ブログ キーワード 選定

 

諒

「転職を10回経験」「2箇所の宗教」にはまり「1,200万円自己投資して上手くいかなかった」後、アフィリエイトブログで月収100万円を達成した僕がまとめました♪

 

男性相談1

ブログのキーワード選定方法は?1位獲得のコツやおすすめツールを知りたい!」

相談女性1

ブログで上位表示を実現する為のキーワード検索&ペルソナに沿ったカテゴリー選びやターゲット選定対策など、副業初心者向け情報を紹介してほしいです♪

相談男性2

ビッグトレンド流入を狙ったアフィリエイトコンテンツサイト制作、検索ワードやアクセスボリュームを調査把握して取得するマーケティング手法情報を解説して下さい。

相談女性2

競合の少ないジャンルを狙う複合orロングテールキーワード戦略や、広告施策したホームページの作り方やテーマの決め方を知りたい!

相談男性3

グーグルサーチコンソール、キーワードプランナー、ラッコキーワードなどの使い方手順やデータ活用ノウハウなど、サジェスト候補を調べるキーワード抽出のやり方や登録&分析設定を教えてください♪

相談女性3

無料or有料のおすすめ集客ツールを用いたユーザーニーズ把握&目的の悩みを解決して順位を上げる記事の効果的な書き方やリライトのステップ、作成ポイントや内部リンク&外部リンクの機能などを知りたいです…。

 

そんな思いで、あなたはこのサイトにたどり着きましたよね?

 

僕は「WEBライターとして社会人経験2年」「ブログ・アフィリエイト歴5年」「アフィリエイトブログにて月収100万円」を達成してきたので、初心者向け体験談をシェアできます♪

 

だからこそ、そんな僕が「ブログのキーワード選定方法・1位獲得のコツやおすすめツール」を具体的に紹介しています♪

 

この記事を通して少しでも「ラクで快適な人生を作るサポート」をするので、ぜひ参考にしてください♪

 

この記事を読むメリット

「自分を大切にするコツ」が分かり、自尊心を取り戻し、誇りある人間になる

辛いのは自分だけじゃないという安心感が手に入る

1mmでも今の現実を変えようという“勇気”と“情熱”が手に入る

ブログキーワード検索用選定準備

目次

 

“諒”

ではまずはじめに、ブログキーワード検索用選定準備についてご紹介していきます。

 

テーマに沿ったキーワード集め

目次 1

 

まず最初に取り組むべきは、テーマに沿ったキーワード集めです。

 

なぜなら「特定の1人に向けたブログ運営」にしたほうが、アフィリエイトなどの成約率が上がるからです。

 

そういう、明確な書き方をしたほうが「これは俺or私の為に書いてある♪」という共感を得ることができ、資料請求や商品購入まで誘導できるわけですね♪

 

自分の経験から集める

目次 2

 

キーワード選定で一番おすすめなのが、自分の経験から集めるという方法です。

 

例えば、僕は「転職サイト」も運営しているのですが、そこでは以下の「ペルソナ」を設定してキーワード選定をしています。

 

※ペルソナ=仮面・架空の人物像という意味

 

僕の転職サイト運営用ペルソナ

過去の転職10回経験を活かして、自分と同じような悩みを抱えた方向けのキーワードで記事執筆

1.事務職や内勤職で、精神的には落ち着いているが「年収」「やりがい」「残業過多」に不満

2.営業職で、収入は高いが「ストレス」「パワハラ上司などの人間関係」「職業自体」に不満

3.派遣や契約社員で、会社関係の抑圧はないが「不安定さ」「クビリスク」「将来性」に不満

「適職・天職で働く価値」や「転職情報を転職意欲が低い内から得ておく価値」を解説

 

このように「同じ悩みを経験している過去の自分へ」というペルソナで、転職サイト運営を行っています。

 

正直言って、このように「過去の自分に向けたブログ運営」「自分の知識・経験を活かしたブログ運営」が最も説得力のある記事を書けます。

 

