ教科書」を無料プレゼント

「適職・天職の見つけ方」「長所・得意な事を明確にする為の診断術」「自己肯定感UP=不快なストレス拒否&幸福度UPノウハウ」「不労所得を受け取る為の心理テク」など、工場ライン作業バイトから上場企業の最前線で5年活躍したのちに独立&月収100万不労所得を獲得するに至った「メンタルノウハウ」をまとめたPDF(44,660文字)を無料プレゼントします!

プレゼント

副業で稼げるようになるべき重要性を、自らの体験談を参考とした7日間のメルマガで解説

「会社員は年収増と一緒にストレスが増える理由」「不快な会社環境や人間関係などの現実から離れるべき理由」「自分ビジネスを持つことが自尊心を護る事に繋がる体験談」など、自分ビジネスで稼げるようになるべき重要性7日間のメルマガで解説して行きます!

プレゼント

ブログの始め方〜集客して稼ぐ流れを補足メルマガで解説

「副業禁止企業でもバレないブログ収入対策」「ブログの参入メリット」「初期費用実質無料でブログスタートするコツ」「キーワード選定〜記事の書き方」など、副業で月3〜5万円稼ぐ為のノウハウ補足メルマガで順番に解説して行きます!


カウントダウンタイマー

\無料メルマガ特典&プロフィールはこちら/

 


会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方理念】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方理念】についてご紹介していきます。

 

周りの目を気にせず生きる

目次 1

 

一番大切なことは、周りの目を気にせず生きる信念を持つことです。

 

正社員を外れるなら「20代で正社員、30歳までに結婚、30代前半に子供を授かる、35歳頃にフラット35で家を買う、65歳頃に退職する」というモデルコースはあきらめましょう。

 

その代わり「世界で唯一オリジナルの、自分だけの人生を生きる」という、覚悟と信念を持てば良いのです。

 

 

周りと違うことをするのは正直大変ですし、色んなヤジや批判も飛んでくるので、正直胸クソ悪くなる時もあります!

 

しかし、それを切り抜けるほど「自分だけが歩む唯一のグローリーロード(栄光の道)」が切り開かれていくという面もあります。

 

そのため「働き方・生き方が周りと違う=自分だけの価値ある人生」と思って、道を切り開いていけば良いのです。

 

 

※ちなみに僕は、精神科で「ADHDの疑いアリ」と言われましたが、それ以降「社会不適合者=自分適合者」と名乗っています(笑)

 

人生に最優先事項を持つ

目次 2

 

人生に最優先事項を持つのもおすすめです。

 

働き方は他とは異なりますが、言い換えると「自分らしい生き方の選択肢を持てるチャンス」とも言えるのです。

 

正社員以外でも幸福に生きている人

仕事=夢を追い続けて40代半ばでブレイクし、バイト生活から抜けたお笑い芸人

移住=島暮らしに憧れて、働き先が決まらないまま移住して、ホテルバイトで生活基盤を確立した人

趣味=劇団に所属しており、工場のライン作業でアルバイトをしながらオフの時間を大切にしている人

 

僕はこのように、正社員から外れても幸福に生きている人たちを沢山見てきました。

 

そのため「人生で一番大切にしたい価値観がある」という信念があれば、腹の座った覚悟で生きていくことができるのです。

 

生涯使えるスキルを育む

目次 3

 

個人的に一番大切にしてほしい信念が、生涯使えるスキルを育むという覚悟です。

 

なぜなら「飲食店でNo1の接客表彰を受けたことがある」「WEBライター・コピーライターで1件数万円の対価を貰える」など、使えるスキルを育むほど生活は楽になるからです。

 

 

アルバイトでも「底辺の使い捨て要員」以上の存在になることはできます。

 

そのため「自分は●●の分野で努力してきた誇りがある」というものを持てば、雇用形態に縛られなくても幸福に生きられますよ♪

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方知識】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方知識】についてご紹介していきます。

 

自由は雇用形態の問題ではない

目次 1

 

まず一番覚えておいて欲しいのが、自由は雇用形態の問題ではないという点です。

 

フリーランスでも毎日忙しく忙殺されている人がいる一方で、正社員でも毎日のんびり幸福に生きている人はいます。

 

 

そして、この話で思い出すのが「ホリエモンこと堀江貴文さんの著書・ゼロ」に書かれていた実体験です。

 

 

堀江さんが刑務所に収監されている間、彼の元にはたくさんの「自由になるためにはどうすれば良いですか?」という質問が届いたそうです。

 

