ブログ タイトル例

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

男性相談1

ブログ記事タイトルの決め方例は?1位獲得テク・アイデア集めのコツを知りたい!」

相談女性1

副業初心者が記事を書く上で、具体的なSEO対策や読者に刺さる文字数&ネーミング用言葉など、サイト運営テーマの決め方や書き方ポイント、メリット・デメリットを紹介してください。

相談男性2

検索エンジンに沿った記事の書き方やユーザーを集客してアクセスアップ&アフィリエイトのクリック収益を高める為の重要なステップ対策を知りたいです♪

相談女性2

ワードプレスの作り方やおしゃれでインパクトのあるテンプレートデザイン&プラグイン&アイキャッチ用画像サイトなど、ツールのインストール&使い方や設定方法は?

相談男性3

コンテンツ要素のキャッチフレーズを決める人気・有名ノウハウや、魅力ある文章のコピーパターン実例&参考例、数字やデータ事例を軸としたマーケティング知識などを知りたい♪

相談女性3

ブログマーケティングで重要な、ターゲット個人のベネフィット(利益)を意識したルールや、信頼を獲得するプロフィール、稼げる目次構成&カテゴリージャンル&ディスクリプション作成などのテクニックは?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「WEBライターとして社会人経験2年」「ブログ・アフィリエイト歴5年」「アフィリエイトブログにて月収100万円」を達成してきたので、初心者向け体験談をシェアできます♪

 

だからこそ、そんな僕が「ブログ記事タイトルの決め方例及び、1位獲得テク・アイデア集めのコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

ブログ記事タイトル例【決め方参考例】

目次

 

“諒”

ではまずはじめに、ブログ記事タイトル例【決め方参考例】についてご紹介していきます。

 

32字〜40字程度がベスト

目次 1

 

32字〜40字程度がベストです。

 

なぜなら「ブログトップページが検索エンジンに表示できる最大数」がこの辺りだからです。

 

ただし、Googleの方針によって前後することもあり「30文字以内」「50文字以内」など、複数の案が常時出ています。

 

そのため、文字合計数はあくまで参考であり、それよりも「魅力的なタイトル付け」「SEOキーワードを意識したタイトル」にするのがベターです。

 

検索キーワードは左に寄せる

目次 2

 

また何よりも、検索キーワードは左に寄せる必要があります。

 

これは、主に二つの理由から必要な対策です。

 

検索キーワードを冒頭に寄せる理由

1.検索ユーザーに目的のキーワードが入っているとスグ認識してもらうため

2.キーワードが遠い場合において、Googleアルゴリズム未認識リスクを回避するため

 

このような観点から、検索キーワードを冒頭に寄せたほうが良いのです。

 

例えば「転職サイト おすすめ」というキーワードを扱う場合で解説すると、以下の通りです。

 

検索キーワードを冒頭に寄せる理由

転職サイトのおすすめ10選!口コミで評判のHPランキング

転職サイトはどこが1番便利?口コミで評判のおすすめHPランキング

 

このように書いてしまった場合、遠すぎると検索エンジンに認識してもらいにくいので、なるべく冒頭に寄せておいたほうが賢明です♪

 

感情・共感語を入れる

目次 1

 

感情・共感語を入れるのはおすすめです。

 

なぜなら、検索ユーザーが求めているのは「読んだ後に現実を変えるきっかけになる未来像や、その後の感情」です。

 

そのため、タイトルに「現状感じている感情や共感語」「記事を読んだ後に手に入れたい感情や共感語」を加えることで、検索ユーザーに訴求しやすくなるのです。

 

感情や共感語を入れた記事タイトル例

パワハラ上司のかわし方!経験者が語る快適な仕事人生をゲットするコツ

パワハラ上司が本当に苦手!経験者が語る安心な職場生活を創るためのかわし方

数字・英語・カタカナを使う

目次 2

 

記事タイトルにメリハリを付けるため、数字・英語・カタカナを使うのもおすすめです。

 

