ブログ オワコン 理由

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

相談男性1

ブログが時代遅れのオワコン原因・理由は?初心者が今からシッカリ稼ぐコツを知りたい!」

相談女性1

個人ブログのブロガーやアフィリエイトを始めるのは現在ではオワコン?初期の自分メディアインフルエンサーはもう難しい?ライバルの少ない市場参入ジャンルを知りたい。

相談男性2

記事の順位上位表示はアップデートによる評価アルゴリズム変更が激しいから厳しい?アクセス集客&クリック成果最優先のアドセンスはやめとけ?

相談女性2

継続報酬で稼ぐのにおすすめな独自ドメイン開設、レンタルサーバー、無料テーマなど、ビジネスマーケティングツールやスクールなど、稼げる運営方法のコツやノウハウを教えて♪

相談男性3

初心者が広告収益で稼ぐ副業の始め方・文章(テキスト)の書き方や情報発信知識、インターネットサイトを作るメリット・デメリットを教えて下さい。

相談女性3

動画編集などの時代に沿った仕組みを活かした販売スキルやコンセプトは?サラリーマンにも参入ハードルが低い、収入アップするチャンスのやり方や対策を知りたいです。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「WEBライターとして社会人経験2年」「ブログ・アフィリエイト歴5年」「アフィリエイトブログにて月収100万円」を達成してきたので、初心者向け体験談をシェアできます♪

 

だからこそ、そんな僕が「ブログが時代遅れのオワコン原因・理由解説及び、初心者が今からシッカリ稼ぐコツ」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

ブログオワコン理由【業界原因】

目次

 

諒

ではまずはじめに、ブログオワコン理由【業界原因】についてご紹介していきます。

 

ブーム先行者利益は終了

目次 1

 

ブーム先行者利益は終了です。

 

大前提として、世の中には「商品やサービスが世の中に広まる前から参入して、業界の成功者になる」というケースがあります。

 

例えば、YouTubeなら「HIKAKINさんやはじめしゃちょー」インターネットビジネスなら「楽天の三木谷社長やアマゾンのジェフ・ベゾス氏」などですね

 

この方々は「まだ業界の成長が未確定な中で、業界成長を牽引していく先行者利益を得た」と言えます。

 

そして、ブログ業界でも、業界を代表するブロガーの方も沢山いらっしゃいます。

 

しかし、いずれも「継続して知名度を維持成長されている方」なので、今でも努力し続けている方々と言えます。

 

グレーな手法で稼げた時代

目次 2

 

ちなみにブログ業界にも、グレーな手法で稼げた時代がありました。

 

グレーな手法で稼げた時代

相互リンク依頼を送りまくって、その数が多くなれば記事内容にかかわらず上位表示

自分でブログを作りまくって、相互リンクしまくって記事内容にかかわらず上位表示

画面上は真っ白なのに、検索キーワードに対応する文字を隠して記事内に仕込み上位表示

※相互リンクとは、自分のブログ内に相手のURLを貼ることで「高評価パワー」を送れる

 

このように「グレーなスキルテクニック」だけで上位表示を実現でき、それで稼いだ人がいたのも事実です。

 

YouTubeなどで「最新アニメなどの違法アップロードで稼ぐ手法」が一時期流行ったように、黎明期は、このような方法が一瞬盛り上がります。

 

しかし「長期的に安定して稼ぎ続けられる手法ではない」ので、このやり方はやめておいた方が良いですよ。

 

稼げるジャンルは競合が多い

目次 3

 

稼げるジャンルは競合が多いという理由もあります

 

なぜなら「転職」「美容」「健康食品」「お金関連」など、高単価のジャンルは企業サイトも多く、個人ブログでは到底太刀打ちできないからです。

 

しかも、大抵のユーザーは「企業サイト」「弁護士など、業界の権威」の情報を読みたいと思います。

 

必然的に「個人の趣味ブログ」は収益性が低い一方で、高単価が狙えるジャンルは「すでに会社が資金投入して記事展開しているケース」が多いです。

 

大企業が人海戦術で展開

目次 4

 

ちなみに、大企業が人海戦術で展開している体験談も補足しておきます。

 

例えば、僕は「WEBライターとして2つの企業に勤務」しましたが、各々以下のような体制でサイトを維持成長させていました。

 