そのため「稼げるジャンルを1から探す」より「自分の経験を活かして、報酬を貰えるジャンル」でブログ運営するのがおすすめです♪

 

悩みサイトから集める

目次 3

 

次におすすめなのが、悩みサイトから集めるという方法です。

 

自分の知識や経験範囲だけでは限界があるので、悩み相談サイトを探すのもアリなのです♪

 

おすすめ悩みサイト

Yahoo!知恵袋

出典;Yahoo!知恵袋

教えて!goo

出典:教えて!goo

OKwave

出典:OKwave

 

これらのサイトには「自分の取り組むジャンルの新キーワード」「ランキング上位になっている一方で、適切なアドバイスが少ない悩み」などが見つかったりします。

 

そのような「穴場キーワード」を探していくことで、お宝キーワードを見つけられたりします。

 

そのため、キーワードが思いつかなくなった場合には、自分のブログジャンルに沿ったカテゴリーを覗きに行くのもアリですよ♪

 

業界本や雑誌から集める

目次 4

 

業界本や雑誌から集めるという方法もあります。

 

とくに、雑誌などは情報が新しいので「業界の新トレンド」「新しい業界用語」「自分が把握していなかったキーワード」などを発掘できたりします。

 

例えば、僕のサイトでは「パワハラ上司」というキーワードで記事を書いていた時に、他にも「●●ハラスメント」が一杯あると分かりました。

 

僕が転職サイトで●●ハラスメントを横展開した例

パワハラ(パワーハラスメント)

モラハラ(モラルハラスメント)

マタハラ(マタニティハラスメント)

スメハラ(スメルハラスメント)

 

このように「特定のキーワード」を把握したり「他のブログが攻めていないキーワード」を探す上では、大変おすすめの探し方と言えます。

 

まとめ
  • テーマに沿ったキーワード集め
    • 自分の経験から集める
    • 悩みサイトから集める
    • 業界本や雑誌から集める

ブログキーワード検索用選定ツール

目次

 

“諒”

では次に、ブログキーワード検索用選定ツールについてご紹介していきます。

 

※これは、僕が実際に購入or利用して記事を書いているキーワード検索ツールになります

COMPASS(有料)でキーワード抽出

目次 1

 

特定の「単語」を見つけたらCOMPASS(有料)でキーワード抽出が可能です。

 

例えば「パワハラ上司」というジャンルで関連キーワードを検索した場合は、以下のように一括で把握できます。

 

COMPASS検索例

COMPASS検索例

 

このように、関連キーワードを一括取得できるのです♪

 

さらに検索キーワード取得以外でも、以下のような記事投稿後の検索順位を一括管理できるメリットもあります。

 

COMPASSのおすすめ機能

■キーワード選定機能

COMPASS 機能1

■サイト順位チェック機能

COMPASS 機能2

 

「どの記事が上位で読まれているか?」「記事をリライトすることで上位表示を狙えるのはどれか?」を把握したほうが効率が良いので、導入価値はありますよ♪

 

費用

COMPASS=8,778円(1回買い切り)

相談男性1
購入するのと、しないでは時間の節約・情報量の膨大な差別化・裏ワザのSEOでなく本質を高めるこれから何年も継続できるSEOが飛躍的に出来る様になると思います!!