数字・英語・カタカナを使うor使わない例

パワハラ上司のかわし方10選!経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

パワハラ上司のかわし方!経験者が語る仕事人生を獲得する為の完全攻略技術大全

 

このように、漢字と平仮名だけだと重たい印象になりますが、数字や英語やカタカナを入れることでリズムを生むことができ、読みやすくなるのです。

 

記号で文章を区切る

目次 3

 

記号で文章を区切るのもおすすめです。

 

記号で文章を区切るor区切らない例

パワハラ上司のかわし方10選として経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

パワハラ上司のかわし方10選経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

 

このように「!・?」などの記号で区切らないと、最後までメリハリなく読み続けることになるので、ちょっと疲れてしまうのです。

 

そのため、記事タイトルを記号で区切って前・後編扱いにすることで、パッと見て最後まで読みやすいものにできるわけですね♪

 

理由・方法・成果を伝える

目次 4

 

理由・方法・成果を伝えることで、明確な読後イメージを検索ユーザーに与え、クリック誘導するのもおすすめです。

 

「タイトルで記事内容を匂わせるテクニック」もありますが、シンプルに「具体的な内容を記事内で紹介します」というテクニックですね♪

 

理由・方法を伝えるor伝えない例

パワハラ上司のかわし方!経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

パワハラ上司のかわし方!無視する・異動・退職など具体的なノウハウまとめ

 

このように「検索ユーザーが求めている答えを記事タイトルで伝える」ことで、具体的な誘導を促すわけです。

 

例えば、このやり方で有名な本が「あなたの会社が90日で儲かる!」です。

 

これは「日本の中小企業利益UPに多大な貢献を果たすマーケター・神田昌典先生」が出版した、大ベストセラー本です。

 

これで「本を読めば会社が90日以内に儲かるんだ♪」という成功イメージを読者に伝えた参考例と言えますよ♪

 

自分の実績・経験を伝える

目次 5

 

自分の実績・経験を伝えるという方法もおすすめです。

 

なぜなら「記事に対する権威性・信頼性を検索ユーザーに訴える」ことができるからです。

 

自分の実績・経験を伝える例

パワハラ上司のかわし方!成功経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

 

このように「自分の悩みを解決した人の記事」と伝えることで、クリック率を高められるのです。

 

そもそも、何か悩みを抱えたら、それを乗り越えた経験者の話を聞きたいと思いますよね?

 

その心理を突くような「自分も未来を良くできる有益なアドバイスがもらえる♪」という表現方法も、有効な記事タイトルの一つと言えるのです。

 

楽さ・簡単さを伝える

目次 6

 

楽さ・簡単さを伝えるという方法もおすすめです。

 

これに関しては「記事を読む楽さ」「記事の内容を実行する簡単さ」の2通りの魅せ方があります。

 

楽さ・簡単さを伝える例

パワハラ上司のかわし方!3分で読めるHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

パワハラ上司のかわし方!誰でも努力不要でHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

 

過度に盛るのは辞めたほうが良いですが、誰しも「楽に苦痛少なくメリットを得たいという心理」があるので、そこに影響を与えるのはアリです。

 

そのため「検索ユーザーが重く考えている部分を、なるべく負担がないと伝えてあげる」ことで、クリック率を高められるのです♪

 

情報の網羅性を伝える

目次 7

 

情報の網羅性を伝えるという方法もあります。

 

1番の網羅性を伝える例

パワハラ上司のかわし方10選!経験者が語るHAPPYな仕事人生をゲットするコツ

 

検索ランキングをパッと見たときに「3選」「5選」「10選」と並んでいたら、自分の記事がたとえ3位でも、「10選までは見てみよう」と思う人を増やせます。

 

もちろん、それに応じて文章量や話の数を増やす必要がありますが、上位表示底上げも期待できます。

 

そのため、様々なパターンが思いつく記事に、これを取り入れるのはおすすめですよ♪

 

