お金 罪悪感

 

諒

「転職・失業を10回経験」し、「キリスト教(名古屋/東京)・統一協会」にはまり、「ネットワークビジネスなどで1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

お金がないストレスがやばい!病む前にお金が嫌いで怖い罪悪感をブッ壊すコツを知りたい!」

相談女性1

引き寄せの法則を信じた結果は?今は占いを信じる時代だから、宗教の本質と同じ概念を受け入れるべき?その理由や成功体験・経験談を教えて下さい。

相談男性2

ビジネスやお金など経済状態問題(稼げる仕事の転職や副業/失業による貧乏や月収・年収など収入の減/会社起業/宝くじや貯金、証券投資商品購入)は父親との関係性?人間関係(恋愛恋人との復縁/結婚)は母親との関係性が影響してる?

相談女性2

理想の現実を拒否抵抗したり我慢する人生から、安心・快適の人生に書き換える引き寄せ洗脳方法や、自分の潜在意識を好転させる言葉、毎日の出来事を変える現実選択行動など、スピリチュアルレベルアップ生活方法を教えて♪

相談男性3

理想を引き寄せるには悪いネガティブな感情(ストレスや不幸/失敗する不安)や、危険なトラウマ波動の執着浄化&手放すのが必要?メンタルブロックを解除する簡単な叶え方や、セミナー参加おすすめメリットを紹介してほしいです。

相談女性3

ポジティブな自尊心や気分が良い幸福な気持ちの自己感情&理想の願いが叶った時の達成思考や実現心理イメージを作るの?実践効果解説してほしい♪

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕自身も「高校の自殺未遂」からはじまり「10年間の貧乏生活」「6年間のリボ払い漬け生活」「半年間の家賃滞納」「失業保険3回受給」など、お金に人一倍苦しんできたので、あなたの悩みが痛いほど分かります…。

 

 

そのため、あなたと同じような状況を克服した僕が「お金が嫌いで怖いという罪悪感を感じる原因及び解決策を具体的に紹介していきます♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感原因

目次

 

諒

ではまずはじめに、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感原因についてご紹介していきます。

 

お金が減る意識が強い

目次 1

 

お金が減る意識が強いと、お金を使うのに罪悪感を感じやすいです。

 

とくに「節約思考の強い家庭や両親のもとで育った人」は、お金を使うことに強い罪悪感を持っています。

 

節約思考の強い家庭や両親のもとで育った人の例

水道代や電気代など、自分が使う物に対して厳しく躾けられた(電気は必ず消しなさい!/水は少しずつ使いなさい!)

欲しいものを買ってもらったり、やりたい事をサポートしてもらった経験が少ない(ワガママ言わない!/そんな贅沢言わないの!)

 

要するに「自分が出すものはなるべく制限するのが当たり前」という習慣が強く染み付いてしまっている為、大金を払ったりお金を使う事に罪悪感を感じるのです。

 

 

そしてこのタイプは、お金に限らず「水道代や電気代/ゴミ/自分の意見や見解/自分の物音/ファッションなどの自己主張」など「あらゆる外に出すもの」を制限する癖がついています。

 

そのためこのタイプの方は「自分の意思を優先してOK」「お金を使った結果、払った金額以上の価値を受け取る経験」を積み重ねる事で、恐怖感を浄化できます(やり方は後述)

 

お金を稼げないという刷り込み

目次 2

 

一気に減るのが悪いという罪悪感だけでなく、お金を稼げないという刷り込みが原因のケースもあります。

 

これは「お金を沢山貰った経験が少ない人」「お金を豊かに持っている人に触れた経験が少ない人」ほど、お金に余裕がある状態を肯定できないのが問題です。

 

 

例えば僕が「お金は楽に豊かに沢山循環してOKなんだ♪」と理解したのは、以下のような人が世の中にいると悟ったからです。

 

僕が「お金は楽に豊かに沢山循環してOKなんだ♪」と理解した例

使っても使ってもお金が増える一方という悩みを抱えてた富裕層(日本一の大投資家・竹田和平さん)

一般人の半分以下しか働かないのに、ポルシェに乗ってお金持ちな方(心理カウンセラー・心屋仁之助さん)

ホームレス寸前から8年で億万長者(年収1億以上)に成り上がった方(金持ち父さん・ロバートキヨサキ氏)

 

このような方はかなり極端な成功例ですが、実際現実にいる人々ですから、受け入れるしかありません。

 

 

そしてこのような「お金を稼げている方」を知って、以下のような「頭の中の囁き」が聞こえているなら、それがあなたにとっての「お金を稼げない原因」です。

 

お金持ちに対して聞こえてくる頭の中の囁き例

お金持ちはどうせ悪いことしてるんだ!=あなたはお金は悪いことをしないと大きく稼げないと自己評価している

一時期沢山稼げても、どうせ長くは続かないんだ!=あなたは長く安定して豊かな生活を送る資格が自分に無いと自己評価している

お金を稼げる人はごく一部!=あなたは「自分はお金に恵まれない側の人間」という自己評価をしている

人の脳は主語を理解できない

目次 3

 

お金持ちや豊かな人を見た時に出てくる「頭の中の囁き」が問題なのは、人の脳は主語を理解できないからです。

 

別に「年収1億円」「月収100万」「大金持ち」でなくても良いのですが、大切なことは「特定の人物を見た時に、どんな言葉が頭の中で囁かれるか?」です。

 

 

例えば「ブランド物のファッションを着ているカッコいい人」を街中で見かけた時に「カッコいい着こなしだなぁ」と頭の中で囁ける人は「自分自身の着こなしがカッコいい」と自己評価しています。

 