つまり「刑務所内の“不自由な人”に、実社会にいる“自由な人”が“自由になるには?”という質問をする」という、あべこべな相談が沢山寄せられていたわけです。

 

この話から分かるように「自由かどうか?は場所に依存するのではなく、心と考え方の問題」ということです。

 

 

そのため、もしあなたも「正社員を辞めれば自由になれる」と思っていたら、堀江さんに相談した人と同じ問題に直面するだけです。

 

そのため、雇用形態ではなく「自分らしく生きるために手に入れなければならないもの」を明確にした上で、生き方を考えた方が良いでしょう。

 

 

※また、そのような「抑圧と不自由引き寄せ」を減らしていくテクニックを、無料提供しているPDFレポートで詳しく解説しています

 

自己管理能力を上げる

目次 2

 

自己管理能力を上げる必要もあります。

 

正社員であれば「育児や介護、自分が倒れてもある程度補償してくれる」など、様々なサポートを会社がしてくれます。

 

しかし、正社員を外れる生き方を選ぶ場合は「健康」「経済」「時間」などを自分で管理できるようになる必要があります。

 

 

この実例でよく言われるのが「タクシー会社勤務の人が、独立して個人タクシーになった途端、時間管理がメチャクチャでスグ廃業する」という話です。

 

つまり、甘ったれた考え方で自由を謳歌しようとすれば、自己責任能力が低くてスグ墜落するのです。

 

そのため、料理や大工といった職人の世界でも「何年〜何十年も有能な方の元で修行をした上で独立する」という過程を辿るのです。

 

 

だからこそ「組織で守られている状態から外れても、しっかりと自己管理して基盤を維持する覚悟」がなければ、正社員を続けた方が良いですよ!

 

※とはいえ「男はつらいよの寅さん」みたいに、風任せプロアルバイターのように生きるなら、それはそれで良いですけどね♪

 

ストック型の経済基盤を持つ

目次 3

 

正社員じゃない生き方を選ぶ上で必須知識とも言えるのが、ストック型の経済基盤を持つという視点です。

 

一般的に「フロー型の経済基盤=年棒/月給/時給」であり「自分の労働時間に対する対価」としてお金を貰う働き方を、ほとんどの人がします。

 

しかし「ストック型の経済基盤」は、以下のような「増やせば増やすほど磐石な経済基盤となるもの」を指します。

 

ストック型経済基盤の例

家賃収入・不動産収入

出版や音楽などの著作権

写真などのストックフォト収入

アフィリエイト収入

Youtubeの広告収入

株や債券などのペーパーアセット

ビットコインなどの暗号通貨

アンティークコインなどの美術品

 

このような「持っているだけで定期的な収入がある」「購入価格よりも将来の売却価格が上がる可能性がある」もののことです。

 

 

他にも、今後の年金・老後問題に対抗する「ウェルスナビ」「NISA」などの「投資サービス」も増えています。(これらも株・債券の一種)

 

これと同様に「正社員として会社に依存せず独立した生き方を構築」するためには「自分から積極的にストック型の経済基盤を持つ」のがおすすめなのです。

 

ストック型経済基盤のバイブル

目次 4

 

 

そしてストック型経済基盤のバイブルとも言えるのが「金持ち父さん・貧乏父さん」です。

 

 

「ローンを用いた持家は負債」「自分ビジネスを持て」「MBA取得より戦場でリーダーシップを鍛えるべき」など、一般的に「タブーとされるような話」が満載です。

 

しかし、この本を読んだかどうか?で今後の人生設計が大きく変わりますし、正社員じゃない生き方を考える上で、大きな指針になると思いますよ♪

 

税金・節税の勉強をする

目次 5

 

税金・節税の勉強をする必要もあります。

 

とくに「源泉徴収ではなく、自分で確定申告を行う」ことで、節税対策という強力な武器が手に入ります。

 

 

例えば「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

 

会社員と自分社長の場合(年収500万円)

会社員=年収500万円-税金20%(100万円)手取り400万円(欲しいものを買う)

確定申告者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)手取り420万円(欲しいものを買う)

 

このように「経費」がフリーランスなどでは使える為、同じ年収でも手取りが増えるのです(会社員でも一定の副業収入があり、確定申告すれば同様の力を得る)

 

※例えば、知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

 

とはいえ、経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、税務署に引っ掛かると追加徴税で後から四苦八苦する危険もあります。

 

 

そのため確定申告を含めた、税金・節税対策を学んでおくことで、税金面で有利な人生を構築できますよ♪

 

