ブログ テーマ

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

男性相談1

ブログテーマの選び方は?初心者が0から収益をしっかり稼ぐ為の運営方法ノウハウを知りたい!

相談女性1

アフィリエイトやアドセンスする時に選ぶブログテーマ領域の決め方・選び方や、自分で個人収益を得る運営方法のおすすめを紹介してください♪

相談男性2

プロフィールからジャンル内容を洗い出すには?最初は簡単に始めるために、カテゴリーを絞らない継続最優先の雑記ブロガーからステップアップするのがおすすめ?

相談女性2

不安や悩みを理解&解決して満足させるためには、キーワード検索&アクセス理由が分かる「企業での仕事経験など得意な専門領域」が発揮しやすい?

相談男性3

健康・投資・お金など競合の多い&難しい市場のロングテールキーワード戦略より、検索ボリュームの少ないブルーオーシャンジャンルのほうが収入的失敗は少ない?メリット・デメリットを知りたい。

相談女性3

広告商品やサービスの案件単価が低いor高いの判断基準や、信頼を得るコツや登録成約ノウハウなど、情報発信知識の重要な対策ポイントや上位表示スキル用記事の書き方、興味・関心・趣味で選ぶ場合の注意点を解説してください。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「WEBライターとして社会人経験2年」「ブログ・アフィリエイト歴5年」「アフィリエイトブログにて月収100万円」を達成してきたので、初心者向け体験談をシェアできます♪

 

 

だからこそ、そんなブログ経験者の僕が「ブログテーマの選び方解説及び、初心者が0から収益をしっかり稼ぐ為の運営方法ノウハウまとめを具体的に紹介しています♪

 

目次 8

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心(誇り)が高まる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

ブログテーマのおすすめ選び方

目次

 

“諒”

ではまずはじめに、ブログテーマのおすすめ選び方についてご紹介していきます。

 

自分の興味・実体験があるほど良い

目次 1

 

まず一番大切なこととして、自分の興味・実体験があるほど良いです。

 

なぜなら「そのジャンルを継続して書き続ける」必要があるので、興味が無かったり実体験が伴っていないと、続けるのがキツいからです。

 

 

例えば職業にしたケースの話ですが、僕がWEBライター転職した「医療機関・クリニックを紹介するサイト」では、30代の健康男子だったので、全く興味が湧かなかったのです。

 

もちろん「病院を探して悩んでいる人を助ける」という大義名分はあったのですが、身近に病人もいなかったので、自分ごとにすることができませんでした…。

 

しかしその後転職した「転職系サイトのWEBライター」では、自分が何回も転職した「苦労や悩み経験」が沢山あったので、求職者の気持ちが手に取るようにわかったのです。

 

 

他にも最初の転職時には「自分が好きで書き続けた約800記事の観光情報ブログ」も役に立ったので「自分の興味で作ったサイトが役に立つ」という経験にもなりました。

 

このように「私は●●の分野に興味がある」「私は●●の分野に経験がある」という気持ちが根底にあるなら、かなり取り組みやすいと言えるでしょう。

 

あなたにしか書けない話がある

目次 2

 

あなたにしか書けない話があるというのも、特定のジャンルで成長するブログを作る条件です。

 

あなたにしか書けない話がある例

職種転換を果たして、思い切った転職経験がある(転職系ブログ/僕の話)

食べることが好きで、いろんなところを食べ歩いている(飲食系ブログ)

毎月どこか旅行に出かけることが好きで、キャンプバカと言われるほど(旅行orキャンプ系ブログ)

恋人がずっとできなかったが、美容を頑張ってからステキな彼氏が出来た(美容系ブログ)

借金に悩んだことがあり、債務整理を行なった経験がある(クレカ・債務整理系ブログ)

 

このように「実践者・経験者の話」ほど希少価値があるので、ブログの強みにできるのです。

 

ブログテーマが決まらない時の選び方

目次

 

“諒”

では次に、ブログテーマが決まらない時の選び方についてご紹介していきます。

 