大企業が人海戦術で展開している例

初期立ち上げは4人体制で、半年後には10人体制(ライター&チェック&マーケター)にて展開

すでに成長済みのサイトを40人体制で記事執筆展開

 

このように「サイトを“10人以上&月数十〜数百万円の資金投入”で成長させているケースがほとんど」なので、個人で同じやり方をしていても、残念ながら稼げないのです…。

 

アップデートで順位急降下

目次 5

 

アップデートで順位急降下してしまう理由もあります。

 

具体的には、グーグルの方針で「検索順位を決めるアルゴリズムの変更」があり、それまで上位表示できていた記事順位も急変化することがあります。

 

とくに「新しいジャンルで検索順位が不安定なジャンル」「何らかのブラックSEOで無理やり上げた順位」などは、一気にストーンと落ちます。

 

※SEO=「検索エンジン最適化」という、Googleのランキングアルゴリズムに好まれる記事の書き方や構成対策などを施すこと

 

そのため「一瞬ウワーっと稼げたけど、それ以外はムリ」と思っている人が一定数いる事実もあるのです。

 

SNS・YouTube検索の台頭

目次 6

 

SNS・YouTube検索の台頭により「インスタからのリンクしか見ない」「検索はTwitter内で完結する」「YouTube動画のおすすめしか買わない」といった方も生まれています。

 

この傾向は「今後も増加する可能性がある」ので、ネット検索&集客ブログに辿り着かない人が増えるとも言えます。

 

そのため「SNS・YouTube経由も考えたブログ運営を行う」「SNS・YouTubeターゲットを外したブログ運営を行う」必要があるのです。

 

まとめ
  • 先行者利益は終了
    • グレーな手法で稼げた時代
  • 稼げるジャンルは競合が多い
    • 大企業が人海戦術で展開
  • アップデートで順位急変
  • SNS・YouTube検索の台頭

ブログオワコン理由【運営間違い原因】

目次

 

“諒”

では次に、ブログオワコン理由【運営間違い原因】についてご紹介していきます。

 

専門性のない雑記ブログ

目次 1

 

専門性のない雑記ブログは、オワコン化しつつあります。

 

雑記ブログとは「ジャンルに一貫性がなく、好きな記事をまとめた状態のブログ」のことを指します。

 

そして、雑記ブログのオワコン度が高いのは「競合が多数出現している結果、専門的なブログでなければ上位表示難易度が上がる」からです。

 

実際「釣り・車・キャンプブログの中にある転職記事」より「転職記事のみ網羅した転職ブログ」のほうが説得力があり、検索ユーザーからの信頼も勝ち取りやすいです。

 

例えば、僕は「スピリチュアル・釣り・観光地などのごちゃ混ぜ雑記ブログ」を運営していた時期があります。

 

そしてある時、釣り情報閲覧者からコメントで「なんで釣りブログに夢占いが書いてあるんだ!釣り人をバカにしているのか?」とお叱りを受けたことがあります。

 

上司

なんで釣りブログに夢占いが書いてあるんだ!釣り人をバカにしているのか?

諒

ごめんなさい…。

 

正直言って「儲けたい一心で、あれこれ手を出していた時期」だった為、素直に謝って「その後ブログを3つに分けて運用することにした」のです。

 

もちろん「自分の好きなことを発信する、ライフスタイルブログを書き続ける!」と固い決意ができれば良いですが、そうでなければ僕のように心が折れる可能性が高いです。

 

そのため雑記ブログスタートでも良いですが「ある程度ブログ記事を書いたら、徐々に分散していく」という方針が良いですよ♪

 

※ただし「そのまま雑記ブログを継続する方針にして、批判があった場合は順次対応する」という手段もあります

 

戦略のない趣味ブログ

目次 2

 

戦略のない趣味ブログをマネタイズして稼げる時代も、既にオワコンと言えます。

 

YouTubeやアメブロの中には「一般の若い女性の日常」などの動画やブログがバズったケースもありますが、基本的には「見ず知らずの赤の他人の日記」を沢山読みたいという人はいません。

 

ブログとは「BOOK +LOG=本+記録」なので、電子版日記のような意味ですが、それをそのまま運営し続けてもユーザーの期待には応えられません

 

そのため「今日は友達とイタリアンでランチして帰って幸福だった〜♪」などの記事を読みたいと思ってもらえる人は、芸能人などの「プライベートを知りたいと思われる存在」くらいです。