共起語上位の単語を使う

目次 8

 

僕が良くやる方法ですが、共起語上位の単語を使うのもおすすめです。

 

共起語とは「検索上位の記事が多用している共通キーワード」であり、検索キーワードに関連して検索されることの多い単語を意味します。

 

例えば「パワハラ上司 かわし方」で検索する方は、他にも「退職」「転職」「異動」「無視」などのキーワードも探していたりします。

 

必然的に、これらのキーワードが入っている記事ほど「権威性が高い」と認められて、上位表示される傾向があるのです。

 

そのため「記事タイトルには、なるべく共起語上位の単語を入れる」ことで、検索ユーザーの心に響く文章を作れますよ♪

 

※ただし、共起語を把握するには「専門の選定ツール」が必要となるので、以下の記事にて合わせて参考にしてください♪

 

まとめ
  • 32字〜40字程度がベスト
  • 検索キーワードは左に寄せる
  • 感情・共感語を入れる
  • 数字・英語・カタカナを使う
  • 記号で文章を区切る
  • 理由・方法・成果を伝える
  • 自分の実績・経験を伝える
  • 楽さ・簡単さを伝える
  • 情報の網羅性を伝える
  • 共起語上位の単語を使う

ブログ記事タイトル例【決め方注意点】

目次

 

“諒”

では次に、ブログ記事タイトル例【決め方注意点】点についてご紹介していきます。

 

検索意図と不一致なタイトル・内容

目次 1

 

検索意図と不一致なタイトル・内容が、一番やりがちです。

 

なぜなら「そもそも検索上位を獲得できない上に、1位を獲得しても、クリック確率が下がる」からです。

 

例えば、僕はブログを始めた当初「検索キーワードと内容が全く一致しない記事&本文」を量産していた時期があります。

 

具体的には「仕事 休む 理由」というキーワードに対して「仕事を休む理由は映画ハングオーバーから学ぼう」といった具合です。

 

当然「仕事 休む 理由」であれば「病気・旅行・冠婚葬祭」などの休み方情報を知りたいわけですが、記事タイトルも本文内容も映画紹介でミスマッチな為、全然上位表示されなかったわけです。

 

このように「何千〜何万字書いても、全然上位表示できない」ような状況は、なるべく避けるようにしなければなりません…。

サーバーペナルティの運営方法

目次 2

 

サーバーペナルティの運営方法も、気をつけたほうが良いでしょう。

 

サーバーペナルティとは「アダルトサイトNGのサーバーで、アダルト系記事や商品紹介を書いて停止を喰らう」などのケースです。

 

これは、僕がおすすめしている「mixhost」では問題ありませんが、ユーザーの多い「エックスサーバー」は、アダルト認識されると停止を喰らう可能性があります。

 

僕も経験があるのですが「該当記事を削除しない限り、ブログに検索ユーザーが入れなくなるペナルティ」を受けてしまうのです…。

 

「該当記事を削除」「アダルト系ブログ・記事自体を辞める」「アダルト系運営OKのレンタルサーバー」で運営したほうが良いです

 

このように、普通のサイト運営ならOKですが「アダルト系紹介ブログ」「アダルトと判断される文章や画像」も、時々つまずくので注意が必要です。

 

ちなみに僕は、普通のブログ運営において「画像がOKだと思ったものがペナルティを喰らった」という契機で、エックスサーバーからmixhostに鞍替えしました…。

 

※なお、アダルトブログ自体は適切に運営すれば問題ありませんが「禁止レンタルサーバーでの運営」「動画の違法アップロード」などはダメです

 

キーワードの詰め込み過ぎ

目次 3

 

キーワードの詰め込み過ぎも注意が必要です。

 

なぜなら「特定のキーワードを詰め込みすぎると、ペナルティにより上位表示できない状況」が発生してしまうからです。

 

しかも「全く同じキーワード」だけでなく「同様の意味を持つキーワード」の詰め込み過ぎも、ペナルティを喰らう可能性があります。

 