自分の好きなジャンルを選ぶ

目次 1

 

自分の好きなジャンルを選ぶのはおすすめです。

 

なぜなら、自分が好きで興味がある分野から始めてみたほうが、継続力を維持できるからです。

 

 

例えば僕は「色々な所に旅行に出掛けたい」という興味から、全国各地の観光地や神社仏閣などの情報ブログからスタートしました。

 

結果的にそのブログで、多い時は月間10万PV &月収3万円程度を稼ぐことができ「ブログって楽しい♪」という確信を深めることができました♪

 

とはいえ興味があるジャンルで進めていった場合、必ずしも稼げるとは限らない「趣味的ブログ」になる確率が高いです。

 

 

そのため「ブログを継続してレベルアップする」「調べ物をしたり、好きなことを伝えるのが楽しい感情を育む」という気楽な感覚で始めるのがおすすめですよ♪

 

自分の得意なジャンルを選ぶ

目次 2

 

個人的には、自分の得意なジャンルを選ぶのがおすすめです。

 

なぜなら「人からアドバイスを求められる」「自分が他の人よりレベルが上のジャンル」だからです。

 

 

例えば僕は転職サイトも運営していますが、それは他の人に比べて得意なジャンルであり、相談を受けることも多かったからです。

 

僕にとって転職情報が得意な理由

正社員・契約社員・派遣社員で転職経験が10回ある

事務職・営業職・WEBライター職と職種転換経験が3回ある

社員10人レベルの零細企業から2万人企業の大企業まで幅広い就業経験がある

失業保険を3回受給した経験があり、失業や転職対策知識が人一倍ある

 

このような人生を経験してきたので、転職経験がない人に対して「どんなモチベーションであれば勇気を出して転職できるのか?」という悩みに関して、適切なアドバイスができる自信があるのです。

 

そのため「あなた自身が働いている業界の経験値を活かす」「人からアドバイスを求められるジャンルを活かす」などの視点もおすすめですよ♪

 

副業禁止企業での対処法

目次

 

とはいえ「IT企業に勤めてるから、その知識でSIMブログを作ろう」などと考えた場合に、会社にバレてしまう可能性も高いので、副業禁止企業での対処法も捕捉しておきます。

 

とくに「実名や自分の写真を利用」「会社の社内情報をブログに掲載」「会社でブログ閲覧or記事執筆」などでバレてしまうことがあります。

 

そのため以下のリンク先にて、副業禁止企業での稼ぎ方や対処法について詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

市場の大きなジャンルを選ぶ

目次 3

 

好きor得意なジャンル以外の判断基準として、市場の大きなジャンルを選ぶという視点も必要です。

 

なぜなら検索数においては「1万程度の市場規模でTOP1位ブログにする」より「100万人程度の市場規模でTOP100位ブログにする」ほうが難易度が低いからです。

 

しかも市場が大きいジャンルのほうが、結果的に高単価アフィリエイト案件が多いケースも多いので、稼げる余地が大きいです。

 

 

例えば「釣り→バス釣り→SHIMANOの商品だけ紹介するブログ」にまで狭めると、商品購入は促せるかもしれませんが、そもそもの検索流入数の母数が超少ないです。

 

もちろん「1件1万円以上の高単価アフィリエイト案件をベースとしたブログを作る」などであれば、それを10個作れば月10万円の可能性も発生します。

 

 

しかしそういった高単価案件はそもそも競争が激しいので、既に「キッチリ施策を張り巡らせたパワーブログ」が沢山あり、勝てないことも多いです。

 

そのため、先程の釣りで言えば「バス釣りなどまで、ある程度検索需要が多いレベル」で運営するのがベターですよ♪

 

市場の新しいジャンルを選ぶ

目次 4

 

これから話題になると先読みして、市場の新しいジャンルを選ぶのもアリです。

 

例えば「格安SIM」「キャッシュレス決済」「U-NEXTなどのVOD」などの新ジャンルにいち早く参入して、高収入を得ている方々もいます。

 