 

昔の「ブログ自体に有益な情報がなくても稼げた時代」は、そこに広告を貼って収益化出来ていた時期もありますが、現在では「あなた自身に集客力がある」のでなければ、ほぼムリです。

 

だからこそ「誰のために、何のために記事を書くのか?」を明確に落とし込んだ状態で、記事を書いたほうが良いですよ♪

 

アメブロなどの無料ブログ

目次 3

 

アメブロなどの無料ブログも、稼ぐという意味ではオワコン化しています。

 

なぜなら「アメーバブログ」「FC2ブログ」「はてなブログ」など、各ブログサービスで有名になった人は多いですが、そのトレンドはもう無いからです。

 

もちろん、今でも稼いでいる人はいますが「有名人など自分自身目当てのファン向け運営」「個人カウンセリングなど、ブログ以外の収益化サービス目的利用」などがほとんどです。

 

 

しかも、無料ブログ最大の問題は、有料ブログより集客しにくい側面がある点です。

 

無料ブログの集客方法

無料ブログ内のランキング上位獲得などで集客(無料ブログサービスの利用者数に左右される)

無料ブログ内の特定キーワードで1位を取ることで、検索順位表示を獲得できる

SNSなどで、自分のブログを拡散するorしてもらう

 

このような方法がメインとなりますが、問題なのは「検索エンジンに表示される記事は、無料ブログないの1記事のみ」という制約がある点です。

 

つまり「何百〜何千の無料ブログサービス内の記事の中の1位が初めて、Googleの一般的な検索サービスで集客できる」為、有料ブログより爆発的な集客がしにくいのです。

 

昔は「無料ブログに沢山広告を貼って荒稼ぎする手法」もあったようですが、現在では「有料の競合ブログ」が多数ある為、無料ブログの上位表示攻略は絶望的なのです…。

 

まとめ
  • 専門性のない雑記ブログ運営
  • 戦略のない趣味ブログ
  • アメブロなどの無料ブログ

ブログが今でも稼げる理由

目次

 

諒

では次に、ブログが今でも稼げる理由についてご紹介していきます。

 

稼いでいる人のデータ

目次 1

 

まず最初に、稼いでいる人のデータについてご紹介しておきます。

 

2020年のアフィリエイトブログのアンケート結果

■アフィリエイトでの1ヶ月間の収入■

アフィリエイトでの1ヶ月間の収入

1万円未満=66.1%(0円=31.6%/1000円未満=16.6%/5000円未満=11.3%/1万円未満=6.7%)

1万円〜20万円未満=19.2%(3万円未満=7.1%/5万円未満=4.0%/10万円未満=4.1%/20万円未満=4.0%)

20万円以上=14.5%(50万円未満=5.0%/100万円未満=3.0%/100万円以上=6.5%)

■アフィリエイトを始めてからの経過年数■

アフィリエイトを始めてからの経過年数

3年未満の方=65.9%(1年未満=38.2%/2年未満=16.3%/3年未満=11.4%)

3年以上の方=34.1%(4年未満=7.2%/5年未満=4.7%=10年未満=12.9%/10年以上=9.3%)

■アフィリエイトサイト運営にかける時間■

アフィリエイトサイト運営にかける時間

1日1時間未満=47.8%(30分未満=23.5%/30分程度=8.5%/1時間程度=15.8%)

1日2時間以上=52.1%(2時間程度=15.5%/3時間程度=11.7%/3時間以上=24.9%)

出典:アフィリエイトマーケティング業界

 

このように「作業時間=1日1時間未満が約50%」「3年未満=約70%」「月収1万円未満=約70%」という状況です。

 

つまり「1日1時間未満の作業量、月収1万円以下、3年未満で辞める人が5割〜7割」と思って良いでしょう(もっと辞めてるかもしれませんが…)

 

しかし逆に言えば、それを越えると「作業時間=1日2時間以上が約50%」「3年以上=約30%」「月収1万円以上=約70%」という上位層に食い込める世界とも言えます。

 

しかも「月収100万円以上が6.5%もいる」わけですから「キャリア3年以上で月収100万円以上も目指せる世界」と考えれば、努力する価値があると言えます♪

 

さらにそこまで行かなくても、アフィリエイトは「1度構築できれば、稼ぎ続けやすい金のなる木(不労所得)」でもあります。

 