例えば「転職・復職・再就職」「離職・退職・休職」など、根本的な意味が同じキーワードを詰め込み過ぎているケースですね。

 

根本的な意味が同じキーワードの詰め込み過ぎ例

転職したい方必見!復職したい時の再就職に役立つおすすめ転職エージェント10選|転職ドライブ-復職したい方向け再就職用転職エージェント紹介ブログ

 

このように「ブログ名を含めて、1つの記事に転職関連キーワードが8個」も入っていると、Googleアルゴリズムがスパムサイトと判断してしまい、上位表示できない危険性があるのです。

 

そのため「検索キーワードに関係する単語は詰め込み過ぎない」という意識が必要ですよ♪

 

他の記事と似たタイトル

目次 4

 

他の記事と似たタイトルも辞めておきましょう。

 

具体的には、競合が多いジャンルは、似たタイトル乱立ケースも多いので「実際にブログタイトル検索して、同じものがないか?を確認する」必要があります。

 

もちろん、検索キーワードを盛り込んだ記事が上位表示されているので、ある程度似るのは仕方ありませんが、なるべく差別化を図ったほうがクリック率をUPできます。

 

例えば「パワハラ上司 仕返し」という検索キーワードでタイトルを付ける場合、ほとんどの上位表示記事には「パワハラ上司に仕返し!」といったタイトルを盛り込んでいます。

 

そのため「パワハラ上司に仕返し成功3回達成!」「パワハラ上司への仕返し実践済みテク6選」など、一歩踏み込んだ魅力を含めるべきなのです!

 

このように、少しでも上位表示記事よりクリックしたくなるタイトルを付けることで、多少順位が下でも検索UPを図ることができますよ♪

 

自信が持てないタイトル

目次 5

 

自信が持てないタイトルも辞めておきましょう。

 

「自分がふっと思い出せないタイトル」「適当につけて、人に紹介することに躊躇するタイトル」は、自分の記事に愛を込められません。

 

なぜなら「口頭で話すか?ブログ上で伝えるか?」という違いがあっても「人に伝えられない」という共通のメンタルブロックがかかるからです。

 

例えば、好きな女性に対して「愛してるよ♪」と言える人は記事にも書けますが、それにメンタルブロックがかかる人は、記事に書けないのです。

 

そして、ブログ記事タイトルは「会社でいう営業マン」「あなたの分身」なので、変なタイトルを付けていると、それだけで印象が悪くなります。

 

ちなみに、自信を持てないであろうブログ記事タイトルを「転職」を例にして挙げると、以下のようなものになります。

 

自信を持てないであろう転職記事タイトル例

社畜が長時間残業に飲み込まれたままなう。あなたも私と一緒に最低の人生を生きよう

パワハラ上司に今日も抑圧されている…。考えうる人生最悪の結末まとめ

金なし・恋なし・未来なしの不安定!今すぐ自殺したい人に捧ぐ情報解説

 

このような「ネガティブオンパレードの記事タイトル」だと、読んでも気が滅入りそうで、記事を読みたいと思いませんよね?

 

もちろん、世の中には「絶望的な状況が自分だけじゃないという共感願望」で検索する方もいますが、大半は「現状を良くしたいという前向きな願望」の方が圧倒的に多いです。

 

そのため「自分が人に伝える時に、自信を持って紹介できる記事タイトルにする」という前提は必要ですよ♪

 

頻繁な記事タイトル変更

目次 6

 

頻繁な記事タイトル変更は、SEO的によろしくないので辞めておきましょう。

 

なぜなら「せっかく評価が上がってきた土台が変わってしまう為、上位表示までの時間がさらに伸びてしまう」からです。

 

もちろん、もっと上位表示を狙う為に記事タイトル変更はOKですが、なるべく狙っているキーワードは維持して変えた方が良いのです。

 