 

こんなに濃密なツールを開発して頂いて本当にありがとうございます。しかし、出来る事なら一般販売はしないで頂いきたいと、心の叫びです。

相談男性2
特筆すべきは「順位チェック」。これだけでPCとスマホの両方の順位が分かります。ご丁寧に他社ツールのデータインポート機能が付いてます。

 

サイトアフィリの売り上げが落ちてきていると思ったら順位が落ちていた、というような裏づけもとれますし、バックリンクを増やしていったら順位が上がっていった、というような状況確認もできますから、アフィリには必須の情報と言えるでしょう。

相談男性3
アクセス解析や順位なども調べることができ、こういう機能があったらいいなと思うところまで揃っているので本気で稼ぎたい人や時間を効率的にしたい人にとってはお勧めのツールです。

 

\“COMPASS”公式サイトはこちら/

 

ラッコ(無料)でキーワード抽出

目次 2

 

「キーワード選定機能」だけ手に入れたいのであれば、ラッコ(無料)でキーワード抽出がおすすめです。

 

費用

ラッコキーワード=月額無料〜9,900円(登録は必須)

ラッコキーワード

ラッコキーワード 検索

 

このように「パワハラ上司」と入力して検索した後「全キーワードコピー(重複除去)」を押せば、関連キーワードを一括取得できます♪

 

しかもこれは、登録すれば実質無料で「1日50個までキーワード選定」が使えるので、まずはこちらを使い始めるのもアリです♪

 

\“ラッコキーワード”公式サイトはこちら/

 

キーワードプランナーで検索量把握

目次 3

 

先程の関連キーワードを一括取得した後に、キーワードプランナーで検索量把握する流れになります。

 

ちなみに「Gメール」などを利用していて、既にグーグルアカウントがあればOKですが、もしグーグルアカウントを取得していない場合は、以下より登録しましょう。

 

\グーグルアカウント公式サイトへ/

 

グーグルアカウント登録手順

■1.「Googleアカウントに移動」をクリック

グーグルアカウント1

■2.「姓名・ユーザー名(メルアド名)・パスワード&確認入力」を登録して次へをクリック

グーグルアカウント2

■3.「電話番号・生年月日・性別」を登録して次へをクリック

グーグルアカウント3

■4.「プライバシーポリシーと利用規約」を読んだ後に同意するをクリック

グーグルアカウント4

グーグルアカウント5

出典:グーグル

 

そしてグーグルアカウントを用意した後に、以下のリンク先から「キーワードプランナー」を利用できるようにします。

 

\キーワードプランナー公式サイトへ/

 

費用&登録利用手順

キーワードプランナー=月額無料(キーワードプランナー利用のみなら無料)

■1.「キーワードプランナーに移動」をクリック

キーワードプランナー1

■2.「キャンペーンなしでアカウントを作成」に移動をクリック

キーワードプランナー2

■3.「日本・日本時間・日本円」になってるか確認して「送信」をクリック

キーワードプランナー3

■3.すべての設定が完了したので「アカウントを確認」をクリック

キーワードプランナー4

出典:キーワードプランナー

 

これでキーワードプランナーを利用できるようになりました。

 

検索ボリュームの検索方法

目次 4

 

そして、キーワードプランナーを利用できるようになった前提で、検索ボリュームの検索方法についても補足していきます。

 

検索ボリューム検索手順

■1.メイン画面から「ツール&設定→プランニング→キーワードプランナー」に移動

キーワードプランナー5

■2.別画面でラッコ「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックorCOMPASSから「キーワード拡張結果」を一括コピー

ラッコ1

COMPASS 検索

■3.キーワードプランナーの「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックして、コピーしたキーワードを入れて「開始する」をクリック

キーワードプランナー6

キーワードプランナー7

■4.「月間平均検索ボリューム」をクリックして整理した後「キーワード・月間平均検索ボリューム・競合性」を活用する

キーワードプランナー8

キーワードプランナー9

 

これで「パワハラ上司」で検索されている「キーワード/月間検索数/競合性」が明確化できました。

 

ちなみに「僕なりの各データ判断基準」は以下の通りなので、参考にしてください♪

 

月間検索数の見方(30日と仮定)