そのため「月1万円〜3万円が安定的に入ってくるレベルの安定収入」でも、精神安定性は確実に上がります♪

 

そのため「1mmでも経済的安心を勝ち取れるチャンスがあるブログ」を始めるのは、メリットがあると言えるのです♪

 

稼ぐ思考の注意点

目次 2

 

ちなみに、稼ぐ思考の注意点についても捕捉しておきます。

 

先ほどは「全体のうちの上位層に食い込むには?」という発想で説明しましたが、アフィリエイトは会社員のように「決まったポストを“奪い合う世界”」ではありません。

 

具体的には「ユーザーの悩みを適切に答えて、なおかつ行動も喚起出来た人」が稼げる「世の中で無限に溢れる悩み解決をサポートする“与える世界”」です。

 

そのため「長く続けた(勤務歴がある)から稼げる」「たくさん働いた(労働時間が多い)から稼げる」という、会社員的思考では成功できません。

 

それよりも「自分の運営するブログで、どれだけ多くの方を喜ばせられるか?」という「アフィリエイト業界自体の成長に貢献する」というマインドが大切です♪

 

アフィリエイトブログで稼ぐ為の格言

ビジネスオーナーはケーキのパイの奪い合いではなく、ケーキ自体を大きくすることを考えるべし

 

このように、無料or低額の副業ビジネスであっても、心は「社会の喜び増に貢献しているビジネスオーナー」というマインドでやったほうが、早く成果が出ますよ♪

 

5年継続できた理由

目次

 

ちなみに、僕が5年継続できた理由についても補足しておきます。

 

簡単に行ってしまえば「ブログ歴2年目の途中でWEBライターに転職して、趣味から仕事にシフトしたから」です。

 

そもそも、僕は「ブログ2年目途中で月収数千円で、収入は少ない状態」でしたが、記事執筆能力などは確実に向上していました。

 

そして「29歳の終わり頃に相談した占いによって“物書きが天職”」と分かった結果「趣味レベルから職業にする決意&転職した」のです。

 

僕はこのようにして成果まで到達できたわけですが、ブログを1年以上継続すれば「クラウドソーシングなどでライティング副業」も始めやすいです。

 

そのため、僕のように「肉体作業は苦手」「アルバイトは難しい」人にとっても、ブログで能力向上するメリットは大きいのです♪

 

継続する程能力増の理由

目次 8

 

また合わせて、継続する程能力増の理由も捕捉しておきます。

 

具体的には500時間・5,000時間・50,000時間の法則」という普遍の法則です。

 

500時間・5,000時間・50,000時間の法則

500時間その道で「趣味」程度は名乗れるようになるレベル

5,000時間その道で「1人前」と名乗れるレベル

50,000時間その道で「一流」と名乗れるレベル

1日10時間・週5日(約20日/月)で働く場合

500時間2.5ヶ月が必要(3ヶ月程度で、とりあえずその道の人に見えるレベル)

5,000時間25ヶ月(約2年)が必要(入社3年目で一人前になるレベル)

50,000時間250ヶ月(約20年)が必要(40半ば頃でベテランになるレベル)

 

このような「法則」があるので「今まで社会人として経験したスキル」が身についているか?の基準として、入社3年は一人前として仕事を任せられる説得力があるのです。

 

そして、ブログに関しては「ユーザーを喜ばせるには?」「成約という感謝の報酬を受け取るには?」と考え続けて、改善・成長を繰り返していくわけです。

 

その積み重ねが「より短時間で効率的に、喜びを増やして稼げる力を育める」というわけですね♪

 

ちなみに僕のように、直接的な成果が出ていないレベルでも、以下のような職業への職種転換を目指すのもアリです♪

 

ブログ練習の先にある職種転換例

WEBライター/WEBディレクターサイト運営方針の目標立てや、ライティングスキルを磨ける

WEBマーケターSEOや検索上位を獲得する戦略立案スキルを磨ける

WEBデザイナープログラミングを駆使して、デザインスキルを磨ける

プログラマー/システムエンジニアプログラミングを駆使して、サービス創出スキルを磨ける

 

このようなWEB系の職種募集は、ある程度大都市に固まっている傾向がありますが、近年ではリモートワークなどの普及もあり、転職を実現しやすいです。

 