他にも「公園で筋トレやランニングで健康的な人」を見かけた時に「元気で健康的だなぁ」と頭の中で囁ける人は「自分自身が健康的な生活を送っている」と自己評価しているのです。

 

そのため「お金に関して何らかのネガティブな頭の中の囁き」が発生する人は、その囁き自体を浄化することで、お金の引き寄せを加速できますよ♪(やり方は後述)

 

愛されていないという恐怖感

目次 4

 

支出が怖いor収入増に罪悪感を感じる根本的な原因は、愛されていないという恐怖感にあります。

 

例えば僕の場合「小学生はお小遣い月500円」「中学生も月1000円程度」で「何か欲しいものを一つ買うとすぐに金欠になる現実」が続きました。

 

その結果「自分は好きなものを1ヶ月に1個程度」という謎の刷り込みと罪悪感にかかり「爆買いや欲しいものを買う事に異常な抵抗を感じる人間」になったのです。

 

 

ちなみに愛されていないという恐怖感というのは「お金を与えてくれる父親に、1個以上買うと悪い子供として認定される罪悪感」がベースにあったわけです。

 

そのため「小学生時代にミニ四駆で1000円以上の商品を親に買ってもらっていた友達」「中学時代に気軽に外食する友達」にイラついていたのです。

 

父親との関係性が原点

目次 5

 

このように、お金に対する印象を決めるのは父親との関係性が原点にあるのです(家庭の収入の柱がお母さんだった場合は母親との関係性)

 

実際僕がお金との関係性が悪かった時は、親父との関係性自体も良くなかったです。(ハッキリ言って嫌いでした)

 

 

例えば僕がお金との関係性が悪かった時の、親父への印象は以下の通りでした。

 

僕がお金との関係性が悪かった時の、親父への印象例

ハゲ、デブ、クサい、近寄るんじゃねークソジジイ!

頑固で意地が悪くて、こちらの言う事全然信じねーし認めねー偏屈ジジイ!

お小遣いは少ししかくれなかったし、生活の危機など困っていない限り、中々お金や豊かさをくれない

 

今でも思っていないと言えば嘘になりますが、少なくとも「まぁ、そんな親父も受け止めよう」というニュートラルな感情にシフトすることが出来ました。

 

 

そして僕がお金との関係性が改善できた後の、親父への印象例は以下の通りです。

 

僕がお金との関係性が改善できた後の、親父への印象例

大学まで借金無しで通わせてくれた立派な父親

俺を含めた家族が「生活に困る貧困生活」を経験しないように、守り通してくれた立派なサラリーマン

俺が行きたいと言った所(釣りができるキャンプ場/琵琶湖)に連れてってくれた、息子思いの父親

 

このように「経済的な柱だった父親(母親)を認められるようになると、収入が増えたりお金に困る現実が改善される」のです。

 

そのため「父親に対して良い印象がない」のであれば、その点を思い出して改善するのがおすすめですよ♪

 

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感体験談

目次

 

諒

では次に、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感体験談についてご紹介していきます。

 

東京上京で赤字続きだった体験

目次 1

 

僕がお金に対する恐怖を最初に感じたのは、東京上京で赤字続きだった体験です。

 

これは東京上京時に定職が中々決まらず、日雇いバイトをしていた時に、とにかくお金が減る一方だったので食費を切り詰めに切り詰めていたのです。

 

「食事はなるべく100均で買っていました」し「日雇いバイトの帰りに寄ったコンビニで100円チョコを買うか1時間以上悩んだ」のは悔しい思い出です。

 

 

さらに当時はネットワークビジネスで成功したいと思いチームで上京し、週一のチームMTGを品川で行っていました。

 

当然お金がなかった僕はそのMTG初参加で100円サラダを頼もうとしたのですが、リーダーが1500円位するハンバーグセットを頼んだのです!

 

10人ほどいた他のメンバーも晩飯を普通に頼んでいたので「何で俺はこんな所にいるんだ…」と悔しくなり、思わず泣き出した事を覚えています。

 

 

もちろん周りは当て付けで料理を食べていたわけではないですが、僕より先に上京して転職していたメンバーだったので、僕ほどお金に困ってなかったわけです。

 

このようにお金が無かったり不安や怒りがピークに達した瞬間でしたが、お金の大切さや無い時の恐怖が身に染みた貴重な体験となりました。

 

家賃滞納で催促TELの恐怖体験

目次 2

 

24歳既卒で東京上京した時に経験した、家賃滞納で催促TELの恐怖体験もご紹介します。

 

東京上京時に仕事に就いた前後にお金に困ったので、リボ払いを初体験したり家賃支払いに困ったりしました。

 

そして当時入社した事務の仕事が「給料が月中・月末の月2回払い」だったので、家賃支払いを遅れて支払っていたのです。

 

 

そして入居当時は仕事に就いていなかったので、アパート契約時に家賃保証サービス「全保連」に入会しており、そこに遅れた家賃を支払っていたのです。

 

しかし毎回支払いが滞った翌日に「全保連です!全保連です!大島さん、家賃まだ振り込みされてませんよ!」という催促TELが来たのです!