このように「これから検索需要が大きくなるジャンルで、まだ他の人が参入していない所のTOPクラスブロガーになる」のもアリですよ♪

 

 

ただし、ブログ運営ではサイトの信頼性・権威性を上げるために「深い知識と情報を得る必要があり、自分自身がその道の専門家にならなければならない」という面もあります。

 

必然的に「自分が好きor得意なジャンル」でブログ運営しないと、ただの苦痛作業にしかなりません。

 

 

そして残念ながら、そのような「苦痛感の込められた記事」というのは、何となく読みたくないオーラを放っているので、結果的に「作っても無駄になる=徒労に終わる」ことが多いのです。

 

そのため「稼ぐ気持ちを優先するあまり、付き合いきれないジャンル」に行くのは辞めておいたほうが良いですよ!♪

 

※あくまで「自分が付き合い育てていきたいブログ」を大切にするのがベターです

 

ブログテーマの選び方判断基準例

目次

 

“諒”

では次に、ブログテーマの選び方判断基準例についてご紹介していきます。

 

稼げるマインドより貢献マインド

目次 1

 

稼げるマインドより貢献マインドが一番大切です。

 

なぜなら「検索ユーザーに対する悩み解決を適切にしているブログ」を作れない限り、成果が返ってこないからです。

 

 

しかも「脳は自分と他人を区別できないという心理的特徴」があるので「自分さえ良ければというFor me心理」が強いと、逆に奪われるという真実もあります。

 

つまり「下さい下さい。お金を下さい。買ってください。」という心理状態でブログ運営しても、ユーザーは「奪われる雰囲気」しか感じないので、成約まで至らないのです。

 

 

結果的に「For meブログ運営者は、時間などを奪われ続ける現実を引き寄せ続ける」という負のループにハマっていってしまうのです…。(なぜなら奪う思考は奪われる現実を引き寄せるから)

 

実際僕も、長い間この思考の罠にハマり続けていたのですが「ブログも情報提供も、相手にお金をプレゼントしているように書く」という思考に転換してから、状況が好転しましたから♪

 

For me or For Youの感覚例

目次 4

 

ちなみに、For me or For Youの感覚例についても補足しておきます。

 

例えばあなたが「新しい家電が必要になり、A店とB店に行った場合」で、以下のようなパターンを体験したと想像してください。

 

店員対応満足度の違い例

For meのA店=入店後に店員さんが張り付いて「これがお買い得ですよ!」と関係ない商品ばかり宣伝された

For YouのB店=入店後に一通り自由に店内を巡った後で、店員さんに声をかけて相談した結果、丁寧なヒアリングで理想的な商品を提案してくれた

 

このような対応結果を体験した場合は、どう考えてもB店で買いたいと思いますし、今後はA店を避けると思いますよね?

 

 

そしてブログはこれと同じ現象があるので「自分が利益を得られる商品を買わせたいFor meブログ」「ユーザーの現実改善に役立つアドバイスを行い、商品購入提案するFor youブログ」で明暗が分かれるのです。

 

もちろん稼ぐブログを運営する以上「商品提案などはする」わけですが、根底には「自分が訪問者に何を提供できるか?何を与えられるか?というFor you精神」で記事執筆するのが最善ですよ♪

 

今後も付き合っていきたい分野

目次 5

 

今後も付き合っていきたい分野にしておいたほうが良いです。

 

なぜなら「ブログに愛情を込めやすい」からです。

 

文章は単なる文字の羅列ですが、そこには書き手の想いや感情が込もっているので、愛を込められる分野のほうが成果が出やすく、長く付き合っていきやすいです。

 

 

そのため「苦痛が続く作業」でブログを運営するよりも、自分の心がワクワクしたり、読み手の問題解決に貢献できて感謝されるブログ運営のほうがおすすめです♪

 

迷うなら雑記ブログで開始

目次 6

 

迷うなら雑記ブログで開始すればOKです。

 

