ブログ 副業禁止

 

諒

「WEBライター勤務歴2年」「ブログ歴7年以上」「不労所得・年商3億/年収3,000万円」「ブログ90万PV/月」達成した「強烈な影響力のある男」がまとめました♪

 

相談男性1

「ブログを副業禁止企業で始めるコツは?バレない対策や勉強テクニックを知りたい♪」

相談女性1

ブログを「就業規則=副業禁止の会社」でやってるとバレる理由や原因は?懲戒解雇を避けるには「匿名(プロフィールを隠す)」でOK?初心者が収益を稼ぐ為の運営方法は?

相談男性2

サラリーマン兼業になる場合「労務会計チェック」で引っ掛からないように「給与以外に自分で事業収入(広告/投資)用の確定申告」を作って納税すればOK?「住民税納付」選択しないと何がまずい?

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「WEBライターとして社会人経験2年」「ブログ・アフィリエイト歴5年」「アフィリエイトブログにて年商3億円」を達成してきたので、初心者向け体験談をシェアできます♪

 

 

だからこそ、そんな僕が「ブログを副業禁止企業で始めるコツ及び、バレない対策や勉強テクニック」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

  • 「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる
  • 辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る
  • 1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

ブログが副業禁止企業でバレる例

目次

 

“諒”

ではまずはじめに、ブログが副業禁止企業でバレる例についてご紹介していきます。

 

都道府県民税の金額ズレ

 

都道府県民税の金額ズレが、副業禁止の会社でバレるケースです。

 

なぜなら、副業収入が一定レベルを超えると、税金関係で「会社の年末調整とズレてしまう」ことがあるのです。

 

 

その為、会社の総務などで「あれ?●●さん他の収入があるみたいだけど?」という事実が発覚してしまうのです…。

 

会社としても「ルールに従わない人は扱いづらい」というレッテルを貼る可能性が高いので、その後冷遇されたり、懲戒解雇に追い込まれる危険性が高いです。

 

その為、副業で収入を稼ぐなら「確定申告の知識も習得して、リスクを避ける」必要がありますよ♪(この記事を最後まで読めばOKです)

 

税金トラブル体験談

 

ちなみに僕が経験した、税金トラブル体験談についても捕捉しておきます。

 

僕の税金トラブル体験談

日本景気の誇りの柱

  • 確定申告初挑戦時に、経費計上に問題アリと指摘され、午前休を取って税務署に行かねばならなかった
  • 確定申告に間違いがあり(給与収入の二重計上)「税務署・役所(保険関連)・役所(年金関連)」に3度も足を運ぶ必要が出た

 

このように、確定申告を失敗すると、非常に面倒なトラブルが発生してしまうのです。

 

だからと言って「会社でクビリスクに不安を感じながら働き続ける」よりも、月数万円でも副業で稼げる&自分で税金処理できるほうが、将来何倍もメリットがあります。

 

 

なぜなら「節税対策」「自分で税金をコントロールする力」などの能力を伸ばしていけるからです。

 

その為、最初は「確定申告を覚えるのが多少大変」でも、後々楽になるので、ぜひやっておくべき事柄ですよ♪

 

※なお「お金を引き寄せるコツ+安心現実の作り方」「お金の引き寄せ実践で物欲がなくなる理由」などを知りたい場合は、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

お金引き寄せのコツ

  1. お金引き寄せのコツ=貧乏を脱出したい場合はこちら
  2. お金の引き寄せ実践で物欲がなくなる理由=お金の悩み解決プロセスを知りたい場合はこちら
  3. 自己啓発セミナー@やばい講座の見分け方=胡散臭い講座の判断基準を知りたい場合はこちら
  4. 自己啓発本が気持ち悪い原因+対策=自己啓発本の賢い利用方法を知りたい場合はこちら

社内でブログ運営バレ

 

社内でブログ運営バレというケースもあります。

 

例えば「FacebookやInstagram」などのSNSでも「昔の連絡先が分からないような友達がフォローおすすめリストに出ている」のを、不思議に思ったことがありませんか?