 

ヤクザの取り立てとまでは言いませんが、物凄く高圧的な言われ方をされた上に、当時はビビりだったので、とても怖かった事を覚えています。

 

 

もちろん支払い滞納していた自分が全面的に悪いのですが、あんな恐怖体験はもうしたくないと今でも思っています。

 

親から貰った体験談1

目次 3

 

では次に、親から貰った体験談についてご紹介します。

 

事の発端は事務職を始めてから1年半後に「能力開発研修に25万円ほど払って受講した」時のことです。

 

そこで「起業家を目指すには営業に再チャレンジする必要がある」と気づき、自動車ディーラーを新卒3ヶ月で辞めたのですが、その研修を契機に奮起して営業再転職したのです。

 

 

そして26歳の時に日経グループ系の新規開拓営業に転職成功したのですが、結果として半年でクビになり、次の転職先を探している間にお金が尽きたのです。

 

その時期にお盆で実家に帰ったのですが、イオンのフードコートで泣きながら「お金が無くて転職活動が継続できない」と親に正直に伝えました。

 

結果として両親から20万円を貰い、そこからNTT系通信営業に転職が決まり事なきを得たのです。

 

親から貰った体験談2

目次 4

 

さらにそこから29歳の時にNTT系営業を辞めて起業を志しましたが失敗し、その時もお金が足りなくなり、年末年始に親に催促しそうになりました。

 

その時は結局「祖父が残してくれた30万円が、僕の手元にあると母親との会話で発覚」し、生活費の足しにすることができました。

 

当時は祖父が遺産の一部を孫に用意してくれたいたので、その通帳を貰っていたのですが、定期預金に入っていると知らなかったのです。

 

 

そのおかげで通信系の新規開拓営業に再び就いたのですが、3ヶ月先の存続も危うい劣悪新規開拓営業組織だったので、心が悲鳴を上げて2ヶ月で辞めました。

 

そして身も心も完全にズタボロになり、ネットワークビジネスも辞めて地元名古屋に帰ろうとしたのです。

 

そんな心の内を当時のリーダーや同チームのメンバーに話した所、帰る前にという意図で「スピリチュアルカウンセリング」を紹介されたのです。

 

 

そこで「営業より物書きの仕事に才能がある」「後2年は東京にいて下さい」と言われてWEBライターに転職したのです。

 

その後色々ありネットワークビジネスは卒業したのですが、結局7年いたのに成果0だったので、我ながらブレーキかけ続けたビジネス活動でした。

 

なぜなら心の奥底で評判の悪いビジネスでの成功にブレーキがかかっていたのと、当時は「自分は世界に愛されてない」という思い込みで成果を出せなかったのですね。

 

 

とはいえそのリーダーの導きによりアフィリエイトの素養も伸ばしていくことができ今に至っているので、本当に良い決断とサポートを頂けたと感謝しています。

 

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化例

目次

 

諒

では次に、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化例についてご紹介していきます。

 

毎日贅沢ランチを実践

目次 1

 

毎日贅沢ランチを実践して「自分の楽しみにお金を使う恐怖」を減らしました。

 

当時の僕は「形ある物にはある程度お金を使えるけれど、食事や旅行などの形の残らない物にお金を使う恐怖」を持ち続けていたのです。

 

そのため「毎日500円程度のランチのみ」という生活から、思い切って「毎日食べたいと思うランチを金額制限つけずに食べる」というトレーニングを始めたのです。

 

 

そのような覚悟をした結果、当時の勤務地が「赤坂」という美味しい料理店が沢山ある場所だった利点もあったので、30店舗近くは食べ歩きました。

 

赤坂で食べ歩いたランチ例

日本料理店1=やげんぼり・赤坂店の絶品厚焼き卵ランチ

日本料理店2=赤坂すみやき料理・はやしの自称日本一の親子丼

日本料理店3=天茂の濃厚な魚介類が印象的な絶品天丼

ステーキ店1=炭焼きステーキ・くにのステーキランチ

ステーキ店2=いきなりステーキのハンバーグorステーキランチ

ハンバーガー=可愛いチアリーダーのいるHOOTERSのハンバーグランチ

スペイン料理=モダンカタラン・スパニッシュビキニの絶品ピンチョスや鶏肉ランチ

イタリア料理1=赤坂のチェルバイアの絶品パスタ

イタリア料理2=ぺスケリア・ラ・ルーナ・ロッサの美味しい味付けパスタ

 

これらの経験を経て「自分のためにお金を使うことの楽しさや恐怖感の低減」を実現できました。

 

毎日出社前に寄付活動

目次 2

毎日出社前に寄付活動を行って、お金を払う恐怖感低減訓練もしました。

 

具体的には赤坂勤務時代に「毎日“赤坂日枝神社の賽銭箱”に、小銭を金額を見ないで一掴みして入れる」という習慣を、1年ほど継続したのです。

 

赤坂日枝神社

 

最初は「500円玉が出ていって後悔」するなど、お金に対する執着が多かったのですが、段々どうでも良くなっていったのです。

 

そして募金を継続し始めてから数ヶ月程度経った頃、以下のような見方が出来るようになった自分に気が付きました。

 

募金・寄付を習慣化して見えてきた新しい視点

神社のエスカレーターが動いていたり、キレイな状態を維持できているのは、僕の賽銭寄付も多少は影響を与えている

藤棚がキレイに咲いているのは、僕の賽銭寄付も多少は影響を与えている

 

このように寄付・募金という行為を通して「自分には一切関係ない(と思っている)対象に対してお金を使う余裕が自分にはあり、社会に貢献している」という視野が広がったのです。

 

しかもこの感覚が広がると「見ず知らずの人からプラスのメリットを貰う」「突発的にお金やチャンスをもらうこと」への抵抗感が減るという心理革命も起きました。

 

そのため「寄付・募金」を毛嫌いする人が多いですが、お金に対する恐怖感が減るなど、結局は自分のためにもなるので、やってみるのがおすすめですよ♪

 

 

※毎日神社や仏閣に参拝してお賽銭を入れる以外にも「コンビニのレジ横にある小銭を寄付箱に寄付する」など、身近に寄付するチャンスは転がっています。

 