このように「SEOで記事タイトルの検索集客を維持する」という考え方を大切にして、記事タイトル決めをするのがおすすめですよ♪

 

まとめ
  • 検索意図と不一致なタイトル・内容
  • サーバーペナルティの運営方法
  • キーワードの詰め込み過ぎ
  • 他の記事と似たタイトル
  • 自信が持てないタイトル
  • 頻繁な記事タイトル変更

ブログ記事タイトル例【アイデア集め】

目次

 

“諒”

では次に、ブログ記事タイトル例【アイデア集め】についてご紹介していきます。

 

自分の経験から集める

目次 2

 

一番おすすめなのが、自分の経験から集めるという方法です。

 

例えば、僕は「転職サイト」も運営しているのですが、そこでは以下の「ペルソナ」を設定してキーワード選定をしています。

 

※ペルソナ=仮面・架空の人物像という意味

 

僕の転職サイト運営用ペルソナ

過去の転職10回経験を活かして、自分と同じような悩みを抱えた方向けのキーワードで記事執筆

1.事務職や内勤職で、精神的には落ち着いているが「年収」「やりがい」「残業過多」に不満

2.営業職で、収入は高いが「ストレス」「パワハラ上司などの人間関係」「職業自体」に不満

3.派遣や契約社員で、会社関係の抑圧はないが「不安定さ」「クビリスク」「将来性」に不満

→「適職・天職で働く価値」や「転職情報を転職意欲が低い内から得ておく価値」を解説

 

このように「同じ悩みを経験している過去の自分へ」というペルソナで、転職サイト運営を行っています。

 

正直言って「過去の自分に向けたブログ運営」「自分の知識・経験を活かしたブログ運営」が最も説得力のある記事を書けます。

 

そのため「稼げるネタを1から探す」より「自分の経験を活かして、報酬を貰えるネタ」でブログ運営するのがおすすめです♪

 

悩みサイトから集める

目次 3

 

次におすすめなのが、悩みサイトから集めるという方法です。

 

自分の知識や経験範囲だけでは限界があるので、悩み相談サイトを探すのもアリです♪

 

おすすめ悩みサイト

Yahoo!知恵袋

出典;Yahoo!知恵袋

教えて!goo

出典:教えて!goo

OKwave

出典:OKwave

 

これらのサイトには「自分の取り組むジャンルの新キーワード」「ランキング上位になっている一方で、適切なアドバイスが少ない悩み」などが見つかります。

 

その為、そのような「穴場のネタ」を探していくことで、お宝キーワードを見つけられます。

 

業界本や雑誌から集める

目次 4

 

業界本や雑誌から集めるという方法もあります。

 

とくに、雑誌などは情報が新しいので「業界の新しいトレンド」「新しい業界用語」「自分が把握していなかったキーワード」などを発掘できたりします。

 

例えば、僕のサイトでは「パワハラ上司」というキーワードで記事を書いていた時に、他にも「●●ハラスメント」が一杯あると分かりました。

 

僕が転職サイトで●●ハラスメントを横展開した例

パワハラ(パワーハラスメント)

モラハラ(モラルハラスメント)

マタハラ(マタニティハラスメント)

スメハラ(スメルハラスメント)

 

このように「特定のキーワード」を把握したり「他のブログが攻めていないキーワード」を探す上では、大変おすすめの探し方と言えます。

 

まとめ
  • 自分の経験から集める
  • 悩みサイトから集める
  • 業界本や雑誌から集める

ブログ記事タイトル例【参考探し】

目次

 

“諒”

では次に、ブログ記事タイトル例【参考探し】についてご紹介していきます。

 

アフィリエイト系の本で勉強する

目次 1

 

一番身近なやり方は、アフィリエイト系の本で勉強する方法です。

 

購入費用がある程度かかりますが、その分「無料提供とは異なる情報」を学ぶことができ、活かせる部分は多いです。

 

とくに「WEB業界に従事している方の本」「ブログやアフィリエイト成功者の本」は大変勉強になりますから♪(詳しくは後述)