 

 

あれは「特定の年代・出身地・趣味思考・フォローしている人の共通人物」などの情報から、的確にあなたの人間関係をマーケティングしているわけです。

 

このように「インターネットの世界は、近しい人に情報がバレやすい傾向」があるので、注意して運営しないと身バレリスクがあるのです…。

 

業務関連ブログはバレやすい

 

ちなみに、業務関連ブログはバレやすいという注意点も理解しておきましょう。

 

なぜなら「“あなたの勤め先の仕事情報がふんだんに入ったブログ”が上位表示されている場合、同業者や同僚が見つける可能性が高い」からです。

 

 

その為、副業禁止の会社で学んだ情報をブログに書いてしまうと「あれ?この情報ってウチの会社の話だよな?」という身バレリスクが高まるのです。

 

もちろん「元●●系企業所属」などと、情報をボヤかして運営することも可能です。

 

しかし、会社内の近しい人に情報が伝わってしまうと「この記事は、ウチの直近案件の話なので、課の誰かが、社内情報を流出しています」という密告リスクもあるのです…。

 

 

その為「会社が特定できるレベルの記事は、転職しない限り書かない」「業界内情報は、自分の勤め先と断定できないレベルまでボヤかす」という対処が必要です。

 

※また、退職後に勤め先情報を書く場合も「ひどい罵詈雑言」を並べると、最悪の場合「名誉毀損の訴訟リスク」もあるので、大人の対応で一貫した方が良いですよ。

 

※なお「サラリーマン人生のオワコン原因+対策」「権利収入難易度ランキング」などを知りたい場合は、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

会社員に向いてない

  1. サラリーマン人生のオワコン原因+対策=自分らしい幸福人生を取り戻したい場合はこちら
  2. 権利収入(不労所得)の難易度ランキング=時給/月給から解放されたい場合はこちら
  3. 権利収入@アムウェイに誘われた時対策=断り方or参加基準を知りたい場合はこちら

社内でブログ閲覧はNG

 

社内でブログ閲覧はNGという注意点もあります。

 

近年では「情報システム部などが、社内PCの閲覧履歴をチェックしているケース」も多いので、怪しいとピックアップされてバレてしまう可能性があります。

 

 

その為、社用PCで何度も自分のブログ訪問していると、閲覧履歴からバレてしまうわけですね…。

 

ちなみにこれは、自分のブログに限らず、以下のようなサイトを見ていて、お叱りを喰らうケースもあります。

 

閲覧履歴でお叱りを喰らう例

女上司

  • 大人の男性向け(アダルト)サイトを見ていた
  • 転職サイトを見ていた
  • アイドルのサイトなどを長時間見ていた
  • 業務と関連しないサイトばかり見ていた

 

その為「社用PCは会社で使う情報しか見ない」という意識を徹底しておかないと、思わぬ形で副業がバレてしまうリスクがあるのです…。

 

※なお「アフィリエイトブログの始め方」などを知りたい場合は、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

アフィリエイトブログの始め方

  1. アフィリエイトブログの始め方=0からブログ作りに取り組みたい場合はこちら
  2. アフィリエイトジャンル@ニッチ参考例=稼げるジャンル選びを知りたい場合はこちら

ブログを副業禁止企業で実践するコツ

目次

 

“諒”

では次に、ブログを副業禁止企業で実践するコツについてご紹介していきます。

 

自己紹介最低限でブログ運営

 

一番シンプルな対策方法は、自己紹介最低限でブログ運営するスタイルです。

 

僕の場合は顔出し&プロフィール全公開でやっていますが、世の中のTOPブロガーには、以下のような「匿名対応の方」もたくさんいます。

 

自己紹介最低限でブログ運営している例

有名

  • 自己紹介画像=ヒトデ・クロネコ・ひつじなどの動物や、画像イラストで作成したもの
  • プロフィール=「IT業界で10年以上勤務した経験を活かしてWi-fi紹介」など、勤め先をボヤかして紹介

 

このような方々は、会社員年収と同等〜数倍以上稼がれている実績がある為、信頼を獲得できれば「自己紹介は必要最低限でも大丈夫」と分かります。

 

しかし、近年では「誰が書いている情報か?」という権威性が重要であり、ブログ運営する上で大切な要素になってきています。

 

 

その為「IT系ブログ運営に、IT企業勤務経験も全隠し」だと、せっかくの上位表示チャンスを潰してしまうリスクがあります。

 