会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方方法】

目次

 

諒

では次に、会社員・社会人に向いてないどうすれば【起業・フリーランスなどの生き方方法】についてご紹介していきます。

 

おすすめランキングの順位基準

目次 1

 

まず大前提として、おすすめランキングの順位基準を補足しておきます。

 

不労所得獲得で一番大切なのが「スモールスタートが可能なこと」「リスクが低い状態で失敗できること」です。

 

 

例えばランキング下位ほど「スタート時から多額のお金が必要」「リターンを増やすには、分母(投資金)を増やす必要がある」ものです。

 

一方で、ランキング上位ほど「少額から始めて経験を積める」「会社にバレず、副業経験を積める」ものです。

 

もちろん、「個人の適性や才能」によって選ぶのが一番ですが「不労所得はスモールスタートで」という考え方は、必須ですよ♪

 

スモールスタートが必須の理由

目次 2

 

そして、スモールスタートが必須の理由も補足しておきます。

 

そもそも、いきなり何百〜何千万も金銭的リスクを負うのは「自転車に乗れない人が、いきなり大型バイクに乗る」ようなものです。

 

実際「2輪のバランス感覚」も掴んでいないのに、いきなり180km近く出る乗り物に乗ったら、擦り傷どころでは済まないですよね?

 

 

不労所得はこれと同じで「ビジネススタートと大金消失リスクが一緒の状態」で始めてしまうと、失敗した時に取り返しのつかないことなるからです!

 

大金の例で言えば、店舗開業する人は「美容師」「料理人」「職人」など、どこかで一定期間修行して独立するのが一般的ですしね♪

 

そのため「なるべく少額で始めて失敗経験を積みながら、成功体験を得ていく」のが一番ですよ♪

 

1位/YouTube・ブログなど媒体系

目次 3

 

僕が構築している不労所得領域ですが、YouTube・ブログなど媒体系などが一番おすすめです。

 

YouTube・ブログなど媒体系メリット

無料or低額でスタートできる

多額の支出・借金の必要がない

時間や場所を選ばず自由に作業できる

 

ただし「低リスク」なので、モチベーションが続かずに辞めていく人が多いのも事実です。

 

 

とはいえ「自分の好きor得意なことを情報共有する」「自分の本音を社会に発信する」練習にもなるので、非常におすすめの分野と言えます♪

 

さらに、YouTubeも「自分の思いを人に伝えるプレゼン能力向上」などが見込めるので、顔出しせずに取り組み始めるなど、選択肢としておすすめですよ♪

 

2位/情報商材・NOTE等情報資産系

目次 4

 

同じく僕もやっている不労所得ジャンルですが、情報商材・NOTE等情報資産系もあります。

 

情報商材・NOTE等情報資産系メリット

自分で商材を作成し、値段も自分で決められる

ブログやYouTubeと組み合わせて複合的に売れる

 

これは「単独で有料販売している人」もいますが、僕のように「ブログ×NOTE」や、僕のメンターのように「YouTube×情報商材」というやり方もあります。

 

このように、ブログやYouTubeは「閲覧数に応じて収入を稼ぐ」方法もありますが「商品購入ごとに収入を稼ぐスタイル」もあるわけです。

 

 

しかも、ブログなどで利用できるアフィリエイトは「自分の記事と親和性が高い商品」を売ることになりますが、NOTEなどの情報商材は自分で作れるわけです♪

 

そのため「アフィリエイトで売りたい商品がない」ような場合に、自分で作ってしまえるわけですね♪

 

ただし「自分のノウハウより、有名企業の商品の方が売れるパターン」もあるので、どちらが良いか?は臨機応変に選ぶしかありません。

 

3位/FX・暗号資産など短期投資系

目次 5

 

不労所得とは少々異なりますが、FX・暗号資産など短期投資系もあります。

 

FX・暗号資産など短期投資系メリット

勝てるようになれば、年収億単位まで到達できる

仕組み化・自動化も可能

対人関係の煩わしさがない

 

あくまで「聞いたレベル」でしか語れませんが、FX勝者などには「特定のルールで売買を自動化している人」もいるようです。

 

他にも暗号資産は、株式投資のように「価値が徐々に上昇or急上昇の予想ができた通貨」を買っておいて、差額で利益を得るのが一般的です。

 

 

とはいえ、僕のように「データやグラフが嫌いな人」には向かないですが、勝てるルールを吸収して実践できるようになれば、かなり稼げるジャンルのようですよ♪

 