なぜなら「書きたいものが分からないまま停滞する」より「ひとまず書きたいものを書き始めて、そこからジャンル分けする」ほうが成長できるからです。

 

とはいえ「雑記ブログをそのまま貫く」手もありですが、あまりにジャンルがおかしいと非難されるケースもあります。

 

 

例えば僕は、自分でも何が書きたいか不明確なままスタートし「スピリチュアル・釣り・観光地などがごちゃ混ぜになっている状態の雑記ブログ」を運営していた時期があります。

 

そしてある時に、釣りの情報を見にきた方からコメントで「なんで釣りブログに夢占いの話が書いてあるんだ?釣り人をバカにしているのか?」とお叱りを受けたことがあります。

 

 

正直言って「儲けたい一心であれこれ手を出して書いていた時期」だったので、素直にそこを謝って「その後ブログを3つに分けて運用」することにしたのです。

 

もちろん「自分は自分の好きなことを発信する、ライフスタイルブログを書き続ける!」と固い決意でコミットできれば良いですが、そうでなければ僕のように途中で心が折れる可能性が高いです。

 

 

そのため「ある程度雑記ブログを進めたら、徐々に方向性を統一したブログに移行して、一貫したジャンルでブログを育てていく」という方針が良いですよ♪

 

※ただし「そのまま雑記ブログを継続する方針」にして、批判があった場合は順次対応するという手段もあります

 

ブログテーマの選び方注意点

目次

 

“諒”

では次に、ブログテーマの選び方注意点についてご紹介していきます。

 

YMYLジャンルは諦める

目次 1

 

まずは、YMYLジャンルは諦めるという視点が大切です。

 

Googleの品質評価ガイドライン

ウェブページやトピックの中には人々の将来の幸福、健康、経済的な安定、安全などに影響を与える可能性のあるものがあります。我々(Google)はこのようなページを「Your Money or Your Life」ページ(YMYL)と呼んでいます。

YMYLジャンル

ショッピングや金銭取引サイト上購入や決済ページ情報

金融情報投資/税金/年金/保険などのお金情報

医療情報健康/薬/精神疾患/特殊な病気などの医療情報

法律情報離婚/親権/遺言書作成や市民権取得などの法律情報

ニュース情報国や行政/法律/人や災害時対応などの重要情報

 

このような「厳格な情報提供が必要とされるジャンル」は個人ブログで運営するには、非常に厳しいと言われています。

 

健康アップデート

目次

 

とくにこの中で「薬やサプリメントなどの健康情報個人ブログが一気に低評価扱い」になった「健康アップデート」という検索アルゴリズム変更が話題となりました。

 

それまで「健康情報やサプリメント」で稼いでいた個人ブログが、ビックリするくらい一掃されたのです…。

 

まぁ、個人が「自分の知識や経験で書いた情報」では信憑性が薄いケースも多かったので、ある意味で問題のある状況をGoogleが一気に改善したとも言えます。

 

 

そして現在では「薬剤師や医師監修」「健康食品や衣料品を扱う企業サイト」が上位表示を占めており、そのジャンルでの個人ブログ上位表示は難しくなったのです。

 

このように「情報を伝える側の責任も重いジャンル」は、そもそも上位表示が難しい上に、継続も難しいので諦めたほうが良いでしょう。

 

成果は半年〜1年以降と覚悟する

目次 2

 

「3ヶ月で月10万円」「スマホでポチポチするだけで月5万」といった甘い言葉を信じる方には残念なお知らせですが、成果が出るまで継続できない人はブログで稼げないまま諦めてしまいます。

 

一般的に業界用語で「3種類のキーワードタイプ」が以下のようにあるのですが、大体検索流入が起こり始めるまで、ある程度時間がかかります。

 