だからこそ「副業禁止の会社である程度副業収入が出始めた」時は、ここから紹介していく「他の対策」を活用したほうが良いでしょう。

 

年収20万or48万以上は確定申告

 

副業・税金に関して、年収20万or48万以上は確定申告が必要になることも覚えておきましょう。

 

確定申告が必要な例

役所

  • 年収20万(月収約1万6,667円以上)=会社員収入など本業収入がある場合の確定申告基準
  • 年収48万以上(月収4万円以上)=主婦で扶養に入っている場合などの確定申告基準

 

このようなルールがあるので、イメージ的には「サラリーマンが月2万円以上安定収入化した場合は、確定申告を覚えたほうが良い」です。

 

 

なぜなら「都道府県民税の誤差で会社にばれやすい」ので、面倒くさくても確定申告の手順を覚えた方が良いからです。

 

とはいえ、確定申告は「1〜2回やれば、誰でも出来るようになる」ので、安心してください♪

 

※商店街でお店をやっているような「おじいちゃん・おばあちゃん」がやれているので、ブログ運営を考えているあなたのITスキルなら、きっと出来ますよ♪

 

 

※なお「金運UP財布の買い方+管理術」「お金持ちの特徴=見た目+雰囲気のマネの仕方」「お金持ちの家@特徴例」などを知りたい場合は、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

お金持ちの服装/家の特徴

  1. お金持ちの特徴@見た目+雰囲気=お金持ちのオーラに近づきたい場合はこちら
  2. お金持ちの家@日本の特徴例=億超え物件内覧などで学んだ共通点を知りたい場合はこちら
  3. お金持ちになる金運UP財布の買い方+管理術=金運UP財布を知りたい場合はこちら

副業収入と会社員収入を分ける

 

まず一番おすすめなのが、副業収入と会社員収入を分ける方法です。

 

具体的には、確定申告を「給与、公的年金等以外の所得に係る住民税の徴収方法=自分で納付」に選択&提出すれば、会社員収入と分けて対応できます。

 

確定申告の普通徴収対応例

確定申告 普通徴収

 

こうすることで、副業収入と会社員収入を切り分けて、役所から会社に報告してもらえます。

 

ふるさと納税で県民税開始

 

転職予定がなく、副業禁止会社でやりたい場合には、ふるさと納税で県民税開始と会社に報告するパターンがおすすめです♪

 

なぜなら、この言い方で「給料から税金自動天引き」から「自分で税金を意識して払う状況」に変えられる可能性が高いからです。

 

\源泉徴収票/

源泉徴収票

 

そして、税金を意識できるようになるメリットは「ふるさと納税が利用できる」「ブログ副業収入が育った場合に、個人で経費が使えるようになる」という能力が手に入る点です。

 

ちなみにまず、ふるさと納税を利用するメリットについて、以下に捕捉します。

 

ふるさと納税の利用メリット

目次 7

    • 年収の約1%程度を「返礼品還元自治体に納める」ことで、牛肉や旅行割引券などをもらえる
    • ふるさと納税することで「翌年の所得税や住民税」の税金を控除できる(先払いした分、返礼品がもらえる)

    ※例=4万円寄付した場合「自己負担-2000円=3万8,000円」が所得税&住民税から減額

    ■ふるなびでの控除上限額趣味レーション例(独身年収400万円=42,100円)

    ふるなび

    出典:ふるなび

     

    このような制度なので「税金を先払い&納付先を変えることで、返礼品が受け取れる」といったイメージです。

     

    もちろん、ふるさと納税はやらなくても良いですが、確定申告を自分で行うのであれば「税を支払う+返礼品ももらえる制度」も活用した方がお得です♪

     

     

    ※「1万円のお肉」などもゲットできるので「先払いデメリット」さえ目を瞑れば、かなりオイシイ制度ですから(笑)

     

    ※ただし、住民税が「6月末/8月末/10月末/翌年1月末」の4分割支払いに変わる為、貯金を用意しておきましょうね♪

     

    副業の利点

     

    ちなみに副業の利点として、節税能力を獲得できるメリットは大きいです(もちろん、ある程度稼げている必要がありますが)