 

有名ブログから勉強する

目次 2

 

有名ブログから勉強するのもおすすめです。

 

継続的に成果を出されている著名な方のブログであれば、サイトデザインや文章の書き方など、学べることも豊富です。

 

「今日はヒトデ祭りだぞ!のヒトデさん」「企業運営のバズ部」など、人のサイトを見ながら学べることは多いです。

 

 

そのため「自分のブログをもっと良くするには?という未来像が見えなくなった」のであれば、有名アフィリエイトサイトからインスピレーションをもらうのもアリですよ♪

 

YouTubeで勉強する

目次 3

 

YouTubeで勉強するのもおすすめです。

 

「マナブログのマナブさん」「リベラルアーツ大学の両学長」など、YouTubeを活用してブログ運営を紹介している方も多いです。

 

そのため「文字より動画や音声で勉強したい」という方は、YouTubeなどで勉強するスタイルもおすすめですよ♪

 

NOTEや情報商材で勉強する

目次 4

 

NOTEや情報商材で勉強するのもアリです。

 

正直言って、無料情報だけのレベルアップには限界を感じる時が来るので、情報商材などで「スキル・テクニック」を買いたくなる時が来ます。

 

しかし、「稼げるマインド」を育んでいないと、どれほど高額商材を買っても稼げません。

 

とはいえ「これは必要かも?」と思ったほうが勇気を出して購入しておいたほうが、後々役に立ちます。

 

なぜなら「商材自体を購入して役に立つケース」もあれば「自己投資してお金を払ってリスクを取った結果、自尊心が上がるケース」もあるからです。

 

そのため「ここから先はどうやって進めば良いのかわからない…。」と悩んだら、NOTEなども見てみるのがおすすめですよ♪

 

スクール・セミナーで勉強する

目次 5

 

スクール・セミナーで勉強するのもアリです。

 

個人開催もあれば企業主催もあり、さらにASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)などが無料or有料開催しているケースもあります。

 

とくに成果を出されている方のオンラインセミナーなどはとても勉強になるので、必要と感じた時に参加するのもアリですよ♪

 

商材購入・スクール参加体験談

目次

 

また、商材購入・スクール参加体験談ですが、僕は以下のように高額商材購入や出費をした経験があります。

 

僕の高額出費体験談

ブログ運営教材購入(3万円程度×4回&1万円程度×3)=約15万円程度の自己投資

「マーケティング手法」「今が旬の稼ぎ方ノウハウ」「アフィエイト商材選定の教科書」「心を動かす記事作成術」的なもの

アフィリエイトブログ高額塾(1年プラン)参加時に40万円程度の自己投資

 

このような自己投資経験があり、中には「払うんじゃなかった…」と後悔した事もあります…。

 

具体的にはブログ高額塾では「1年後に月収100万円到達した人」も出たのですが、僕は全然成果が出ずに主宰者とバトった結果、関係最悪になって途中脱退のような形になったのです。

 

しかも月収100万を達成した人は「すでに公務員からFXで独立しており、実力もある人」だったため、そのノウハウをブログ化して成功したため「既存の成功者しか儲からんやん」と思ったのも一因です。

 

※返金を求めようとも考えましたが、結局返金方法が整備されていなかったので、泣く泣く諦めましたが…。

 

しかし、その悔しさをバネに「アフィリエイトブログで月収100万」を達成したので、結果的には払ってよかったと記憶を上塗りできました♪

 

そのため「スグに投資効果が出る」「払った時は後悔しても、最終的に投資効果が出る」ケースがあるので、チャレンジするのもアリですよ♪

 

まとめ
  • アフィリエイト系の本で勉強する
  • 有名ブログから勉強する
  • YouTubeで勉強する
  • NOTEや情報商材で勉強する
  • スクール・セミナーで勉強する
    • 商材購入・スクール参加体験談

ブログ記事タイトル例【参考書籍】

目次

 