宝くじやギャンブル体験

目次 3

 

お金に対する恐怖感を減らすために、宝くじやギャンブル体験もしました。

 

これは「お金に対する恐怖低減トレーニング」の一つとして「自分が使ってはいけないと恐怖を感じている対象にお金を使う」というものを実践したのです。

 

 

そして僕の場合は「宝くじやギャンブルにお金を使うなんて、損するに決まっている!そんなのにお金を使うのはアホだ!」という刷り込みを逆手に取ったのです。

 

だからこそ宝くじを買ったりギャンブルにチャレンジしたのですが、その結果以下のような「心理革命」を達成できました。

 

宝くじを買ったりギャンブルにチャレンジした結果

300円で買って3億円が還ってくるなど、自分の支払った代償以上の報酬を得てはいけないという心理的抑圧に気付いて浄化をスタートできた

 

このように僕の場合は「レバレッジ(てこの力)の効いた報酬獲得」に対する恐怖を浄化きました。

 

そして人によっては違和感のあるお金の使い先があるはずなので、そこに挑戦するのがおすすめですよ♪

 

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化術

目次

 

諒

では次に、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化術についてご紹介していきます。

 

収支関係を見直す

目次 1

 

お金への罪悪感を変えるためには、収支関係を見直すのが一番おすすめです。

 

なぜなら「お金に強い罪悪感を抱えている人ほど“お金が減る状況を引き寄せている”」からです。

 

お金に強い罪悪感を抱えている人ほど“お金が減る状況を引き寄せている”例

高額な保険や、あまり必要性の薄い定額サービスに入会している

スマホの通信代を格安プランに移行せず、月額料金が高くて、無駄な出費で生活費を圧迫している

年会費の必要なクレジットカードやポイントカードを何個も持っていて、お金を無駄に減らしている

あまり生産性のない人間関係の飲み会や付き合いに参加して、有意義なお金の使い方ができていない

スマホゲームなどに多額の課金をしていて、なにも見返りのない出費が多い

 

このように「ダラダラお金を使っている浪費対象」を断捨離することで、お金が多く有る事への現実的な罪悪感を減らせます。

 

支出の瞬間を見直す

目次 2

 

支出の瞬間を見直すのもおすすめです。

 

なぜなら「お金を支払った結果、何らかのリターンが等価交換されている」からです。

 

 

例えば「外で外食すれば、美味しい料理や料理する手間を省いてもらった」わけですし「服を買えばファッションセンスの練習や、体温調節サポートをもらった」わけです。

 

つまり「お金が支払えていることで得ているメリット」を理解できることで、精神的な恐怖感を減らすことができ、感謝や満足感が増えるわけですね♪

 

 

そしてこの視点を持つことで「あまりリターンが期待できない浪費」を選別する能力も高めることができます。

 

そのため、買い物する際は「得られたメリットを考える習慣」を作るのがおすすめですよ♪

 

父親との親子関係を見直す

目次 3

 

先ほどもお伝えしましたが父親との親子関係を見直すのが、最もお金への罪悪感を減らすのに効果的です。

 

そのため「お金との関係を改善するコツ」として、特別なワークをご紹介しますね♪

 

父親を褒める・貶す

目次 4

 

先ほどチラッとやってみせましたが、父親を褒める・貶(けな)すことで、お金との関係改善を果たせます。

 

なぜなら「あなたはお金を通して父親を見ている」ので「父親を認めるほどお金が身近に近寄ってきて入ってきてくれる」からです♪

 

ちなみに父親を認めるというのは「キライで嫌な面は拒否!」「好きで尊敬できる面は受け入れる!」という好き嫌いをしっかり表明するということです。

 

 

そして「父親を褒めるor貶すキーワード」は「同じ特徴」からきているケースが多く、そのままあなたが「お金を稼ぐ上で大切とすべきキーワード」にものなるのです。

 

例えば、僕にとっての「お金の印象=父親の印象」は以下の通りです。

 

僕のお金の印象=父親の印象例

自分と大切な存在をしっかりと護り通す漢気溢れる存在

納得いかないことは徹底拒絶して、納得いくまで意地を通し、必ず落とし前をつける信念を貫く漢

存亡の危機には必ず駆けつけてサポートする正義のヒーロー

本当にやりたいことは叶えてくれる、懐の深い存在

 

このように、僕の場合は「頑固で俺のいうことを聞いてくれないからキライ!」「決めたことは絶対貫いて達成するから尊敬!」という「決めた時の覚悟が強烈」という点が「好き嫌いの両面を持っている」わけですね(笑)

 

そのためこのような「父親を認める言葉」が、あなたにとっての「お金を稼ぐ力」にもなるので、ぜひ書き出してみてくださいね♪

 

親からもらったお金を見直す

目次 5

父親を認めるだけでなく、親からもらったお金を見直すのもおすすめです。

 

なぜなら「あなたが生まれてから大人になるまでかかった費用=親からの愛」だからです。

 

 

「毎日の食費」「旅行代」「衣料品代」「学校費用」など、あなたが大人になるまでに「それなりの費用をあなたに投資し続けてくれた」はずです。

 

例え既に離婚していたとしても「養育費」「出産費用」「離婚前までの生活費」など、全く関わり0ということは少ないはずです。

 

※究極的には「あなたをこの世に産んでくれた」という事実はありますしね(笑)

 

 

そのため「あなたが親から授かった投資金」を明確化することで、愛されてきた人生だと振り返ることもでき、お金を引き寄せやすい体質になれますよ♪

 

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化(収入上昇)

目次

 

諒

では次に、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化(収入上昇)についてご紹介していきます。

 

お金は自分のエネルギー量で決まる

目次 1

 