     

    これは「会社員=年収-税金=手取り(欲しいものを買う)」に対して「フリーランスなど=年収-経費(欲しいものを買う1)-税金=手取り(欲しいものを買う2)」になるのです。

     

    会社員と自分社長の場合(年収500万円)

    目次 7

    • 会社員=年収500万円-税金20%(100万円)=手取り400万円(欲しいものを買う)
    • 確定申告実践者=年収500万円-経費100万(仕事に必要な機材購入/遠征費など)=400万円-税金20%(80万円)=手取り420万円(欲しいものを買う)

     

    このように「経費」という選択肢が会社員以外のフリーランスなどでは使えるようになるので、同じ年収でも手取りが増えるのです。

     

    ※例えば知り合いのフリーランス社長は、賃貸の半額は経費落としにすることで、家賃倍のマンションに引っ越していました

     

     

    とはいえ、経費はあくまで「業務上必要で正当性があるもの」でなければならず、追加徴税で後から四苦八苦する危険もあるのです。

     

    しかしいずれにしても、確定申告を含めた税金・節税対策を学んでおくことで、税金面も含めて今後有利な人生を構築できる選択肢を広げられますよ♪

     

    ※なお、当サイトで利用している「広告案件を探すASP」「レンタルサーバー」「ブログテーマ」などを知りたい場合は、以下のリンク先も合わせてご参考に♪

    当サイトで利用中のブログサービス

    1. 広告案件を探せるASPランキング=稼げる案件のASPを見つけたい場合はこちら
    2. レンタルサーバーランキング=レンタルサーバーを一括比較したい場合はこちら
    3. ブログテーマランキング=ブログテーマを一括比較したい場合はこちら
    4. ミックスホストの評判=当サイト利用中のレンタルサーバー情報を知りたい場合はこちら
    5. 賢威8の評判=当サイト利用中のテーマ(HPレイアウト)を知りたい場合はこちら

    freee

     

    ちなみに「行政の確定申告は面倒くさい」ので、僕はfreeeというクラウド会計サービスを「年1回1ヶ月間限定利用」して対応しています。

     

    freeeの利用メリット

    ワードプレス テーマ 有料

    • 「基礎控除」など覚えるのが面倒な項目+必要な計算も自動入力してくれてラク
    • 申告に必要な情報や作業手順を「YES or NO」でチェック可能

    →電卓を弾いて経費計算より、PC上で自動計算してくれるのは大変便利です(笑)

    \freeeでのふるさと納税チェック例/

    freee

    • 初年度最大30日間無料+月払い1,180円の単月だけ払って確定申告可能

    →ただし、Macユーザーの僕はなぜか?役所のシステムに入れない為「PDFダウンロードして郵送対応」が必要となり、初回から料金支払いして作成しています

    ※Windowsはカードリーダーさえあれば、データを役所HP経由で提出できる模様

     

    正直言って、役所の確定申告書類は四苦八苦するので、自動入力してくれるfreeeのシステムは大変便利です。

     

    その為「ふるさと納税を始める」「月収2万円以上のブログ収入が安定的に入ってくるレベルになった時には、確定申告をfreeeでやる」のがおすすめですよ♪

     

    \簡単に確定申告できる!freeeはこちら!/

    副業OKの会社に転職する

     

    副業禁止トラブルから離れるには、副業OKの会社に転職するのが、一番おすすめです。

     

    なぜなら、近年では副業OKの会社も増加しているので、そのような会社に転職して副業努力を積み重ねやすいからです♪

     

     

    ちなみに、現在の本業で転職もアリですし、ブログ運営が適職と感じた僕のように、以下のような職業への職種転換を目指すのもアリです♪

     

    ブログ練習の先にある職種転換例

    ボトムダウン型例

    • WEBライター/WEBディレクター=サイト運営方針の目標立てや、ライティングスキルを磨ける
    • WEBマーケター=SEOや検索上位を獲得する戦略立案スキルを磨ける
    • WEBデザイナー=プログラミングを駆使して、デザインスキルを磨ける
    • プログラマー/システムエンジニア=プログラミングを駆使して、サービス創出スキルを磨ける

     