※もちろん「1日で数十万〜数千万の損益が上下する」など、メンタルが強くないと厳しい世界ともお伝えしておきます。

 

4位/マルチ商法など人脈構築系

目次 6

 

僕も7年間やっていましたが、マルチ商法など人脈構築系もあります。

 

マルチ商法など人脈構築系メリット

実力のあるリーダーの影響を受けられる

コミュニケーション能力を向上できる

 

ただし「一定額の購入がタイトル維持に必要」「所属するチームやリーダーによって優劣がある」など、金銭的・人間関係的なデメリットもあります。

 

 

さらに「成功後もメンバーとの定期的なコミュニケーションが必要」「ねずみ講という違法ビジネスと似ていて、社会的評価が最悪」などもあります。

 

そのため「能力向上・ビジネス能力発展」という意味で見れば良いですが「成功を維持するには人心掌握など努力が必要」な不労所得とも言えますよ♪

 

※なお「インターネットを介したネットワークビジネス」もあるようですが、僕は利用未経験なので割愛

 

5位/企業継承や特許など権利譲渡系

目次 7

 

企業継承や特許など権利譲渡系も不労所得の一つです。

 

企業継承や特許など権利譲渡系メリット

起業継承や譲渡は、数億〜数千億円まで、多額の金銭的還元を得られる方法

特許アイデアは、うまく売れれば、個人でも多額のお金を得られる

 

まず大前提として、会社とは突き詰めれば「書類上の会社登記」という一枚の書類です。

 

 

そして「会社を上場or成長させた後に権利譲渡」したり、株式譲渡して経営権を譲ることで、多額の金銭的還元を受けられます。

 

「ZOZOの前澤社長」が、自己所有株式を含めた経営権をYahoo!に譲渡して、2,400億円が通帳に振り込まれたなどの例ですね♪

 

 

ちなみに、前澤社長は一発大金を得ましたが「創業者が前線を退いて、株式配当だけで生きていく」という早期退職パターンもあります。

 

※また、実はブログにも「サイトM&A」という権利譲渡サービスがあり、キッチリ育てられた物であれば「数万円〜数百万円」で売られていたりします

 

 

そして、これと似た不労所得が特許です。

 

特許とは「自分が生み出したアイデア・技術・商標」を特許庁に申告することで「他の人が同様の物を利用する場合には、売却譲渡orライセンス料を支払う仕組み」です。

 

 

例えば「ソフトバンク創業者・孫正義氏」は、19歳の時に年間250件の特許出願を行い、その中から「電子辞書」のアイデアをカシオに売った結果、1億7000万円を稼いだ伝説があります。

 

このように「自分のアイデアを生み出し、それを護る状況を作る」ことで、不労所得を得るチャンスはあるのです。

 

6位/出版や音楽など知的財産系

目次 8

 

出版や音楽など知的財産系もあります。

 

出版や音楽など知的財産系メリット

才能や好きなことを収益化できる

有名人になれるチャンスがある

 

例えば「五体不満足」でベストセラー作家となった乙武洋匡さんは「600万部=約6億円の印税収入」が入り、20代で「お金のために働く人生」を卒業しました。

 

もちろん「お金のためだけに出版した」わけではありませんが、自己の経験を世の中に届けることで、このような還元を得たのです♪

 

 

他にも音楽では、1993年に220万枚売ったTHE虎舞竜の「ロード」は、高橋ジョージさんの元に翌年・印税収入22億円、2018年でもカラオケ印税などで月収100万ほどと公言されています。

 

このように「自分の才能やセンス」に権利をつけて世の中に販売することで、不労所得構築は可能です。

 

※ただし、出版や音楽は「自分の知名度が上がったり、公人寄りになってしまうデメリット」もあるので、芸能人的扱いがイヤなら辞めておきましょう。

 

株や債券など紙系

目次 8

 

株や債券など紙系を所有するという方法もあります。(紙の資産なので、ペーパーアセットと言います)

 

株や債券など紙系メリット

初心者から低額で参入しやすい

豊富なサービス・投資先がある

 

実際、現在では「高校生に対して株式投資教育必修化」されるなど、株や債券の知識を持つ人は今後増加傾向にあります。

 

 

ただし「不動産と同じく分母を増やすために、多額の軍資金が必要」「配当金還元などの知識やノウハウ吸収が必要」というデメリットも大きいです。

 

もちろん、近年では「アプリで簡単に株式投資を行うサービス」などもありますが、そもそも人任せの仕組みでは「ローリスク・ローリターン」が関の山です。

 