まずお金の引き寄せを成功するには、お金は自分のエネルギー量で決まるという視点が重要です。

 

なぜなら「お金の収入・支出は水や空気と同じ」なので「自分に必要な量を循環させる」必要があるからです。

 

そのため「年収400万円で十分な方もいれば、年収1200万円はないと十分ではない方」もいるわけです。

 

 

しかし「本来年収1200万円分のエネルギーが必要なのに、制限をかけて年収400万円分しか循環していない」と非常に苦しいわけなのです。

 

そのため「自分が呼吸量を減らしたり、飲み水の量を減らして脱水症状になっている状況」が、お金のブロックがかかっている状況であり、それを外す必要があるのです。

 

※ブロックを外さなくても何とかなりますが、苦痛な状況を続けているわけなので「健康が損なわれる」「ストレスが溜まる」など、別の問題が出てきるはずです

 

エネルギーは波動の強さ・高さ

目次 2

 

そしてエネルギーは波動の強さ・高さとも言えます。

 

そもそも人間を含めて万物は「原子という運動している物質の集合体」であり、どんな存在も「特定の周波数=波動エネルギー」を放っています。

 

 

そして「幸福度が高い人(小さなことに感謝できる人)ほど波動が高い位置にある」のに加えて「影響力がある(人気者・有名人・お金持ち)人ほど声がデカい、存在感があるなど波動の幅が広くて大きい(強い)」のです。

 

波動

波動の強さ・高さ

波動が高い+強い=幸福に敏感+現実を変える力が強い(芸能人・悠々自適な引退社長など)

波動が低い+強い=幸福に鈍感+現実を変える力が強い(極道の方・風俗や水商売系の方など)

波動が高い+低い=幸福に敏感+現実を変える力が弱い(田舎暮らしの方、赤ちゃんなど)

波動が低い+低い=幸福に鈍感+現実を変える力が弱い(うつ病患者、不登校児童など)

 

このようになっており「波動が高いほど不必要な支出が減る」「波動が強いほどお金の入る量が多い」わけですね。(波動の高め方・強め方は後述)

 

波動の強い場所に行く

目次 3

 

波動の強い場所に行くのもおすすめです。

 

波動が強い場所とは「一流ホテルや旅館」「ブランドショップ」「美術館や博物館」など、高級な場所や神聖な物が集まっている所です。

 

そしてこのような場所や物は「存在自体が周りを動かす影響力が強い」ので、それらに触れることで「自分も周りに影響を与える力を強くするチャンス」を得られるのです。

 

 

なぜなら波動が強い場所では「波動が強い自分に調節される」ので「波動が弱い自分から波動の強い自分になるためのアイデア」が頭の中に浮かぶのです。

 

実際月収100万を30代前半で達成していた僕の師匠には、口酸っぱく「居心地の悪い、環境の良い場所に身を置きなさい」と言われ続けましたから(笑)

 

 

そして僕はお金が無かった頃に「ちょっと高めのオシャレなカフェに入って、ビジネスアイデアや自分の改善点をノートに書く」ということをしていました。

 

ビジネスアイデアや自分の改善点をノートに書く実践例

カフェ

服装がこの場所にマッチしてないんだよなぁ…。ユニクロじゃなくてリユースでも良いからブランド服集めよう♪

人への意見表明に慣れるため、ブログでも始めてみるか?

お金を稼ぐ勉強をするのに本を読んでるだけでは限界があるな…。この著者の方の講演会に行ってみるか♪

 

このように「波動が強い場所に慣れる為のアイデア」が出てくるので、それを得るためにちょっと敷居の高い場所に触れるのがベターですよ♪

 

波動の高い自分を認める

目次 4

 

波動の高い自分を認めるために、自分で自分を褒めるミラートレーニングに取り組むのもおすすめです。

 

なぜなら波動の高い自分を認めることで「幸福度の高い場所や状態を受け入れやすくできる」からです。

 

 

そしてミラートレーニングとは「鏡を通して自分の目を見て自分で褒める」というトレーニングです。

 

聖書にも「汝の主なる神を愛せよ、そして汝を愛するが如く隣人を愛せよ」と書かれているように、自分(という神様)を愛した分だけ、周りの人も愛せると書かれています。

 

 

つまり「自分を褒められる人は、周りの人を褒められるし、自分で自分を褒められる自己肯定感の高い、幸福度の高い人」になれるのです。

 

ちなみにミラートレーニングは最初こそ恥ずかしいですが、慣れてくると自然に自分を褒められるようになり、肝の座った人間に成長していくことができます。

 

そして参考として、僕がヘアスタイルをセットしている時に自分にかけている言葉(ミラートレーニング)をご紹介しておきます。

 

ミラートレーニング例

目次

清潔感があってオシャレでいつもカッコいい♪

自信と誇りに溢れていて、仕事もバッチリできて尊敬だ♪

笑顔がステキで引き寄せ上手だし、イヤなことは怒って拒絶してくれるし、喜怒哀楽の表現が本当に豊かで影響力があってありがたいよ♪

 

このように、言葉は「今の自分を鏡で見て、肯定的に褒められる言葉」が浮かんだらなんでも良いです。

 

とはいえ今でこそ100個くらいは自分を褒められる僕ですが、最初は「歯が全部虫歯じゃなくてスゴイね…。」くらい変な褒め方だったので、やりながらレベルアップしていくしかないですよ♪

 

寄付や神社・仏閣参拝

目次 5

 

寄付や神社・仏閣参拝を行うことで「自分の存在価値を高める」「価値あるお金の使い方を育む」のもおすすめです。

 