    このようなWEB系の職種募集は、ある程度大都市に固まっている傾向がありますが、近年ではリモートワークなどの普及もあり、これらの職種はそれを実現しやすいです。

     

     

    さらに「クラウドワークス・ココナラ」など、スキル売買サービスも右肩上がりで成長しています。

     

    その為、このようなWEBスキルは「在宅副業で稼げる能力」としても有望なので、経験を積んで損はないと言えますよ♪

     

     

    ちなみに、僕に仕事術やビジネスを教えてくれた師匠は、副業禁止の会社で月収20万円以上稼いでしまい、会社にバレて独立した経緯がありました。

     

    つまり「副業が軌道に乗れば独立したり、副業OKの会社に転職」という考えで、積極的に「自分で稼ぐ能力」を高めるもアリということです♪

     

    独学で勉強する

     

    副業で稼げる職種転換を一番簡単に実践できるのは、独学で勉強するという方法です。

     

    実際僕も、社会人就業中に独学で運営していたブログを元にして「営業マンからWEBライターに転職」を果たしました。

     

    もちろん「●●勤務経験1年以上などの経歴が必要な中途採用求人」には応募できませんが、時間がある内にスキルアップする上で、独学は必須とも言えますよ♪

     

    職業訓練を受ける

     

    ヒューマンアカデミーなどの「資格取得・社会人学校」に行ったり、ハローワークなどで職業訓練を受けるのもアリです。

     

    僕もヒューマンアカデミーには「WEBデザイナー」に関する資料請求と入校相談に行きましたが、数十万円払って専門スキルを学べる魅力があります。

     

    ヒューマンアカデミー

    ヒューマンアカデミー

    出典:ヒューマンアカデミー

     

    またハローワークでは、一定の条件を満たせば受講料無料で、なおかつお金をもらいながら受けられる制度があるのも魅力です。

     

    支援制度の区分け

    握手

    • 「失業保険を受給できない対象者=求職支援訓練(10万円程度の給付金を受け取りながら職業訓練が受けられる)」
    • 「失業保険受給対象者=公共職業訓練(訓練期間中は失業保険延長給付対象になる)」

    職業訓練の例

    役所

    • プログラミング言語
    • WEBアプリエンジニア
    • 建築系CAD
    • 保育士
    • 介護福祉士
    • 調理師
    • 自動車整備
    • 溶接技術
    • トラックドライバー
    • WEBデザイナー
    • 電気設備
    • ネイリスト など

     

    このように非常に幅広い訓練が用意されています。

     

    ただしこの制度は以下のように、利用にあたって多くのボトルネックがあります。

     

    職業訓練の問題点

    否定

    • 応募者が多い為、人気講座ほどスグ埋まって受講しにくい
    • 実家暮らしでもない限り、一定の受講期間(2ヶ月〜2年)がかかるので、ある程度貯金が必要
    • 国や地域からの支援金で行われている訓練なので、社会で通用する「最低限レベル」のケースが多い

     

    個人的にはこのような理由から、一度もこの制度を使ったことはありませんが、職種自体を変えたいのであれば、ハローワークで相談もアリでしょう。

     

    職種未経験歓迎に入社する

     

    職種未経験歓迎に入社するという方法もおすすめです。

     

    なぜなら「1から成長していける環境だと会社側が提示している」ので、独学して学ぶより早いからです。

     

    さらに「講座受講でお金を払いながら成長する」より「入社すればお金をもらいながら成長できる」ので、真剣に学んで習得できるメリットもあります。

     

    まとめ

     

    “諒”

    以上がブログを副業禁止企業で始めるコツ21選!バレない対策や勉強テクニックのご紹介でした。

     

    自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

     

    挑戦するメリット

    • チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく
    • 理想の自分を取り戻し、さらに自分が好きになる

    挑戦しないデメリット

    • 今の自分から何も変わらず変化ナシ…
    • 何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

     

    あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

     

    強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

     

    \ブログの始め方関連記事はこちら/

    レンタルサーバー@比較ランキング!口コミで評判のサービスまとめ
    WordPressテーマ@比較ランキング!口コミで評判のテーマまとめ
    アフィリエイトブログの始め方!年商3億社長が教える初心者が月5万円を最速で稼ぐコツ