さらに「クラウドワークス・ココナラ」など、スキル売買サービスも右肩上がりで成長しています。

 

そのため、このようなWEBスキルは「在宅副業で稼げる能力」としても有望なので、経験を積んで損はないと言えますよ♪

 

まとめ
  • 稼いでいる人のデータ
    • 稼ぐ思考の注意点
    • 5年継続できた理由
    • 継続する程能力増の理由

ブログが今からでも稼げる根拠例

目次

 

“諒”

では次に、ブログが今からでも稼げる根拠例についてご紹介していきます。

 

ネット広告市場は右肩上がり

目次 1

 

まずお伝えしておきたい事実として、ネット広告市場は右肩上がりという嬉しい現実があります。

 

マスメディアの利益推移

■日本の総広告費推移

ネット広告費1

■マスコミ4媒体VSインターネット広告費の推移

ネット広告費2

■媒体別構成比

ネット広告費3

出典:電通報

 

このように、すでにインターネット広告は「テレビ・新聞・雑誌・ラジオ」の合計より、広告利益が増えている業界なのです。

 

そして「今後もこの傾向は続く」と予想できることからも、やり方を工夫すれば「個人でも稼げる参入チャンスは右肩上がり」と言えるのです。

 

ネット検索需要は今後もある

目次 2

 

ネット検索需要は今後もあるという側面もあります。

 

例えば「TV全盛期に育った世代」は、今後も日常的にTVを見続けますし、新聞なども同様です。

 

同様に「新しいメディア」が出てきた場合でも「インターネットで情報を検索する習慣を、今後も維持し続ける人」は一定数残るのです♪

 

実際、今でも「企業公式HPはあって当たり前であり、SNS検索メインでも、最終的にはHPを見る」という人も多いわけです。

 

そのため「ブログを立ち上げて悩んでいる方に情報提供する」というスタイルは、今後も安泰なのです♪

 

個人情報提供を望む声はある

目次 4

 

個人情報提供を望む声はあるという側面もあります。

 

例えば、僕は転職サイトも運営していますが「個人の転職体験談を読みたい」という検索ユーザーもかなりいます。

 

他にも「実際に希望校合格した先輩の苦労話や成功体験談を読みたい」など「あなただからこそ提供できる情報ジャンル」は、必ずあるはずです。

 

もちろん「新ジャンルの先行者利益はすぐ終わる」のですが、このような「あなた独自の経験や情報で差別化したブログに対するニーズ」は不変です。

 

このように「あなたに悩み相談したい人に対して価値提供して利益を得る」という稼ぎ方は今後も安泰なので、経済基盤の柱にできるわけですね♪

 

まとめ
  • ネット広告市場は右肩上がり
  • ネット検索需要は今後もある
  • 個人情報提供を望む声はある

ブログで今からでも稼ぐ方法

目次

 

“諒”

では次に、ブログで今からでも稼ぐ方法についてご紹介していきます。

 

ニッチ戦略アフィリエイト

目次 1

 

個人の体験談や経験をベースとしたニッチ戦略アフィリエイトは非常におすすめです。

 

なぜなら「世界であなただけの知識・経験や体験を聞きたい」というユーザーは必ずいるからです。

 

これは「天職」にも通じますが「自分には当たりにできる事でも、他人にとっては“お金を払ってでも教えて欲しい知識や力を貸して欲しい能力”」があるものです。

 

 

しかも「自分の業界では周りが当たり前のようにやっていること」でも「他業界の人にとっては目から鱗の能力」だったりします。

 

ニッチ戦略の棚卸し方法

目次 2

 

ちなみに、ニッチ戦略の棚卸し方法を補足しておくと以下の通りです。

 

ニッチ戦略の棚卸し方法

得意自分の知識や経験で、人にアドバイスしたり、感謝されたもの

好き今後も発信し続けることに抵抗がないもの

 

一番良いのは「得意&好きなジャンル」で運営したほうが継続しやすい上に、成果を作りやすいです。

 

 

例えば、僕が現在運営しているジャンル(電話占い/転職/ブログ)に辿り着くまで、以下のようなブログを運営してきました。

 

僕のブログジャンル運営経験

旅行系ブログ(観光地やキャンプ場、季節ごとの祭りなどのイベント情報)

ガジェット系ブログ(アプリゲームやスマホの最新情報などを掲載するブログ)