なぜなら「寄付を実践・継続することで、お金を生き金(投資)にする経験」を育めるからです。

 

 

例えば僕は、赤坂勤務時代に「毎日“赤坂日枝神社の賽銭箱”に、小銭を金額を見ないで一掴みして入れる」という習慣を、1年ほど継続したのです。

 

赤坂日枝神社

 

最初は「500円玉が出ていって後悔」するなど、お金に対する執着が多かったのですが、段々どうでも良くなっていったのです。

 

そして募金を継続し始めてから数ヶ月程度経った頃、以下のような見方が出来るようになった自分に気が付きました。

 

募金・寄付を習慣化して見えてきた新しい視点

神社のエスカレーターが動いていたり、キレイな状態を維持できているのは、僕の賽銭寄付も多少は影響を与えている

藤棚がキレイに咲いているのは、僕の賽銭寄付も多少は影響を与えている

 

このように寄付・募金という行為を通して「自分には一切関係ない(と思っている)対象に対してお金を使う余裕が自分にはあり、社会に貢献している」という視野が広がったのです。

 

しかもこの感覚が広がると「見ず知らずの人からプラスのメリットを貰う」「突発的にお金やチャンスをもらうこと」「お金を稼ぐこと」への抵抗感が減るという心理革命も起きました。

 

そのため「寄付・募金」を毛嫌いする人が多いですが、お金に対する嫌悪感が減るなど、結局は自分のためにもなるので、やってみるのがおすすめですよ♪

 

 

※毎日神社や仏閣に参拝してお賽銭を入れる以外にも「コンビニのレジ横にある小銭を寄付箱に寄付する」など、身近に寄付するチャンスは転がっています。

 

風水のサポートを得る

目次 6

 

風水のサポートを得るのもおすすめです。

 

なぜなら「お金の金運UPを実践することで、お金の循環を良くできる」からです。

 

例えば僕の場合「パワーストーンを日常で装備」「西向きに金色の物を置く」などを実践して、自分と部屋を金運UPパワーで満たしています♪

 

これをやることで「自分は金運に恵まれている」という習慣を手に入れることができ、収入UPや臨時収入を引き寄せる原因を作ることができるのです!

 

携帯番号下4桁を変える

目次 7

 

琉球風水志・シウマさんが提唱する「数意学」の開運方法ですが、携帯番号下4桁を変えるのもおすすめです。

 

僕の携帯番号下4桁変更例

変更前(12)=家族間のトラブル・努力は続くが挫折・不安定・金銭的な自己犠牲

※12の時の僕=転職・失業10回(不安定)、両親とのケンカが絶えない(家族間トラブル)、自己投資1000万が報われず(金銭的な自己犠牲)

変更後(24)五大吉数=成功・直感・健康・最強の財運

※24の後の僕=アフィリエイト月収100万円達成(成功)、不要な支出の徹底削減成功(直感)、筋トレの習慣化開始(健康)

おすすめの五大吉数

15=美・健康・名声・魅力・人脈・家庭・人気・金運など、女性におすすめ

24=財運・健康・恋愛・成功をもたらし無から有を生む、起業家などのお金に関する願望成就におすすめ

31=才能・運・気立ての良さ・繁栄を運んで来る、良妻賢母を目指す方におすすめ

32=出会いやチャンス運を高め、幸運が連鎖する、運気UPにおすすめ

52=先見性やアイディア力を高める上、華がある仕事に向くため、芸能関係やクリエイターの金運UPにおすすめ

 

このように僕自身も驚くくらいに、人生の引き寄せ好転に影響を与えてくれたので、今後も「24を携帯番号下4桁に維持する人生」を続けていく所存です♪

 

※なお「携帯番号を変更しなくても、待ち受け画像内に望む数字が見えるようにする」のも、同様の効果があるとのことです。

 

24 数意学

黄金画像の待ち受け化

目次 8

 

携帯番号下4桁や待ち受け画像に数意学番号を加工して追加するだけでなく、黄金画像の待ち受け化もおすすめです。

 

なぜなら「黄金とはお金の象徴であり、富・富裕の象徴」なので、それを受け入れるためには黄金に慣れる必要があるのです。

 

実際僕もお金に恵まれなかった時には、なぜか黄金色をとても避けていた位でしたから。

 

 

そのため会社員時代には仕事机に「黄金の筆入れ・ハサミ・貯金箱・招き猫・カード」を置いて、黄金だらけにしていました。

 

部長や周りのメンバーからは「ヤバイ奴になった」とイジられましたが、「そうです、億万長者になりたくて」と切り返してましたから♪

 

※ちなみに目次から随所に黄金の画像を使っているのは、このサイトを見てくれた人の金運UPを願ってのことです。

 

自分より稼いでる人と一緒にいる

目次 9

 

自分より稼いでる人と一緒にいるのも、お金の引き寄せ収入UPに効果的です。

 

なぜなら自分より稼いでいる人は、自分と違う考え方や行動をすることが多いので、それを吸収するチャンスが手に入るからです。

 

 

例えば僕が年収300万〜400万円だった時代に、年収2,000万円近かったネットワークビジネスのメンターと一緒にいた時のことです。

 

その人は飯を食べる時に、一番最初に好きなものを食べるという習慣を持っていたのです。

 

当時僕は好きなものほど後に取っておく癖を持っていたのですが、成功者ほど好きなものを先に手に入れる思考なんだと学んだ記憶があります。

 

 

そして他にもやるべきことやアイデアが出たら、スグに自分のカレンダーに落とし込んで忘れるというやり方もしていました。

 

当時僕はタスクを頭で覚えて、記憶頼りで仕事していたので、新鮮なやり方に見えたのです。

 

 