そのため「有名企業の安定株を買う」などもOKですが「今後も応援したいor自分も働きたいと思える創業期企業の株を買う戦略」のほうが、ハイリターンを期待できますよ♪

 

8位/不動産・自販機など土地管理系

目次 9

 

不労所得の一番代表的な例は、不動産・自販機など土地管理系と言えるでしょう。(個体の現物があるので、こちらはハードアセットとも言います)

 

不動産・自販機など土地管理系メリット

不動産投資セミナーなど、勉強会も広く行われている

不動産オーナーは「衣食住」の一角を担う磐石の不労所得なので、得られれば一番手堅い

 

もちろん「更地を貸すだけor最低限整えて駐車場」もありますが、大抵は「建物を建てて家賃収入」「自販機を管理して販売手数料」などになります。

 

しかし、これらは「土地や建物を獲得する多額の軍資金」「自販機は、固定収入を安定的に得るため、設置場所など専門的なマーケティング戦略」が必要です。

 

 

そのため、個人的には「誰もが知る不労所得の一方で、レベルは一番高いジャンル」と思っています。

 

不動産参入時の注意事項

 

ちなみに僕が師匠から受けた、不動産参入時の注意事項は以下の通りです。

 

不動産参入時の注意事項

不動産収益は資産額×5%程度の収益率1億円物件で月収500万円なので、分母を大きくする必要がある

土地の権利所有者が最終決定権を持つので、分譲マンションや一室買いではなく、小さい一軒家でも良いので、必ず土地の権利を獲得すること

収益はキャピタルゲイン(売却益でプラス)ではなく、キャッシュフロー(購入時点でプラス)中心の戦略で選ぶこと

 

僕は不動産関連にはまだ手を出していないので、人によって意見は異なりますが、僕は上記のパターンを参考に行動する予定です。

 

そのため「年収500万円から始める不動産投資」などの謳い文句は、個人的にはやめておいたほうが良いと思っています。

 

 

これは師匠の意見ですが「数百〜数千万円の借金を抱えて、地震や天災の崩壊リスクもある以上、自分にそれを背負える経済的収入が無いと厳しい」という見方です。

 

もっと言えば「年収3,000万円以上で、十分お金が貯まる状態でない限り、不動産投資を僕は勧めない」という言葉が、今でも僕の心に刺さっていますから♪

 

※ただし「自分は不動産や建物が好き!リスクを負ってでも勉強したい!」という情熱があるなら、才能があると思うので止めませんが…。

 

絵画や古銭などの収集品系

目次 1

 

同じハードアセットでも、持っているほど価値が上がる絵画や古銭などの収集品系もあります。

 

絵画や古銭などの収集品系メリット

集めること自体、趣味と実益を兼ねられる

自宅のインテリアを増やすなどの意味も持てる

 

これは「限定品」「生産終了品」など「コレクターがいるのに供給が無いor少ないために、金額が釣り上がっていく」という現象ですね。

 

 

ちなみにこれは「一般庶民では手が出せないような高級品」だけの話ではありません。

 

例えば、僕が「2009年に7万km10万円」で売った「TOYOTA MR-Ⅱ」は、現在同条件で「200万〜300万程度」に上昇しています。

 

MR2

 

必然的に、買取金額が3割程度だったとしても「60万〜90万円」なので、ナンバーを外して実家に10年ほど置いてたなら「50万円〜80万円」の利益を生んだわけです。

 

※他にも「●●年産のヴィンテージワイン」など、飲んだら無価値になる一方で、持っている限り価値が維持されたり、上昇する物もあります♪

 

 

正直に言って、単独で不労所得基盤にするのは難しいですが「金持ちの道楽体験」「集めながら価値が上がること自体を楽しむ」という意味では、おすすめの収集趣味と言えます。

 

※僕も「生産終了&初回限定版などで、プレミア価格が上がっていくトミカ」を集めていますから♪

 

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上が会社員・社会人に向いてないがどうすれば?社会不適合者の末路例や起業・フリーランスなど会社員以外の生き方まとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/

 

【無料配布】ストレス減・収入UP引き寄せ教科書プレゼント&副業術解説

引き寄せレポートEARTH-LEGEND.800
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

副業で月3万円でも稼げるようになりたい…。

副業・起業に成功した人の話や体験談を読みたい♪



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「ストレス浄化&適職発見や副業で稼ぐコツ」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



カウントダウンタイマー

\メルマガ特典&プロフィール/