3種類のキーワードタイプ

ショートレンジキーワード=短期的に爆発的なアクセスがあるキーワード

昨日〜今日の速報など競争が無いので、いち早く記事を書ければ短期的に爆発的な成果が出るが、すぐアクセスが無くなる

ミドルレンジキーワード=季節のイベント毎など、一定時期に爆発的なアクセスがあるキーワード

桜の開花イベントや今年のLIVEなど、攻めるジャンルにあれば書いておきたいキーワード

ロングレンジキーワード=通年を通して検索されており、安定したアクセスを獲得できるキーワード

普遍的な悩みなど、ブログ運営の基盤となるキーワード

 

そしてショートレンジキーワード以外は、既に「他のブログやサイトが該当キーワードに沿った記事を上げているケース」がほとんどです。

 

必然的に良質な記事を書けたとしても、おおよそ「3ヶ月程度はジワジワ順位上昇し、3ヶ月以降に1位辺りを維持できればOK」といった印象です。

 

 

そのため、今すぐブログ運営を始めても「3ヶ月〜半年はまとまったPVや収益獲得は難しい」のが、デメリットと言えるのです。

 

※PV(ペーパービュー)=ブログの記事閲覧者数の合計

 

成果までは時給が低い

目次 5

 

成果までは時給が低いというデメリットもあります。

 

いきなり成果を出して「まとまった収入を手にできる人」は一握りなので、それまではほぼ無料奉仕みたいな状態になります。

 

無料奉仕になるケース

1日2h(週5で10h)&休日5h(土日で10h)=1週間に20h=月間80時間

アルバイトでもすれば、時給1,000円でも8万円の収入になる=半年間成果0だと48万円の損失

 

このように「ブログに取り組む時間をアルバイトしていれば、数十万円稼げた」というメンタルダメージが非常に大きいのです。

 

実際、このパターンで「成果が見えずに数ヶ月〜2・3年以内に辞めていく人」が非常に多いと言えます。

 

 

しかし一度コツを掴んで収益化できるレベルになってしまえば「自動的にブログが収益を生む金のなる木という名の不労所得」が手に入るのです。

 

そのため「時給の中で確実に稼げる世界で生き続けるVS一定期間修行して、年金を早くもらえるような不労所得世界にシフトする」という考え方もできると言えます。

 

ブログは複数運営継続

目次 3

 

徐々に記事作成に慣れていったら、最終的にブログは複数運営継続するのがおすすめです。

 

ブログを複数運営するメリット

複数展開して、より成長するブログをメインに展開していける

一つのブログ記事執筆に飽きても、他のブログ記事執筆でモチベーションを維持できる

一つのジャンルがアップデートで被害を受けても、他の安定成長ブログがあれば安泰

 

これは投資における基本概念とも言えますが「長期・積立・分散」のやり方で、ブログも運営していったほうが良いのです。

 

しかも一つのブログだけだと、上手くいかなかった場合のダメージが大きいので、最終的には3個以上のブログを運営していくスタイルにしたほうが良いと思います。

 

とはいえ、ブログは「1度書いてしまえばOKで、後はリライトしたり徐々に加えていくスタイル」なので、ある程度完成できれば、その後作業時間は減る傾向にあります。

 

 

そのため「長期的にブログを運営していき、分散しながら価値を積み立てていくスタイル」でブログと向き合うのがおすすめと言えますよ♪

 

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

“諒”

以上がブログテーマの選び方!初心者が0から収益をしっかり稼ぐ為の運営方法ノウハウまとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたの自尊心が高まるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/

 

【無料配布】ストレス減・収入UP引き寄せ教科書プレゼント&副業術解説

引き寄せレポートEARTH-LEGEND.800
適職で生きていない時の悩み


今の仕事を一生続けていける自信がない…。

今の仕事が嫌いで苦手な不適職だと感じている…。

副業で月3万円でも稼げるようになりたい…。

副業・起業に成功した人の話や体験談を読みたい♪



そんな悩みをお持ちの方向けに、以下のリンク先にて「ストレス浄化&適職発見や副業で稼ぐコツ」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください♪



カウントダウンタイマー

\メルマガ特典&プロフィール/