ダイエットブログ(3ヶ月で-5kgを達成した経験をもとにしたダイエット情報)

健康食品ブログ(サプリやダイエット健康食品などの健康系ブログ)

男性向けマッチングアプリブログ(男性向けに素敵な女性と付き合えるようになる為のノウハウブログ)

男性向け欲望系ブログ(俗にいう大人の男性向け動画に関する情報ブログ)

釣りブログ(各地の釣り場情報や道具などの情報を集めた釣り好き用ブログ)

 

赤裸々に書きましたが「自分で手応えを感じるブログ」を育てられるようになるまで、このような紆余曲折を経ました…。

 

そして、これらの失敗原因は「方向性が不明確な雑記ブログ」「自己満足ブログ」「稼ぎたい一心のFor meブログ」だったという点です。

 

つまり「自分がアドバイスなどを求められたジャンル」には手を出していなかったのです。

 

もちろん、世の中には「自分の興味があるジャンルでトレンドに乗り、ブログを成長させたケース」も沢山あります。

 

しかし、そのような方は「結果的にそのジャンルでTOPブロガーになっていった」ので、情熱が継続していると言えるのです。

 

他にも「外注で他人に記事を書いてもらってブログ運営する」という人もいますが、そういう人は「マーケター気質が強いタイプ」です。

 

そして、ブログ運営に関しては「自分が世の中の問題解決に責任を取ろうと思えるジャンル」に展開するので、結局自分で書いたほうが魂を込めれます。

 

必然的に「新情報を学びながら戦略」「外注戦略」でも良いですが、個人的には「自分の記事で成約を得る達成感」を得られる、自己記事作成がおすすめです♪

 

PV至上主義からは離れるべき

目次 3

 

ただし、PV至上主義からは離れるべきです。

 

例えば僕の体験談を紹介すると、旅行系ブログの時は「“ユーザー訪問数”至上主義のGoogleアドセンスブログ」で運営していました。

 

そもそも、Googleアドセンスは「100PV(100回訪問)につき30円程度」と言われているので、沢山の閲覧数が必要になります。

 

※PV(ページビュー)=ブログに訪問して記事を読んでもらった数(同じ方が2記事読んだ場合は2PV)

 

結果的に旅行系ブログでは、多い月で「月間10万PV」を達成し「月収3万円弱」になりました。

 

つまり「月間100万PV=毎日3万PV」で「月収30万円弱」になり脱サラレベルになるわけですが、月間100万PVは相当な猛者です。

 

しかし、ブログを1年でも継続してみれば分かりますが「100万PV達成&維持は非常に難しい」ので、諦めてしまう可能性が高いです…。

 

高単価アフィリエイトブログ

目次 4

 

そのため僕は「PV数をそれほど気にせず、特定の成約条件達成で報酬を得られる高単価アフィリエイトブログ」を推奨しています。

 

なぜなら「ユーザーの悩みにしっかり応えられるアドバイス記事&解決商品紹介ができれば売り上げは上がる」からです。

 

高単価案件のPV・成約例

1日10PV(月間300PV)でも、1件1万円案件成約=月収1万円

1日30PV(月間900PV)で「月3万円」を達成できる

 

そもそも、現在ではブログ作成は競合が増えており「PVが稼げる記事の量産スタイル」は、どんどん難しくなっています。

 

しかし「あなただけの知識や経験を求める方向けに愛を込めた記事を書く」ことで、PVが少なくても収益が上がるブログ作成は可能です。

 

 

そのため「人の心を動かす記事や情報」を書くために「あなた自身が利用して、自分自身に変化があったジャンルの商品」で成約獲得するのが、おすすめですよ♪

 

あなただけの知識・経験で稼げるジャンル例

債務整理経験があり、債務整理希望者向けのブログ

上司とのパワハラトラブルで退職代行を利用した経験があり、退職代行希望者向けブログ

IT業界勤務経験があり、ポケットWifiやスマホSIMなどに悩む方向けブログ

YouTubeSNSなど複数戦略

目次 6

 

YouTube・SNSなど複数戦略もおすすめです。

 

「InstagramやTwitter」などで検索&悩み解決するユーザーも増えていますし、普段利用するSNSをブログに絡めることで、SEO効果(順位上昇)も期待できます。

 