月間検索数(10〜100)3日に1検索〜33検索しかされておらず、上位表示できてもほぼ流入なし

月間検索数(100〜1000)月間33〜333検索されており、初期はここを中心に記事を育む

月間検索数(1000〜1万以上)月間333〜3333以上検索されており、ブログ自体でここの権威を育む

競合性の見方

競合性()競合性が全くないと判断されており、検索数が多ければ書くべき穴場キーワード

競合性()競合性が低いと判断されており、ここを中心に記事を書くのが定石

競合性()競合性が中程度と判断されており、他の要素で決断がベター(他の要素チェック方法は後述)

競合性()競合性が高いと判断されており、基本的には止めておくのが無難

攻略キーワードの見つけ方

目次 5

 

そして、攻略キーワードの見つけ方についても補足しておきます。

 

例えば「パワハラ上司」以降の関連キーワードをチェックする場合、検索して見る場合の判断基準は以下の通りです。

 

パワハラ上司の関連キーワード目視チェック

企業サイトなど、資金投入されている競合サイトが上位表示されている場合は、個人ブログでは太刀打ちできない

弁護士サイトなど、専門性の高いサイトが上位表示されている場合は、個人ブログでは太刀打ちできない

個人ブログや地方企業が作っているようなサイトであれば、記事を書くチャンス(ただし、文字数や情報の少なさなど、勝てる要素を総合的に判断)

アメブロなどの趣味ブログが上位表示されていたり、Yahoo!知恵袋などでザックリした回答しか上位表示されていない場合は、記事を書くチャンス

 

そして「検索順位1位〜10位以内」に入った場合の、クリック率の差は以下の通りです。

 

検索順位別クリック率

検索順位別クリック率

1位「約20〜30%」2位「10〜20%」3位「10%程度」4位以下「10%以下」10位「2%程度」

出典:SISTRIX

 

このように「上位3位程度までに入らないと、10位の場合で100人中2人程度しか流入がない」ということになります。

 

必然的に、閲覧数を稼ぐには「個人ブログが1〜3位のどこかor理想は個人ブログが1位獲得している検索キーワード」を中心に記事を書くのがおすすめです。

 

※ただし、確実な上位表示基準はないので、沢山記事を書いて経験を溜め、その結果「どの程度の競合なら上回れるか?という感覚知」を育成していく必要もあります。

 

コンテンツスカウターZで競合把握

目次 5

 

より検索キーワードに沿った記事を書くには、僕も利用しているコンテンツスカウターZで競合把握したほうが、上位表示確率をアップできます。

 

具体的な使用例として、まずは「パワハラ上司」の関連キーワードを目視で見た結果「パワハラ上司 かわし方」が個人ブログ1位を取得していたと見つけました。

 

そして、コンテンツスカウターZを用いて「具体的な上位表示が可能な記事戦略」を以下のように立てます。

 

パワハラ上司 かわし方の上位表示戦略

■1.「キーワード入力」をクリック

コンテンツスカウターZ 1

■2.「直接入力」をクリック

コンテンツスカウターZ 2

■3.「キーワード(改行区切りで複数)」に該当キーワードを入力して「拡張なしで追加」をクリック

コンテンツスカウターZ 3

■4.「キーワード入力」タブは不要なので削除して「解析待ちキーワードの解析開始」をクリック

コンテンツスカウターZ 4

■5.初期設定のままでOKなので「この条件で開始」をクリック

コンテンツスカウターZ 5

■6.「①inTitle件数」「②allinTitle件数」「③上位inTitle率」「④文字数平均」「⑤ユニーク単語数平均」を把握

コンテンツスカウターZ 6

①inTitle数=「パワハラ上司 かわし方」のどれか一部でも記事タイトルに使われている他サイト数

②allinTitle数=「パワハラ上司 かわし方」の全てが記事タイトルに使われている他サイト数

③上位intitle率上位10位以内サイトに「パワハラ上司 かわし方」が含まれている率(今回は10%)

④文字数平均上位10位以内サイトの文字数の平均値

⑤ユニーク単語数平均情報の専門性を高める「共起語(上位サイトに共通する単語)」の数

■7.「見出し構成」で上位10位以内サイトの目次をチェックして、上位表示に必要な目次を可視化

コンテンツスカウターZ 7

■8.「詳細→単語集計(ページ)」で上位10位以内サイトの共起語を500位近くまで可視化

コンテンツスカウターZ 8

 