なぜならメンターは「頭は覚えるためではなく、アイデアを生み出す為にある」と言っていて、記憶に頭を使っていなかったのです。

 

そして僕も今では同じように「覚えておくというのはスマホやメモ帳に任せて、脳は空っぽにしてアイデアを生み出す」という習慣を真似するようになりました。

 

もちろん身近に成功者がいなければ、YouTube動画で「堀江貴文さん」「前澤友作さん」「与沢翼さん」「本田晃一さん」などの話を聞くのもオススメです。

 

お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化(支出削減)

目次

 

諒

では次に、お金がないストレスがやばい!お金が嫌いで怖い・病む罪悪感浄化(支出削減)についてご紹介していきます。

 

波動の低い自分を許す

目次 1

 

無駄な散財やストレスによる浪費を減らすためには、波動の低い自分を許すのがおすすめです。

 

なぜなら波動の低い自分を許すことで「幸福度の低い人間関係や、理不尽な現実を拒絶しやすくなる」からです。

 

 

そして波動の低い自分を許すためには「インナーチャイルドを癒す」ことで実践できます。

 

ちなみに「インナー(内側の)チャイルド(子供)」とは、スピリチュアルで言われる「トラウマを持った時に傷つき、今でもあなたの中で成長できない状態の子供」を指します。

 

このインナーチャイルドが傷ついた状態だと、特定の状況下(トラウマを思い出すシチュエーション)になると、何らかのネガティブな引き寄せや現実を引き起こすのです。

 

 

例えば僕の場合はインナーチャイルドの傷を癒すまで、以下のような無意識の反応をしてしまっていました。

 

僕がインナーチャイルド問題で無意識に反応したトラウマ

父親に理不尽に怒られて自殺未遂してから、人に意見を言えなくなった→人や組織に自分の意見を言った後、電車に飛び込みそうになったり高い所から飛び降りそうになった

母親に手足を縛られて反省させられたトラウマから、女性に何も言えなくなった→理不尽な女上司に3回も出会い、パワハラを受け続けた

 

このような現象に何回も直面して死にそうになりましたが、インナーチャイルドを癒してなんとか克服できました。

 

 

ちなみにインナーチャイルドを癒す上で手っ取り早いのが「寝ている間にインナーチャイルドを癒す音楽をかけて寝る」というものです。

 

僕はこのやり方で「イヤなことに対して堂々と拒絶できる状態」を確立できたので、ぜひやってみてくださいね♪

 

※なお、以下の動画の音楽をかけっぱなしにして僕は寝ていますが、あなたに合う「インナーチャイルド 癒し 音楽」を探すのもアリですよ♪

 

■「眠りながら聴くだけで心の傷、インナーチャイルドが癒され翌朝スッキリ」(1時間3分)

汚い言葉や情けない行動を許す

目次 2

 

波動の低い自分を許すためには、汚い言葉や情けない行動を許す必要もあります。

 

そしてこれは、僕が自己啓発書を始め「1000冊」近く読んできた中で、以下の3冊の本に書かれていた内容から真理を学びました。

 

僕が衝撃を受けた本

 

真理=成功者の本(とくに自伝)で言われている“良いことをしなさい”“徳を積みなさい”と言っている方は、大抵昔ヤンチャという“悪いこと”をしてきた裏打ちがある

 

 

真理=親不孝をする・ワガママを言う・自分勝手に生きる

 

 

真理=お金を引き寄せる秘訣は「甘える・たかる・ねだる・せびる」だ!ね〜ね〜もっと僕にお金ちょうだ〜い(笑)

 

要するに「世の中的に評判が悪くても、自分がやりたい事を優先する経験」が大切と言うことです。

 

もちろん「人を殺す」「突然見ず知らずの人を殴る」など、明らかに「人の道に外れたこと」はNGです!

 

 

しかし以下のような行動は、波動の低い自分を許す事にも繋がり、波動を強くできます。

 

波動の低い自分を許す例

臭い場所に行ったり匂いがしたら、素直に「おい、くせーなー」と本音を吐露する

親にお金をたかってみる、愛をくれと甘えてみる(金くれよ〜、美味しい物食わせてくれよ〜)

イヤな人間関係に対しては、素直に「うざいですよ?」「理不尽ですよ?」「アホですか?」「クソジジイ・クソババア」と言う

心が欲したならば、何もしたくない日はぐーぐー寝続けたり、体に悪いポテチを食べまくるなど「体や心に良くないことも素直に実践する」

 

とくに波動の強い人は、こういった「ネガティブな感情や行動・発言」も抵抗なく表明できるのです。

 

 

そして「波動が強い+波動の高い人」は、単純に「波動が高い中だけで生活している」だけで、波動が低い場所に行けば、暴言やキツい言葉もするっと出ます(人当たりの良い方が普通に極道映画に出演してるなど)

 

このように「不快な事には不快な発言や行動で対処する力」を育む事で、自分の人生から「不快な出来事」を切り離していけたり、波動を強くできるのです♪

 

身の回りの物を買い替える

目次 3

 

現実的に波動の低い状態を拒否するには、身の回りの物を買い替えるのもおすすめです。

 

なぜならお金の引き寄せを強化していくと「今までのセルフイメージに合わない、波動が合わなくなった(低い)物を手放す」というイベントが発生するからです。

 

 

例えば僕は「事務職から営業職に転職して年収が1.5倍ほどUPした時」は「カバン・小物など身の回りの物」をグレードアップさせました。

 

なぜなら「30代前半で年収1,000万円越えしていた師匠」の影響を受け続けていた上に、上場企業営業職になった時に「自分の今までの服装や持ち物がショボく見えた」からです。

 

 

さらに「WEBライターから月収100万円アフィリエイトブロガーになった時」は「長年連れ添ったルイヴィトンの財布」を手放しました。

 

なぜなら「財布の値段×200倍の法則」というのがあるのですが、月収100万円達成によって「月収100万円達成を願掛けしていた財布を手放すイベント」が発生したのです!