“諒”

では次に、ブログ記事タイトル例【参考書籍】についてご紹介していきます。

 

運営方法やライティング知識

目次 1

 

運営方法やライティング知識は、ブログ運営していく上で必須の知識と言えます。

 

とくに「検索エンジンや、検索ユーザーに好まれる書き方」は非常に重要です。

 

 

例えば「一般的にお店で買って読む雑誌や小説の書き方」と「無料で検索して訪れるWEB向けユーザー向けの書き方」は、以下のように異なります。

 

僕の高額出費体験談

一般的な文章の書き方=既にお金を払って購入してもらっている為、起承転結で書く

WEB向けの文章の書き方=無料で結論を探されている為、結論を最初に書き、補足情報を書いていく

 

このように「WEBサイトに沿った書き方や運営方法」があるので、全く未勉強の場合は意識して知識習得していくのがおすすめですよ♪

 

沈黙のWEBマーケティング

目次 2

 

完全にSEOやWEBライティング、HP運営に関する知識がなければ沈黙のWEBマーケティングを読むのがおすすめです。

 

この本は「賢威」という「テーマ(HPデザインの完パッケージ)」を販売している、ウェブ業界では有名な会社「ウェブライダー」が手がけた本です。

 

WEB業界のプロ中のプロが、マンガで分かりやすくHP運営の話を教えてくれているので、文章だけで読むより記憶に定着しやすいです。

 

 

しかも、大変ありがたいことに現在「無料で本の内容をHP公開」しているので、本にお金を出さずに内容を読むことができます。

 

沈黙のWEBマーケティング

沈黙のWEBマーケティング

出典:ウェブライダー

 

SEOとは?HP運営とは?を知る上で、超おすすめの一冊と言えますよ♪

 

沈黙のWEBライティング

目次 2

 

同じくウェブライダーが出している、沈黙のWEBライティングもおすすめです。

 

こちらは「ライティングで人の感情を動かす」という点で、同じく漫画形式で分かりやすく理解できる本になっています。

 

 

ありがたいことに、こちらもHPで無料公開しているので、合わせてチェックするのがおすすめです♪

 

沈黙のWEBライティング

沈黙のWEBライティング

出典:ウェブライダー

 

WEBに沿ったライティングとは?読者に好まれる書き方とは?という事例を、漫画で学べるのでぜひ読んでみてくださいね♪

 

現代広告の心理術101

目次 3

 

人の購入動機を知る上で、具体的に「どのような文章で人の心を動かせるか?」という事例を101個まとめた現代広告の心理術101もおすすめです。

 

WEBライティングの本ではありませんが、人の心理を「購入や何らかのアクション」に誘導するために効果的なテクニックをこれでもか!という位に凝縮して書いています。

 

ライティング初心者向けの本はある程度ありますが、ここまで文章術を網羅した本は中々ありません。

 

現代広告の心理術101

現代広告の心理術101

出典:ダイレクト出版

「現代広告の心理技術101」反応を取る広告を作るための本 広告の目的は人に行動させること この本を読めば、広告をより効果的にするため、ただ以下のことを学ぶことができる。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になる。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くかという広告行動心理を徹底的に研究し、それを相手の頭の中に入る消費者心理の17原則 買わずにいられなくする41のテクニックにまとめました。

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

 

僕ももちろん持っていますが、定期的に読み直して「新たな技術を習得する為のバイブル」として活用しています。

 

値段はそれなりにしますが、物書きとして一生物の本として買ったので、あなたもブログ収益化を目指すのであれば、購入するのがおすすめですよ♪

 

\“現代広告の心理術101”公式はこちら/

 

まとめ
  • 運営方法やライティング知識
    • 沈黙のWEBマーケティング
    • 沈黙のWEBライティング
    • 現代広告の心理術101

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

“諒”

以上がブログ記事タイトルの決め方例27選!1位獲得テク・アイデア集めのコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/