これで「パワハラ上司 かわし方」に関する「目次の組み立て戦略」「共起語のピックアップ」が可能となりました。

 

目次の組み立て戦略

目次 6

 

目次の組み立て戦略」に関しては、コンテンツスカウターZを活用して、以下のような「上位サイトの目次可視化」ができました。

 

パワハラ上司 かわし方の上位サイトの目次

1位のサイト「パワハラ上司 かわし方」の3パターンの対策+体験談を紹介

2位のサイト「パワハラ上司 かわし方」の3パターンの対策のみ紹介

3位のサイト「パワハラの種類」を6パターン&「パワハラ上司・先輩の特徴」を5パターン「パワハラ対策」を10パターン紹介

 

このように「パワハラ上司 かわし方」の対策や体験談中心でまとめたほうが、上位表示が狙えると分かりました。

 

とくに、1位のサイトは個人ブログですが「パワハラ上司 かわし方」を記事タイトルに含んでいる唯一のHPの為、2〜3位の企業サイトより上位を獲得していたと判断できます。

 

ちなみに戦略は「パワハラ上司 かわし方方法+体験談」ではなく「パワハラの種類や特徴」を加えて、1位のサイトより「文字数や情報増」を狙って、上位争いもアリでしょう♪

 

どちらの戦略が良いか?はやってみないと分からないので、1位を獲得できるように「パワハラの種類や特徴」を加えて3ヶ月様子を見て、上回れなければ削除するという戦略もアリです。

 

共起語の取り入れ方

目次 7

 

さらに「共起語の取り入れ方」は、僕の場合「冒頭の吹き出し画像で網羅する」「各目次に上位共起語を盛り込む」という戦略で、上位表示対策を施しています。

 

↓当記事冒頭で登場した以下の部分です↓

相談女性1

ブログで上位表示を実現する為のキーワード検索&ペルソナに沿ったカテゴリー選びやターゲット選定対策など、副業初心者向け情報を紹介してほしいです♪

 

このように、コンテンツスカウターZは「上位表示を獲得する為の方向性をキッチリ明確化できる」ので、少々月額費用はかかりますが、必須のアイテムと言えます♪

 

費用

コンテンツスカウターZ=月額2,980円

相談男性1
この相手なら勝てる、あるいは勝負しにいく価値があるキーワードであるかを判断して戦う場所を選んで、無駄な戦いを避けることができるようになりました。

〜中略〜

とても効率的にメディアの記事制作ができるようになりました。コンテンツSEOの必要に迫られているメディア制作者にとって、すごく役立つツールです。

相談男性2
コンテンツスカウターZはこれらの人に特にお勧めします。

・オウンドメディア運営者
・サイトアフィリエイター(商標キーワードも同様にリサーチ可能)
・店舗サービスWeb担当者(地域名+サービス名で穴場キーワード見つけられる)
リソースの限られた一人起業家(時間コストの削減に役立つ)

ツールに任せる作業、アウトソーシングする作業、自分がやるべき作業と分けることで重要な作業に時間をかけられるようになります。

相談男性3
今までおこなっていた作業だと、上位20サイトのリサーチで120分かかりました。「コンテンツスカウターZ」を使用すると、キーワードを入力してクリックするだけの作業なので 1分もかかりません。

・「時間の効率化」
・「Googleに評価される記事」
・「お客様が満足する網羅性のある記事」

これらの問題を解決したい人には“全力でオススメします”

 

\“コンテンツスカウターZ”公式サイトはこちら/

 

共起語のテキスト形式変更

目次 5

 

また、共起語のテキスト形式変更も必要なので、そちらも合わせて補足しておきます。

 