さらに、YouTubeもブログに埋め込んだり、YouTube側からリンクを貼ることで、訪問者数を増やすこともできます。

 

しかし「ブログとSNSは切り分けておきたい」のであれば、新アカウントを立ち上げるか?ブログ運営のみで邁進しても良いでしょう♪

 

別商品・コンテンツ用集客

目次 5

 

「アフィリエイト案件でめぼしいものが見つからない…」という場合には、別商品・コンテンツ用集客としてのブログ運営もおすすめです。

 

なぜなら、ブログは「あなたの情報提供に共感してくれる方向けに何かを与える」ので「自分が新オープンするお店紹介」などの使い方も効果的だからです。

 

実際「地方の建設会社がブログ運営して、戸建て購入の悩みに応えて資料請求を促す」などのブログ運営例は、たくさんありますから♪

 

他にも「NOTEに記事を用意して有料販売」「有料メルマガ作成&PayPalなどの支払い決済を絡めて、有料メルマガを販売する」などのやり方もあります。

 

さらに、アフィリエイト以外にも「インフォトップ」という情報商材販売サイトもあるので「すでに他の誰かが作った商品を紹介して悩み解決サポートする」のもアリです♪

 

とはいえ、これはあくまで「あなた自身が世の中に施せる価値」を商品化するステージなので、まずはブログ作成経験を積むのがおすすめですよ♪

 

まとめ
  • ニッチ戦略アフィリエイト
    • ニッチ戦略の棚卸し方法
    • PV至上主義からは離れるべき
    • 高単価アフィリエイトブログ
  • YouTube・SNSなど複数戦略
  • 別商品・コンテンツ用集客

ブログで稼げていない場合の改善点

目次

 

“諒”

では次に、ブログで稼げていない場合の改善点についてご紹介していきます。

 

ジャンルに問題がある

目次 1

 

ブログが稼げない状態に陥る一番の原因は、ジャンルに問題がある場合です。

 

ジャンルに問題がある例

クレジットカードなど「単価が高いから」という理由だけで、超高難易度ジャンルを攻めている

1件の成約単価が非常に低いジャンルを攻めている

検索数が非常に少ないジャンルを攻めている

 

そのため、自分の攻略ジャンルに問題がないか?不安な場合は、以下のリンク先記事を参考にしてください♪

 

タイトルに問題がある

目次 2

 

どれだけ良質な記事を書いていても、タイトルに問題がある場合には、集客が伸びていきません。

 

タイトルに問題がある例

攻略ジャンルと関連しないタイトルをつけている(転職ブログなのに今日の鯖煮など)

覚えにくいタイトルをつけている(僕たちは、明日も生きているブログなど)

SEOを意識していないタイトルをつけている(転職ブログなのに、転職キーワードを含めていないなど)

 

※なおこのサイトは、どうしても幼少期から心に残っていた「EARTH-LEGEND=地球の伝説」という名前を使いたかったので、覚えにくいですが使用しています

 

 

そのため「覚えてもらいやすいタイトルの付け方参考例」を、以下のリンク先にて詳しく紹介しているので、合わせて参考にしてください♪

 

キーワード選定に問題がある

目次 3

 

キーワード選定に問題があるから、中々上位表示できないという問題もあります。

 

キーワード選定に問題がある例

上位表示しやすい適切なキーワードを選定できていない

上位表示に必要なSEO対策を理解していない

リライトなど、上位表示用アップデートを実施していない

 

そのため「1位〜3位の上位表示がなかなか達成できない」場合には、以下のリンク先の情報を参考にしてみてください♪

 

価値提供に問題がある

目次 4

 

価値提供に問題があるのであれば、メルマガを併用して「検索ユーザーに、より価値を提供する仕組み」を取り入れるのもおすすめです♪

 

なぜなら、メルマガ登録して貰えば「なぜブログで紹介している商品を購入したり、現実変化の行動を起こしたほうが良いか?」をしっかり説明できるからです。

 

 

さらにメルマガは「PDFレポートなどの得点を提供できる」為、より信頼関係を深められるメリットもあります♪

 

そのため「価値提供レベルを上げる、メルマガアフィリエイトの始め方」は、以下のリンク先にて紹介しているので、合わせて参考にしてください。

 

 

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

諒

以上がブログが時代遅れのオワコン原因・理由9選!初心者が今から稼ぐコツのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/