 

財布の値段×200倍の法則

目次 4

 

ちなみに財布の値段×200倍の法則も補足しておきます。

 

財布の値段×200倍の法則

財布の値段×200倍がその人の「稼げる年収or稼げるようになる未来の年収の上限」

僕の例「ルイヴィトンボルトフォイユブラザタイガ約6万円後半」×200倍=1200〜1400万円程度

 

このような法則があるのですが、これを実際に達成できたという心理状況が整った時に「あぁ、もう財布買い換えないとなぁ…。」という気持ちになったのです。

 

 

例えば「新しい恋に前向きに動き出す前には、元恋人を思い出す写真やプレゼントを手放す」という心理行動があります。

 

それと同じで、お金や年収UPの時には「今まで(過去)の自分に紐付いた持ち物を手放し始める」という心理行動が始まるわけですね♪

 

 

しかも財布とは「お金の納まる安心安全宿屋orホテル」なので「財布が汚かったり、レシートなどでパンパンな人ほど散財体質」「財布が安い人ほど低所得」の傾向があります。

 

※実際僕も「ルイヴィトンの財布を買うまで、知り合いの方にもらった値段不明の財布(多分数千円〜1万円)」を使ってる時は、年収240万円でしたから…。

 

 

そのため、もしあなたが「安い財布」「汚い財布」を使っているのであれば、お金の引き寄せを強化するためにも、多少背伸びした値段の財布を新調するのがおすすめですよ♪

 

※頭の中で「自分にそんな高い財布を買うのはもったいない」と囁くのであれば、その囁きこそが貧乏状態の原因です!

 

お財布を綺麗に整える

目次 5

 

お財布を綺麗に整えるのもお金の引き寄せに大変効果的です。

 

なぜなら先ほどもお伝えした通り、お金にとってお財布は「ホテル・旅館」なので、綺麗なほど喜んでもらえるからです。

 

 

あなたも旅の宿泊先が汚かったら、気分が下がるし二度と行きたくないと思ったりしませんか?

 

それと同様にお金にとっても、あなたの財布は旅をして来た先の「宿泊先」なので、綺麗にしておくに越したことはないのです。

 

具体的には「ある程度値段の張る良い財布を持つ」「割引券や会員権・レシートなどはため込まない」「小銭とお札入れは分ける」などです。

 

 

良い財布を持てば大切に扱いますし、レシートなどはため込むほど見た目も汚くなります。

 

さらに風水的に「小銭=金」「お札=木」と属性・特徴が違うと言われており、バッティングすると言われているので分けた方が良いです。

 

水回りを綺麗にする

目次 6

 

お金周りに関する風水で有名な話でもありますが、水回りを綺麗にするのもオススメです。

 

お金回りは水回りに繋がるという事で、トイレや風呂が汚かったり詰まっているとお金回りも悪くなると言われているのです。

 

 

実際お金は水と同じく、入ってきて出ていくというプロセスが全く同じであり、生活に必要不可欠なライフラインである事に変わりありません。

 

しかも、お金が出ていく時にネガティブな感覚を持っている人ほど、トイレや風呂の汚い家に住んでたりします。

 

そのため水回りの清潔さはお金回りの清潔さに直結すると思って、意識するのがオススメです。

 

 

実際「CoCo壱番屋の創業者・宗次徳二さん」「アースホールディングス創業者・國分利治さん」などは、店舗巡りで必ずトイレチェックすると言います。

 

そして売り上げが良い店舗ほど水回りを綺麗に出来ているという持論を持っていることからも、この事は真理だと確信しています。

 

アファメーション音楽・動画を聞く

目次 7

 

アファメーション音楽・動画を聞くのもオススメです。

 

先ほど「ネガティブな感情を減らすインナーチャイルド動画」をおすすめしましたが、アファメーション動画とは「毎月100万円入ってくる」などの言葉を聞き続けられるものもおすすめです。

 

実際自分が「それは相応しくない・無理」と思っているような数字を聞くのは、とても抵抗感を感じる物です。

 

 

だからこそそういったアファメーションを聞き続けることで、「自分がそれくらいお金をもらっても良いのでは?」と価値観を変えていくことができるからです。

 

実際「月収100万円 アファメーション」などと検索することで、それに該当する動画を見つけることができますよ♪

 

 

さらにアファメーション以外に「ソルフェジオ周波数」を聞くのもオススメです。

 

「ソルフェジオ周波数」とは、特定の音域を聞き続けることで「トラウマの浄化」「高次の目覚め」など、メンタル浄化に役立ちます。

 

ソルフェジオ周波数

174hz 意識の拡大と進化の基礎

285hz 多次元領域からの意識の拡大と促進

396hz 罪の意識や恐怖からの開放

417hz 変化に挑戦する心、知性

528hz 無限の可能性、DNAの修復、奇跡

639hz 人間関係の向上

741hz 問題を解決する力、表現力の向上

852hz 直感力の覚醒

963hz 高次元、宇宙意識とつながる

 

それらを聞くことでメンタルが変わってくるので、ぜひ聞いてみることをオススメしますよ♪

 

\【起業】失敗したら悲惨な地獄?その後の末路関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上がお金がないストレスがやばい!病む前にお金が嫌いで怖い罪悪感をブッ壊すコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【引き寄せの法則】信じた結果は嘘?関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