とくに共起語をコピペする場合に、テキスト形式が特殊なため、Macの場合はメモ帳にコピペすると「ブログ」のような意味不明な文字になります。

 

そのため、テキスト形式を変更して利用できる、以下のようなテキストエディタもダウンロードしておくのがおすすめです。

 

テキストエディタMac用

mi

\“Mac用テキストエディタmi”公式サイトはこちら/

 

テキストエディタWindows用

teraPad

\“Windows用テキストエディタteraPad”公式サイトはこちら/

 

どちらも無料なので、コンテンツスカウターZを使わない場合でも、お使いのパソコンOSに合わせてダウンロードしておくのがおすすめですよ♪

 

まとめ
  • COMPASS(有料)でキーワード抽出
    • ラッコ(無料)でキーワード抽出
  • キーワードプランナーで検索量把握
    • 検索ボリュームの検索方法
    • 攻略キーワードの見つけ方
  • コンテンツスカウターZで競合把握
    • 目次の組み立て戦略
    • 共起語の取り入れ方
    • 共起語のテキスト形式変更

ブログキーワード検索選定後攻略法

目次

 

“諒”

では次に、ブログキーワード検索選定後攻略法についてご紹介していきます。

 

月間検索数100以上&競合性低を狙う

目次 1

 

先程キーワードプランナーの所で少しお伝えしましたが、基本的には月間検索数100以上&競合性低を狙うのがおすすめです。

 

ボリューム100〜1000&競合性低を狙うメリット

ボリューム100〜1000キーワード3個程度の複合検索が多い&悩みも明確な為、記事が書きやすい+上位を狙いやすい

先程の「パワハラ 上司 かわし方」のような複数入力して検索しているケース

競合性低企業サイトや専門サイトが少ない傾向があり、上位を狙いやすい

 

このような特徴があるので「サイトの記事を増やして権威性を上げる」という意味では、この戦略で書きやすいキーワードを探すのがおすすめです♪

 

記事を複数展開して様子見

目次

 

僕独自のやり方ですが、記事を増やすスピードを上げるために、記事を複数展開して様子見する戦略もおすすめです。

 

例えば「パワハラ上司 かわし方」という悩みで検索されている方以外に、以下の「似たようなキーワードで同じ悩みが検索されているケース」もあります。

 

パワハラ上司 かわし方以外の検索キーワード例

「パワハラ上司 かわし方」「パワハラ上司 無視」「パワハラ上司 因果応報」「パワハラ上司 末路」

 

このように「攻撃はしないけど、パワハラ上司を気にしなくなる解決策を知りたい」というキーワードが、複数あったりするのです(いずれも検索ボリューム100以上)

 

他にも「パワハラ上司 仕返し」という「直接仕返ししたい系キーワード」も以下のように複数ありました。

 

パワハラ上司 かわし方以外の検索キーワード例

「パワハラ上司 辞めさせる」「パワハラ上司 言い返す」「パワハラ上司 撃退」

 

これらをコンテンツスカウターZでチェックすると「言い返す」「撃退」の1位が同じ記事だったりするのです。

 

※もしくは複数1位ではなくても、片方が1位で他が2位〜3位などで、上位を獲得しているケースもアリ

 

そのため「パワハラ上司 かわし方」に話を戻すと、かわし方で書いた記事のタイトルや目次などを変えて「無視」「因果応報」「末路」などでも同様に投稿します。

 

その結果、3ヶ月程度順位変化を見た後「上位表示を狙える記事だけリライトして1位を目指し、圏外記事は消す戦略」を実践しています。

 

3〜5記事程度の横展開なら、特にペナルティなく出来ているので、1記事ずつ全力投球で書く以外のスピード戦略として参考にしてくださいね♪

 

 

※ただし、他人のブログを丸コピーした記事を利用すると、違反になるので、あくまで自分が大切に運営しているブログ内でやりましょう!

 

1000以上はまとめ記事

目次 2

 

1000以上はまとめ記事で上位表示を狙う戦略がおすすめです。

 

1000以上のキーワードは「1〜2単語で検索されているボリュームのあるゾーン」なので、ある程度記事の量&質が必要になります。

 

そのため「1000以上の記事で1位〜3位程度の上位表示している記事の特徴」に合わせた記事を「100以上の記事で書いた情報をまとめ化する」のがおすすめです♪

 

例えば「パワハラ上司 仕返し」というキーワードが検索ボリューム1000以上なのですが、上位3サイトの目次をコンテンツスカウターZで確認したところ、以下の構成でした。

 

パワハラ上司 仕返しの目次組み立て戦略

1位のサイト「直接仕返し」「人事や役所相談」「退職仕返し&メリット」を紹介

2位のサイト「パワハラの種類」を6パターン&「パワハラ上司・先輩の特徴」を5パターン「パワハラ対策」を10パターン紹介

3位のサイト「パワハラの定義」「仕返し事前準備」「遭遇しない対策(かわし方)」紹介

 

このように「直接仕返し」「パワハラのパターン」「かわし方」で上位3位までが構成されているわけです。

 

必然的に「仕返し」「かわし方」は100狙い記事で書いているので「それを転用+パワハラする人の特徴」を追記して「パワハラ上司 仕返し」のまとめ記事化できるわけですね♪

 

内部リンク施策も施す

目次 3

 

検索ボリューム1000以上のキーワードは競合も強くなっているので、まとめ記事投稿した後に内部リンク施策も施すのもおすすめです。

 

内部リンクとは「ブログ記事内でリンクを貼り、貼った先にパワーを流す」という手法です。

 

これは「他ブログからリンクを貼ってもらい、パワーを貰える外部リンク」と違い、自分のブログ内で行えるSEO対策なので、やっておいて損はありません。

 

※SEO=「検索エンジン最適化」という、Googleのランキングアルゴリズムに好まれる記事の書き方や構成対策などを施すこと

 

 

ちなみに、僕が実践している「内部リンクの施策方法」は以下の通りです。

 

僕が実践している内部リンクの施策方法

ウィジェット(PCは記事の横&スマホは記事の下)に画像リンクを貼って、各記事からのパワーを送る

↓当ブログのウィジェット例↓

ウィジェット

 

「美容系→転職系」など、全く関係ない記事の内部リンクはダメですが「ブログの書き方→ブログの始め方」など、自然なリンクはパワーをちゃんと送れます。

 

さらに、テーマを一貫したブログならどの記事でも関連する為、ウィジェットに貼って施策する方法で十分です♪

 

このように地味なSEO施策ですが、上位表示を獲得するために、やれることはやっておいたほうが良いですよ♪

 

まとめ
  • 月間検索数100以上&競合性低を狙う
    • 記事を複数展開して様子見
  • 1000以上はまとめ記事
    • 内部リンク施策も施す

\【ブログ】始め方関連記事はこちら/

まとめ

 

“諒”

以上がブログのキーワード選定方法!1位獲得のコツやおすすめツールまとめのご紹介でした。

 

自分の気持ちに正直になってチャレンジした経験は「自信という財産」になりますから、誇りを持てる決断をしましょうね♪!

 

稼ぐ挑戦をするメリット

チャレンジした経験や成功体験ができ、さらに自分に自信がつく

カッコいい理想の自分の人生に近づき、さらに自分が好きになる

ムリのない人生に近づくことで、メンタルにとても良い

稼ぐ挑戦をしないデメリット

「また自分はチャレンジしなかった」と後悔が増える…

今の自分から何も変わらず変化ナシ…

何もしない自分が今よりもっと嫌いになる…

 

あなたが自尊心を取り戻せるように、この記事に出会った以上、今スグ1mmでも自分を変えていきましょうね!♪

 

\【ブログ】作り方関連記事はこちら/

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

 

\【ブログ】記事の書き方記事はこちら/